お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【危険】スマホの見過ぎ、その姿勢が病気の入り口「ストレートネック」


スポンサーリンク

そんな姿勢でスマホばかり触っていて、体は大丈夫だと思いますか?

知らないうちに姿勢が悪くなり、体の不調の原因の1つになっているかも知れません。

早めに気づくことで、予防することができます。

姿勢の専門家である理学療法士が対策をお伝えします。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

  

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

スマホと病気

何をするにもスマホ、非常に便利な家電ですよね。

若い世代はスマホに慣れているため、スマホなしでは生活できないでしょう。

便利でなくてはならないものですが、スマホに依存しすぎるのは考えものです。

 

スマホを見る時間が長くなっていませんか?

 

日常のいたるところで、このような場面を見たことはありませんか?

 

 

f:id:maa100:20200711095759p:plain

 

 

ストレートネックにつながります。

今の生活だからこそ、起こりうる病気です。

 

今回はスマホ首とも言われるストレートネックについて考えていきます。

 

 

ストレートネックとは?

 

 

f:id:maa100:20200711095814p:plain

ストレートネックとは、正常な首の骨が「く」の字のようにカーブしているのに対し、首の骨が真っすぐ(ストレート)になってしまった状態を言います。

近年、ストレートネックが増えている原因は、スマホスマートフォン)です。

スマホを使用する場合は、うつむいたままの状態が続きがちです。うつむいた状態は、頭を支える首に大きな負担をかけ、首のカーブが次第に失われていきます。

その他に、パソコンを使った長時間のデスクワークや姿勢が悪い座り方などもストレートネックを引き起こします。

 

 

あなたも下を向いて、スマホの画面を見ていませんか?

スマホが使う人が増えてきから、よく見る姿勢です。

当てはまる方は、多いのではないでしょうか。

 

 

f:id:maa100:20200711095759p:plain

 

 

この姿勢が長くなる、ずっと続くとどうなるでしょうか?

 

体の不調がで始めます。

『ストレートネック』になると、頭部の重心が前に移動してしまうために、頭を首の筋肉だけで支えなくてはならなくなります。

結果、筋肉が緊張し、慢性的な首の痛みや肩こりなどの症状が現れます。

症状が進行すると、首の神経を傷め、頭痛・片頭痛、手足のしびれ、めまいなどを惹き起こすとがあります。

厄介なことに薬では改善しません。

 

症状がある場合は、整形外科もしくは接骨院の受診をオススメします。

 

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

ストレートネックを予防、改善するために

ストレートネックを予防、改善するために姿勢の専門家である理学療法士がどんな対策を取っているかお伝えします。

 

 ●ストレートネック予防・改善対策

スマホを見過ぎない

 

・下向きばかりでスマホを見ない

スマホのポジションを変える(下向きではなく、目線の高さでみる)

 

・休憩時に天井、空を見るようにすること

首の体操、ストレッチとなる

 

スマホを見るのを辞めて、音声だけ聞く

イヤホンやスピーカー機能、読み上げ機能を使用する

 

 

このブログを読んでいるということは、スマホやパソコンからのはずです。

どれか1つでも良いので、今すぐやってみましょう。

ストレートネック予防策を上げましたが、大前提としてスマホを見過ぎないことが非常に重要です。

 

特に長時間スマホを見続けないように注意しましょう。

1時間も続けて見ていたら、確実に長いです。

長時間、同じ姿勢でいると、その姿勢で体は固まっていきます。

 

症状がある場合は、整形外科もしくは接骨院の受診をオススメします。

 

スマホは楽しい、便利ですが、あなたの体の方が大事です。

取り返しのつかない体になる前に、あなた自身の体をあなた自身が守り、健康となりましょう。

 

 

 

 

まとめ

今回は【危険】スマホの見過ぎ、その姿勢が病気の入り口「ストレートネック」をお伝えしました。

 

ストレートネックとは何なのか?

ストレートネックの症状についてもお伝えしました。

スマホを持っている人ならば、誰もが気をつけなければならない病気です。

 

姿勢の専門家である理学療法士がオススメするストレートネック予防・改善対策もお伝えしました。

 

 ●ストレートネック予防・改善対策

スマホを見過ぎない

 

・下向きばかりでスマホを見ない

 

・休憩時に天井、空を見るようにすること

 

スマホを見るのを辞めて、音声だけ聞く

 

どれも簡単にできる内容です。

あなたの体を守りためにも、今すぐやってみましょう。

 

 

少しずつ行動して、健康になっていきましょう。

継続すれば、自分の健康を守ることができます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】  

 

 

 

 


スポンサーリンク