お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

寝る1時間前はスマホ•テレビを見ないメリット•デメリット


スポンサーリンク

「なかなか寝つけない、眠りが浅い、疲れがとれない」などの自覚症状はありませんか?

それは「寝る前スマホ」が原因かもしれません。

睡眠や疲労で悩んでいる方に、一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210929084041j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

寝る前にスマホを見るとどうなる?

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関わる睡眠についてお伝えします。

 

・寝つきが悪い

・寝ても寝たりない

・翌日、疲れが残ったまま

 

そんな方にオススメの内容をお伝えします。

オススメの方法とは寝る1時間前はスマホ・テレビを見ないことです。

寝る直前まで、スマホを触っていませんか?

 

寝る前にスマホやテレビを見ると、体にどんな影響があるのでしょうか。

 

●寝る前にスマホを見るとどうなる?

画面の光を浴びて、脳が昼間と錯覚

人は「日光を浴びると覚醒し、夜になると眠くなる」という睡眠のリズムがあります。

これには、体温や脈拍数、血圧などを低下させ、人を休眠や睡眠に誘う「メラトニン」というホルモンが関係しています。

メラトニンは、強い光を浴びると分泌量が減り、反対に暗い所にいると分泌量が増えるため、人は夜になると眠くなります。

 

スマホ、パソコン、タブレットなどから発せられる光によって、脳が「昼間だ」と錯覚し、メラトニンの分泌量が抑制されます。

すると、脳が覚醒し、眠りが浅いなどの睡眠障害を引き起こしやすくなります。

 

特に画面を間近で見るスマホは要注意とされています。

 

「寝る前スマホ」による睡眠障害は若年層に多く、厚生労働省も注意を呼びかけています。

 

 

 

 

 

 

寝る前にスマホを見ないメリット・デメリット

寝る前にスマホを見ないメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

●寝る前にスマホを見ないメリット・デメリット

メリット

・睡眠の質が上がる

・目に良い

・電気代が安くなり、お金が貯まる

・時間の使い方が上手くなる

・早く寝るきっかけになる

・疲れが取れる

 

 

デメリット

・生活習慣を変えるのは思っている以上に大変

・見たいテレビが見られない

・好きなYouTube、動画が見られない

 

 

メリット

・睡眠の質が上がる

寝つきが良くなります。

自律神経が整い、交感神経が抑えられ、副交感神経が優位になります。

睡眠の質が上がり、疲労回復にもつながります。

 

 

・目に良い

ブルーライトを見る時間が減ります。

メガネやコンタクレンズを使う時間が減り、目に優しいです。

 

 

・電気代が安くなり、お金が貯まる

スマホ・テレビを見ないということは、電気代がかかりません。

電気代が安くなれば、お金が貯まります。

 

 

・時間の使い方が上手くなる

何時まではスマホを触っていいと制限を決めれば、時間の使い方が上手くなります。

タラタラ過ごしていたら、何もできません。

 

 

・早く寝るきっかけになる

スマホ、テレビを寝る前に見ないって決めることが早く寝るきっかけにもなります。

 

 

・疲れが取れる

寝る前に、スマホやテレビを見ないことで、質の良い睡眠が取れ、ずっと取れなかった疲れが取れるかもしれません。

 

 

デメリット

・生活習慣を変えるのは思っている以上に大変

夜、特に寝る前は、面白いテレビがやっていることもあり、誘惑が多いです。

生活習慣を変えるのは思っている以上に大変です。

 

 

・見たいテレビが見られない

寝る前にテレビを見ないことで見たいテレビが見られないこともあるでしょう。

録画して他の時間に見ましょう。

 

 

・好きなYouTube、動画が見られない

好きなYouTubeや動画は夜じゃなくてもいつでも見れます。

 

 

 

 

 

 

寝る前にスマホやテレビを見ないためにすべきこと

では、寝る前にスマホやテレビを見ないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

●寝る前にスマホやテレビを見ないためにすべき3つのこと

スマホやテレビを見る時間を決める

・時間までにやるべきことをやっておく

スマホやテレビから離れて、他のことをする

 

 

スマホやテレビを見る時間を決める

例えば22時に寝るのならば、21時になったらスマホやテレビを見ない状況にします。

スマホなら通知が来ないナイトモードに予め設定しておくのも良いでしょう。

テレビなら、消しましょう。

 

どうしても見なければならないものなら、さっと見て、閉じてしまいましょう。

その時間に絶対に返さないといけないメッサージはほとんどありません。

そんなに緊急の予定はありません。

連絡を取り合っている相手に、寝ると宣言するのも一つの方法です。

 

