お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【トロける】最高級のグラスフェッドビーフ•牛脂の味•レシピ


スポンサーリンク

健康になりたい。

美味しい食べ物を食べたい。

簡単な料理を作りたい。

そんなオススメの内容です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康に良い食材「グラスフェッドビーフ牛脂」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に良い食材についてお伝えします。

 

今回紹介する健康に良い食材とは、グラスフェッドビーフの牛脂です。

グラスフェッドって何?牛脂って何?そんな方もいるでしょう。

 

 

グラスフェッドについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

牛脂については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

最高級100%グラスフェッドビーフの牛脂とは?

僕が実際に買って食べたグラスフェッドビーフの牛脂についてお伝えします。

 

●グラスフェッドビーフの牛脂とは?

 

 

 

こちらの商品は100%グラスフェッドで、成長促進ホルモン剤抗生物質を投与されることなく育ったクリーンな牛の脂です。

サーロインやテンダーロイン等のお肉の塊をステーキ用などに加工・カットする際に取った脂身です。

牛脂を利用するにはまず先に溶かすことが大切です。

じっくりと弱火で油分が溶けるまで温めるか、低温のオーブンで90分ほど温めてから使います。

溶けだした油分はガラス瓶に入れ、冷凍または冷蔵保存することで後日簡単に使うことができます。

牛脂には共役リノール酸、ビタミンB群、ビタミンK2、ナイアシン、セレン、鉄分、リン、カリウムリボフラビンといった栄養分が豊富に含まれています。

野菜炒めやステーキなどを焼く際にご利用いただくことで効率良くこれらの栄養素を取り入れることができます。

グラスフェッドビーフ大国であるオーストラリア、そしてニュージーランドより100%グラスフェッドはもちろん、日本ではなかなか手に入りにくい、成長促進ホルモン剤抗生物質・遺伝子組換え飼料・農薬は一切不使用の牛の牛脂です。

牛肉のブランドに関しましては下記「牛肉ブランドの詳細」よりご確認いただけます。 

 

 100% グラスフェッドビーフ 牛肉 牛脂 250g 牧草牛 無農薬 ホルモン剤不使用 抗生物質不使用 遺伝子組換え飼料不使用より

 

●僕が買って食べたグラスフェッド牛脂はこちら

 

 

 

 

 

 

牛脂の料理レシピ(牛脂焼き、牛脂スープ)味は?

僕が作って食べている牛脂料理を紹介します。

 

●グラスフェッド牛脂の料理レシピ(牛脂焼き、牛脂スープ)

牛脂焼き

・食べられる大きさの牛脂をフライパンで焼く

・火が通ったら、そのまま食べる、塩で食べる、ビタミンCで食べる

 

牛脂スープ

・残った油を他の器に移し、お湯を足す

個人的には薄くならないように、お湯をたくさん入れないのがポイントです。

 

・好みで塩や魚醤で味付けをする

僕は世界一の塩「ぬちまーす」で味付けするのがオススメです。

 

 

●グラスフェッド牛脂の味は?

 

牛脂は焼く前から、ミルキーな匂いがします。

グラスフェッド牛脂の味は、柔らかくて、めちゃくちゃ美味しいです。

何もつけずに、そのまま食べても美味しいです(^ ^)

 

脂身なんて食べられるの?

そんな方もいるでしょう。

騙されたと思って、一度食べてみてください(^ ^)

 

世界一の塩「ぬちまーす」をつけて食べると、最高でした。

ビタミンCの粉末をつけても美味しいです。

 

牛脂から溶けた液体の油は、しつこくなくて美味しかったです。

油自体はマーガリンのようです。

 

 

全ての肉をグラスフェッドにするのは、簡単ではないでしょう。

まずは、少しずつ試してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

美味しい肉を食べるのではなく、体に良い肉を食べる習慣をつけていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングで、グラスフェッドの牛脂を見る

Amazon.co.jp: グラスフェッドビーフ 牛脂

楽天市場:グラスフェッドビーフ 牛脂

Yahoo!ショッピング:グラスフェッドビーフ 牛脂

 

