お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【旨い】シーフードミックスのメリット•デメリット•オススメの解凍•料理法


スポンサーリンク

健康マニア一押しのオススメの食材を紹介します。

健康に良いだけではありません。

美味しい、健康に良い、安い、保存が効く、オススメの食材です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

オススメの健康食材「シーフードミックス」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる食べ物「シーフードミックス」についてお伝えします。

 

僕は16時間断食を経験して、体の変化に驚き、様々なダイエット、栄養に関する知識を学んできました。

 

そんな中で、思いついた食材が今回紹介するものです。

 

オススメの健康食材は、冷凍食品のシーフードミックスです。

食事、栄養について、色々な勉強をしてきましたが、シーフードミックスという食材をオススメしている方はいませんでした。

美味しい、健康に良い、安い、保存が効く、メリットいっぱいです。

魚介類好きの僕にとっては、かなりオススメの食材です。

 

シーフードミックスについて参考になるものがあったので挙げます。

 

●シーフードミックスとは?

「シーフードミックス」とは、エビやイカ、アサリやホタテなどの魚介類をゆでて急速冷凍したものです。

 

 

●シーフードミックスの栄養

  1. フドミックスカロリはどくらい?

シーフドミックスのカロリーは商品によって異なるが、おおよそ100gあたり約50~55kcalほどである。

シーフドミックスの具材は、エビ、イカ、貝類(アサリなど)といった比較的カロリーの低い食材が使われている。

ちなみに、エビ、イカ、アサリの中で最もカロリーが低い食材はアサリである。

100gあたりのそれぞれのカロリーを比較してみると一目瞭然だ。


バナメイエビ:約91kcal
イカ:約83kcal
アサリ:約30kcal


アサリはカロリーの低い海産物の代表格であるため、カロリーの摂取量を気にしている人にも人気がある食材だ。

シーフドミックスのアサリをあえて多めに摂取するといった工夫をする人も多い。

 

 

  1. フドミックスにはどんな栄養が含まれている?

エビ、イカ、アサリのみのシンプルなシーフドミックスにも、栄養が豊富に含まれていることをご存じだろうか。

各具材にはどのような栄養が詰まっているのか、以下の項目で解説していこう。

 

エビに含まれる

エビは、骨や筋肉を作るうえで欠かせないタンパク質や、抗酸化作用のあるビタミンEなどがたくさん含まれている。

シーフドミックスによく使われているバナメイエビの場合、100gあたり約19.6gものタンパク質と、1.7mgものビタミンEが含まれている。

 

イカに含まれる栄養

イカもエビと同じく、タンパク質が豊富な食材である。

また、アミノ酸の一種であるタウリンや、亜鉛も摂取することができる。

タウリンは、血液中のコレステロールを減らす働きや、肝機能を正常に動かす働きが期待されており、亜鉛は体内にあるさまざまな酵素を構成するのに欠かせない栄養素である。

 

アサリに含まれる栄養

アサリはタウリン、カルシウム、カリウム、鉄分などを多く含む食材である。カルシウムは骨や歯を構成する重要な栄養であり、カリウムは余計なナトリウムを排出する働きがある。

また、鉄分は血液(ヘモグロビン)を構成するのに欠かせない材料である。

 

 

  1. フドミックスは?

シーフドミックスの糖質は、100gあたり1.3gほどである。

米100gあたりの糖質(約36.8g)や、小麦粉100gあたりの糖質(約73.3g)と比較をすると、シーフドミックスの糖質はかなり低いといえるだろう。

エビ、イカ、アサリのそれぞれの糖質は以下の通りである。いずれも100gあたりの糖質だ。


エビ:0.7g
イカ:0.1g
アサリ:0.4g


どの食材も驚異の低さであることが分かる。

ちなみに、エビ、イカ、アサリに限らず、魚介類は基本的にどれも糖質が低いため、糖質制限をしている人は覚えておくと便利だ。

ただし、魚介類とはいえ、ちくわやかまぼこといった練り物は例外であるため、注意してほしい。

 

 

シーフードミックスのカロリーはどれぐらい?栄養やおすすめの食べ方も紹介 | 食・料理 | オリーブオイルをひとまわしより

 

 

シーフードミックスは、たんぱく質が豊富です。

不足しがちな日本人のたんぱく質を補うことができます。

タンパク質は健康、ダイエット、筋トレ、美容、スポーツにも欠かすことはできません。

 

