お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【極意】運動指導の専門家の時間がない人のエクササイズ「スキマ時間」


スポンサーリンク

リハビリ・運動指導の専門家が実際にやっている運動方法を紹介します。

時間を大事に使いたい方は、ぜひお読みください。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210309083624j:plain

 

 

目次

 

 

  

 

 

運動する時間を取れていますか?

運動した方がいいのはわかるけど、とにかく時間がないって方のためにオススメの方法を紹介します。

 

運動習慣がある方でも、運動し足りないなぁって感じることがあるでしょう。

運動習慣がある人ほど、そう思うでしょう。

かと言ってアスリートじゃないので、運動ばかりしているわけにはいきません。

仕事もしなければなりません。

学校に行かなければなりません。

 

限られた時間の中でどう体を動かすかは、とても重要なことです。

今回はリハビリ・運動指導の専門家の理学療法士が実際にやっている運動方法を紹介します。

 

 

 

 

時間がない人のエクササイズ「スキマ時間」のメリット・デメリット

理学療法士が限られた時間で、実際にやっている運動方法は、スキマ時間を使うことです。

普段生活していると、スキマ時間、ちょっとした空き時間あるはずです。

その空き時間を使って運動します。

 

時間ができたら、スマホを触るではありません。

時間ができたら、運動するのです。

 

ではスキマ時間は、どれくらいの時間を指すのでしょうか?

長くても15分くらいまでの空き時間と言ったところです。

集中力的に15分あれば、一仕事できますので、その時間以内を指します。

 

スキマ時間とは、具体的にどんな時間でしょうか?

オススメのスキマ時間をまとめて挙げます。

 

●オススメのスキマ時間

・急な空き時間

・待ち合わせまでの時間

・電車、バスなどの待ち時間

・信号の待ち時間

・食事ができあがるまでの時間

・仕事の休憩時間

・行列の待ち時間

・考え事をしている時間

 

 

どれだけ時間がないって方でも、必ずスキマ時間はあります。

スキマ時間を見つけましょう。

 

スキマ時間で運動するメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●スキマ時間で運動するメリット・デメリット

メリット

・空いた時間を有効に使える

・運動する機会が増える

・体への負担が少ない

・気分転換になる

・場所を気にしなくていい

 

デメリット

・短時間でできる運動を知っておかなければならない

・運動時間のかかる有酸素運動系はできない

 

 

メリット

・空いた時間を有効に使える

時間が空いたらラッキーと思って、体を動かしましょう。

 

 

・運動する機会が増える

1日で1分のエクササイズを10回やったとしましょう。

1日で10分の運動時間を確保することができます。

 

 

・体への負担が少ない

短時間なので、体への負担も少なく運動することができます。

 

 

・気分転換になる

気分の切り替えにも役立ちます。

 

 

・場所を気にしなくていい

空き時間で運動するので、場所の移動は必要ありません。

その場で、自分の体だけでできる運動を覚えておきましょう。

 

 

デメリット

・短時間でできる運動を知っておかなければならない

どんな運動ができるか知っておく必要があります。

まずは、自分が知っている運動をやればオッケーです。

 

 

・運動時間のかかる有酸素運動系はできない

スキマ時間で体を動かすので、有酸素運動以外の運動がメインとなります。

 

 

  

 

 

運動指導の専門家のスキマ時間を使ったエクササイズ

僕はスキマ時間を使って、実際にどんなエクササイズをしているか紹介します。

 

●スキマ時間の主なエクササイズ

・ストレッチ

・体操

・ヨガ

 

 

僕は人目を気にせず、体を動かしています。

その一回のエクササイズが、健康につながります。

僕はすでに、スキマ時間ができたら体を動かすのが、習慣になっています。

他の人から見たら常に体を動かしているので、変な人って思われているかもしれませんが、全く気にしません(^ ^)

 

スキマ時間を使って運動するようになったのは、運動した方が体は楽なことに気づいたからです。

疲れも取れやすくて、健康に良いです。

スキマ時間ができたら、無意識に体を動かしているくらいまで目指しましょう。

 

僕はさらに時間を使って、運動していきます。

自分の体は、自分でしか動かすことができません。

 

 

最後に大事なことを言います。

ちょっとした空き時間ができたとします。

スマホを触っている時間があったら、身体を動かしてみてはいかがでしょうか。

運動不足を解消し、健康になりましょう。

 

 

 

 

まとめ

今回は【極意】運動指導の専門家の時間がない人のエクササイズ「スキマ時間」

をお伝えしました。

 

運動した方がいいのはわかるけど、とにかく時間がないって方のためにオススメの方法を紹介しました。

 

理学療法士が限られた時間で、実際にやっている運動方法は、スキマ時間を使うことです。

普段生活していると、スキマ時間、ちょっとした空き時間あるはずです。

その空き時間を使って運動します。

 

時間ができたら、スマホを触るではありません。

時間ができたら、運動するのです。

 

 

スキマ時間で運動するメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●スキマ時間で運動するメリット・デメリット

メリット

・空いた時間を有効に使える

・運動する機会が増える

・体への負担が少ない

・気分転換になる

・場所を気にしなくていい

 

デメリット

・短時間でできる運動を知っておかなければならない

・運動時間のかかる有酸素運動系はできない

 

 

僕はスキマ時間を使って、実際にどんなエクササイズをしているか紹介しました。

 

●スキマ時間の主なエクササイズ

・ストレッチ

・体操

・ヨガ

 

 

僕は人目を気にせず、体を動かしています。

その一回のエクササイズが、健康につながります。

僕はすでに、スキマ時間ができたら体を動かすのが、習慣になっています。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

  


スポンサーリンク