 

・時間までにやるべきことをやっておく

ご飯食べてから、ダラダラしている暇があったらやるべきことを時間までにやりましょう。

先にスマホやテレビでしたいことを済ませてしまいましょう。

 

 

スマホやテレビから離れて、他のことをする

スマホやテレビだけが楽しみではありません。

 

スマホやテレビ見ずにすること

・風呂に入る

・歯を磨く

・ストレッチをする

・家族とコミュニケーションを取る

・友人、彼氏・彼女と電話をする

・日記を書く

・本を読む

・片づけをする

・明日の準備をする

・明日の予定を立てる

・リラックスした音楽を聴く

・一人の時間を過ごす

 

スマホやテレビがないと楽しみがないって思われるかもしれませんが、意外とやることはあります。

夜や、寝る前は、質の良い睡眠を取り、明日から万全の状態で動くために、リラックスして過ごすことがオススメです。

 

 

それでも寝る前や、夜にスマホを使いたいって方は、以下の方法もオススメです。

 

●寝る前や、夜に使うスマホから体の負担を減らす方法

・ナイトモードにする

スマホタブレット、パソコンをナイトモードに設定しておくことで、時間になれば通知がオフになります。

ブルーライトをカットすることができます。

 

 

ブルーライトカットメガネを使う

スマホタブレット、パソコンから出ている光をカットするために、ブルーライトカットメガネを使うのも一つの方法です。

 

ブルーライトカットメガネに関しては

money-health.hatenablog.com

を合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

寝る前にスマホを見ない生活リズムを作るのは、スマホに依存している方からすると、簡単ではありません。

しかし、得られるメリットは大きいです。

 

夜は次の日頑張るためにも、寝る1時間前はスマホやテレビを見ずに生活しましょう。

日中、スマホを触っている時間は長いですよね?

寝る1時間前くらいスマホを触らなくても全く問題ないはずです。

スマホを使ってやりたいことがあれば、寝る1時間前は避けましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は寝る1時間前はスマホ•テレビを見ないメリット•デメリットをお伝えしました。

 

・寝つきが悪い

・寝ても寝たりない

・翌日、疲れが残ったまま

 

そんな方にオススメの内容をお伝えしました。

オススメの方法とは寝る1時間前はスマホ・テレビを見ないことです。

 

 

寝る前にスマホやテレビを見ると、体にどんな影響があるのでしょうか。

 

●寝る前にスマホを見るとどうなる?

画面の光を浴びて、脳が昼間と錯覚

人は「日光を浴びると覚醒し、夜になると眠くなる」という睡眠のリズムがあります。

 

スマホ、パソコン、タブレットなどから発せられる光によって、脳が「昼間だ」と錯覚し、メラトニンの分泌量が抑制されます。

すると、脳が覚醒し、眠りが浅いなどの睡眠障害を引き起こしやすくなります。

 

 

寝る前にスマホを見ないメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

●寝る前にスマホを見ないメリット・デメリット

メリット

・睡眠の質が上がる

・目に良い

・電気代が安くなり、お金が貯まる

・時間の使い方が上手くなる

・早く寝るきっかけになる

・疲れが取れる

 

 

デメリット

・生活習慣を変えるのは思っている以上に大変

・見たいテレビが見られない

・好きなYouTube、動画が見られない

 

デメリット

・生活習慣を変えるのは思っている以上に大変

・見たいテレビが見られない

・好きなYouTube、動画が見られない

 

 

では、寝る前にスマホやテレビを見ないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

●寝る前にスマホやテレビを見ないためにすべき3つのこと

スマホやテレビを見る時間を決める

・時間までにやるべきことをやっておく

スマホやテレビから離れて、他のことをする

 

スマホやテレビ見ずにすること

・風呂に入る

・歯を磨く

・ストレッチをする

・家族とコミュニケーションを取る

・友人、彼氏・彼女と電話をする

・日記を書く

・本を読む

・片づけをする

・明日の準備をする

・明日の予定を立てる

・リラックスした音楽を聴く

・一人の時間を過ごす

 

 

寝る前にスマホを見ない生活リズムを作るのは、スマホに依存している方からすると、簡単ではありません。

しかし、得られるメリットは大きいです。

 

夜は次の日頑張るためにも、寝る1時間前はスマホやテレビを見ずに生活しましょう。

日中、スマホを触っている時間は長いですよね?

寝る1時間前くらいスマホを触らなくても全く問題ないはずです。

スマホを使ってやりたいことがあれば、寝る1時間前は避けましょう。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

今週のお題「眠れないときにすること」


スポンサーリンク