 

 

 

 

 

シーフードミックスのメリット•デメリット

シーフードミックスのメリット•デメリットについてまとめて挙げます。

 

●シーフードミックスのメリット•デメリット

メリット

・色々な海鮮を楽しめる

・海鮮は美味しい

・海鮮は体に良い

・保存が効く

・流水解凍をすれば、短時間ですぐに食べられる

・安く買える

・小分けされているのもあり使いやすい

・他の食材と相性が良い

・ドラッグストアでも売っている

 

デメリット

・原料は外国産のものある

 

 

メリット

・色々な海鮮を楽しめる

えび、いか、あさり・ホタテと言ったところが有名ところでしょうか。

一度で色々な海鮮を食べて楽しめます。

 

 

・海鮮は美味しい

塩味の効いた海鮮、めちゃくちゃ美味しいです。

 

 

・海鮮は体に良い

不足しがちな、魚介類を食べることができます。

特に、貝は現代人に不足している言われています。

 

 

貝については、

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・保存が効く

冷凍食品なので保存が効きます。

 

 

・流水解凍をすれば、短時間ですぐに食べられる

短時間での解凍でも美味しく食べられます。

 

 

・安く買える

安く買えます。

 

 

・小分けされているのもあり使いやすい

一人前くらいで小分けされているものもあり、使いやすいです。

 

 

・他の食材と相性が良い

シーフードミックスだけでも美味しく食べられますし、他の食材とも相性抜群です。

 

 

・ドラッグストアでも売っている

シーフードミックスが売っているのはスーパーだけではありません。

ドラッグストアでも売っています。

業務スーパー系に行けば、大量のものが安く手に入ります。

 

 

デメリット

・原料は外国産のものある

原料が外国産のものもあり、気になる方はパッケージをしっかり確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

シーフードミックスのオススメの解凍•料理法

シーフードミックスの解凍方法で参考になるものがあったので紹介します。

 

●塩水解凍&短時間調理でプリップリの仕上がりに!

さっそく塩水解凍スタート。

塩分量は「ちょっと濃いめ」がよく、水500mlにつき大さじ1の塩を溶かしてください。

塩水に漬ける時間は、夏は10~20分程度、冬は30分~1時間程度を目安にしましょう。

解凍できたら、キッチンペーパーを敷いた皿に取り、周りの水分をしっかり吸い取ります。

 

この段階で塩分をしっかりまとっていますので、料理の味付けはいつもよりも「薄め」でOK。

料理に投入するタイミングは、「最後の仕上げ」で十分で、さっと火を通すくらいにとどめましょう。(もともと「ゆでた状態」なので)

 

 

冷凍シーフードミックスは縮んでマズい?プリプリに解凍する裏技 | 女子SPA!より

 

 

僕のオススメのシーフードミックスの解凍方法と料理方法を紹介します。

 

●シーフードミックスのオススメの解凍•料理法

①ボールを準備する

②シーフードミックス1人前を準備(僕は約250gくらい)

③水500ml

④塩、大さじ1杯

⑤ ①〜⑤をボールに入れて混ぜ、10分くらい待つ

ボールがキンキンに冷えて、なかなか溶けないこともあります。

早めに解凍したければ、さらに大きなボールに水を入れて、解凍します。

①のボールの外側からさらに、水で解凍を促すという方法です。

 

⑥解凍できれば、水を切る

⑦キッチンペーパーで水を吸う

⑧フライパンを準備する

グラスフェッドバターで炒める

⑩食べる

 

 

なお健康意識が高い方は、塩はミネラルたっぷりの世界一の塩、ぬちまーすを使っても良いでしょう。

めっちゃ贅沢ですけどね(^ ^)

グラスフェッドバターを使う理由は、良質の脂質を摂りたいからです。

魚介類は、タンパク質は豊富ですが脂質が少ないです。

僕は脂質を補うためにグラスフェッドバターを使っています。

 

 

グラスフェッドバターに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

●シーフードミックス、グラスフェッドバター炒めの味は?