 

僕はグラスフェッドの牛脂だけでなく、グラスフェッドバター、グラスフェッド牛骨も食べています。

 

グラスフェッドバターについてはmoney-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

グラスフェッド牛骨については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

牛脂、バター、牛骨だけでなく他のグラスフェッドビーフも食べてみたいですね。

健康に良い食材を食べて、さらに健康になっていきたいところです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【トロける】最高級のグラスフェッドビーフ•牛脂の味•レシピをお伝えしました。

 

僕が実際に買って食べたグラスフェッドビーフの牛脂についてお伝えしました。

 

●グラスフェッドビーフの牛脂とは?

 

こちらの商品は100%グラスフェッドで、成長促進ホルモン剤抗生物質を投与されることなく育ったクリーンな牛の脂です。

サーロインやテンダーロイン等のお肉の塊をステーキ用などに加工・カットする際に取った脂身です。

牛脂には共役リノール酸、ビタミンB群、ビタミンK2、ナイアシン、セレン、鉄分、リン、カリウムリボフラビンといった栄養分が豊富に含まれています。

野菜炒めやステーキなどを焼く際にご利用いただくことで効率良くこれらの栄養素を取り入れることができます。

グラスフェッドビーフ大国であるオーストラリア、そしてニュージーランドより100%グラスフェッドはもちろん、日本ではなかなか手に入りにくい、成長促進ホルモン剤抗生物質・遺伝子組換え飼料・農薬は一切不使用の牛の牛脂です。

牛肉のブランドに関しましては下記「牛肉ブランドの詳細」よりご確認いただけます。 

 

100% グラスフェッドビーフ 牛肉 牛脂 250g 牧草牛 無農薬 ホルモン剤不使用 抗生物質不使用 遺伝子組換え飼料不使用より

 

 

●僕が買って食べたグラスフェッド牛脂はこちら

 

 

 

僕が作って食べている牛脂料理を紹介しました。

 

●グラスフェッド牛脂の料理(牛脂焼き、牛脂スープ)

牛脂焼き

・食べられる大きさの牛脂をフライパンで焼く

・火が通ったら、そのまま食べる、塩で食べる、ビタミンCで食べる

 

牛脂スープ

・残った油を他の器に移しお湯を足す

個人的には薄くならないように、お湯をたくさん入れないのがポイントです。

 

・好みで塩や魚醤で味付けをする

僕は世界一の塩「ぬちまーす」がオススメです。

 

 

●グラスフェッド牛脂の味は?

牛脂は焼く前から、ミルキーな匂いがします。

グラスフェッド牛脂の味は、柔らかくて、めちゃくちゃ美味しいです。

何もつけずに、そのまま食べても美味しいです(^ ^)

 

世界一の塩「ぬちまーす」をつけて食べると、最高でした。

ビタミンCの粉末をつけても美味しいです。

 

牛脂から溶けた液体の油は、しつこくなくて美味しかったです。

油自体はマーガリンのようです。

 

 

全ての肉をグラスフェッドにするのは、簡単ではないでしょう。

まずは、少しずつ試してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

美味しい肉を食べるのではなく、体に良い肉を食べる習慣をつけていきましょう。

 

美味しい肉を食べるのではなく、体に良い肉を食べる習慣をつけていきましょう。

 

 

●僕が買って食べたグラスフェッド牛脂はこちら

 

 

 

●インターネットショッピングで、グラスフェッドの牛脂を見る

Amazon.co.jp: グラスフェッドビーフ 牛脂

楽天市場:グラスフェッドビーフ 牛脂

Yahoo!ショッピング:グラスフェッドビーフ 牛脂

 

 

牛脂、バター、牛骨だけでなく他のグラスフェッドビーフも食べてみたいですね。

健康に良い食材を食べて、さらに健康になっていきたいところです。

 

 

少しずつ行動し、グラスフェッドビーフの牛脂を食べていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

今週のお題「本棚の中身」


スポンサーリンク