辛すぎず、程よい塩分で美味しいです(^ ^)

何より健康に良いのがいいですね。

色々なシーフードミックスを食べて楽しみたいところです♬

 

 

シーフードミックスは冷凍食品で保存が効くだけでなく、短時間で解凍できすぐに食べられるのも助かります。

シーフードミックスは、オススメの保存食の一つです。

冷凍庫に一つは入れておきたい食材です。

安い時に、まとめ買いしておくのも良いでしょう。

 

僕は海鮮が大好きなので、週一回くらいはシーフードミックスを食べています。

スーパーだけじゃなく、ドラッグストアでも売っています。

探しましたが、近所のコンビニには売っていませんでした(^^;;

インターネットショッピングでも手に入れることができますね。

 

日本人に不足しがちな魚介類、たんぱく質を摂って、健康になっていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングでシーフードミックスを見る

Amazon.co.jp: シーフードミックス

楽天市場:シーフードミックス

Yahoo!ショッピング:シーフードミックス

 

 

シーフードミックス以外のオススメの魚介類の保存食については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【旨い】シーフードミックスのメリット•デメリット•オススメの解凍•料理法をお伝えしました。

 

オススメの健康食材は、冷凍食品のシーフードミックスです。

 

シーフードミックスについて参考になるものがあったので挙げました。

 

●シーフードミックスとは?

「シーフードミックス」とは、エビやイカ、アサリやホタテなどの魚介類をゆでて急速冷凍したものです。

 

 

●シーフードミックスの栄養

  1. フドミックスカロリはどくらい?

シーフドミックスのカロリーは商品によって異なるが、おおよそ100gあたり約50~55kcalほどである。

シーフドミックスの具材は、エビ、イカ、貝類(アサリなど)といった比較的カロリーの低い食材が使われている。

ちなみに、エビ、イカ、アサリの中で最もカロリーが低い食材はアサリである。

100gあたりのそれぞれのカロリーを比較してみると一目瞭然だ。


バナメイエビ:約91kcal
イカ:約83kcal
アサリ:約30kcal

 

  1. フドミックスにはどんな栄養が含まれている?

エビ、イカ、アサリのみのシンプルなシーフドミックスにも、栄養が豊富に含まれていることをご存じだろうか。

 

エビに含まれる

エビは、骨や筋肉を作るうえで欠かせないタンパク質や、抗酸化作用のあるビタミンEなどがたくさん含まれている。

 

イカに含まれる栄養

イカもエビと同じく、タンパク質が豊富な食材である。

また、アミノ酸の一種であるタウリンや、亜鉛も摂取することができる。

 

アサリに含まれる栄養

アサリはタウリン、カルシウム、カリウム、鉄分などを多く含む食材である。

 

 

  1. フドミックスは?

シーフドミックスの糖質は、100gあたり1.3gほどである。

米100gあたりの糖質(約36.8g)や、小麦粉100gあたりの糖質(約73.3g)と比較をすると、シーフドミックスの糖質はかなり低いといえるだろう。

エビ、イカ、アサリのそれぞれの糖質は以下の通りである。いずれも100gあたりの糖質だ。


エビ:0.7g
イカ:0.1g
アサリ:0.4g

 

シーフードミックスのカロリーはどれぐらい?栄養やおすすめの食べ方も紹介 | 食・料理 | オリーブオイルをひとまわしより

 

 

 

シーフードミックスのメリット•デメリットについてまとめて挙げました。

●シーフードミックスのメリット•デメリット

メリット

・色々な海鮮を楽しめる

・海鮮は美味しい

・海鮮は体に良い

・保存が効く

・流水解凍をすれば、短時間ですぐに食べられる

・安く買える

・小分けされているのもあり使いやすい

・他の食材と相性が良い

・ドラッグストアでも売っている

 

デメリット

・原料は外国産のものある

 

 

シーフードミックスは冷凍食品で保存が効くだけでなく、短時間で解凍できすぐに食べられるのも助かります。

シーフードミックスは、オススメの保存食の一つです。

冷凍庫に一つは入れておきたい食材です。

安い時に、まとめ買いしておくのも良いでしょう。

 

日本人に不足しがちな魚介類、たんぱく質を摂って、健康になっていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングでシーフードミックスを見る

Amazon.co.jp: シーフードミックス

楽天市場:シーフードミックス

Yahoo!ショッピング:シーフードミックス

 

 

少しずつ行動し、シーフードミックスを食べましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

今週のお題「人生最大のピンチ」

 

 

 


スポンサーリンク