お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【理学療法士オススメ】運動が苦手•時間がない人の運動①「歩く」


スポンサーリンク

あなたは普段運動していますか?

運動する時間を確保していますか?

今回は、運動が苦手な人、運動する時間がない人でも取り組みやすい運動を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

運動が苦手•時間がない人のためのライフエクササイズ

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関する運動についてお伝えします。

 

ライフエクササイズとは、普段運動する時間がない人が、日常生活に運動を取り入れる方法です。

日常生活に運動を取り入れるので、運動が苦手な人でも取り組みやすいです。

本来なら、たくさん運動時間を取りたいのですが、なかなか取れませんよね。

なので、普段の生活、仕事の中に運動を取り入れることにしました。

リハビリ•運動指導の専門家で理学療法士の僕が決めた日常生活のルールです。

 

 

※注意点があります。

ライフエクササイズだけやっていれば、運動なんかしなくていいというわけではありません。

なぜなら僕も含め、現代人は運動不足の人がほとんどだからです。

 

運動時間を確保しつつ、ライフエクササイズを取り入れていきましょう。

ライフエクササイズを取り入れながら、運動時間を確保していきましょう。

少しずつ運動不足を解消し、健康になりましょう。

 

 

 

 

 

 

ライフエクササイズ「歩く」目的•始め方

今回、お伝えするライフエクササイズとは、歩くことです。

 

 

f:id:maa100:20200411102209p:plain

 

 

あなたの行きたい場所は、車で行かないといけませんか?

あなたの行きたい場所は、電車で行かないといけませんか?

あなたの行きたい場所は、自転車で行かないといけませんか?

 

僕は歩いて行ける距離なら歩きます。

具体例で言うと、一駅分くらいなら歩いています。

 

もちろん例外はありますが。

基本的に歩いて行ける距離なら歩くか、走っていきます。

運動不足解消の他に、以下のような目的で歩いています。

 

 

●歩行の主な目的

・脚力の維持・強化

・心肺機能の維持・強化

・下半身の関節可動域の維持・改善

・頭(脳)の回転の維持・強化

・気分転換

 

 

歩くために、日常でよく行く場所の距離を把握しておきましょう。

距離の把握に関してはGoogleマップを使うと便利です。

 

 

Googleマップに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

最初は息が上がるかもしれません。

何でこんなことしているのかなと思うかもしれません。

時間がもったいないっていう方もいるかも知れません。

 

しかし、バスや電車の乗り継ぎ、待ち時間を含めると歩いた方が便利という場合もあります。

僕の通勤は、電車と徒歩です。

歩く距離が短い不便な小さい駅を使うのではなく、歩く距離が長い便利な大きい駅を使っています。

 

何気ない普段の動きの積み重ねが、健康につながります。

最初は歩くのがきついかもしれませんが、徐々に慣れてきます。

まずは自分のペースで歩くことを続けてみましょう。

 

普段から全然歩かないって方もいるでしょう。

初心者の歩く始め方を紹介します。

 

 ●歩く 初心者の始め方

・たまに歩く

・行きは歩く。帰りは歩かない

・行きは歩かない。帰りは歩く

・晴れの日は歩く

・歩く距離を伸ばしてみる

・歩く機会を増やす

・わざと、遠回りして歩く

・歩く距離は変えず、早歩きしてみる

・歩く距離は変えず、大股で歩いてみる

など

 

少しずつ歩く機会を作り、歩くのに慣れていきましょう。

 

 

 

 

 

ライフエクササイズ「歩く」を続けてみて

僕はライフエクササイズ 歩くを続けていますが、苦痛ではありません。

自分の体力や、体調を計る目安にもなります。

体力がついてきている実感もあります。

歩くは間違いなく一生続けたいです。

 

余裕のある方は、早歩き・大股歩きにチャレンジするのも良いでしょう。

今日は少し走ってみようかな、時間を計ってみようかなと行動できればさらに良いです。

普段から動きやすい靴を履いておくことも重要です。

 

 

靴選びに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

最後に歩くときの注意点をお伝えします。

歩くのがしんどくて、他のことができない状況にならないように、少しずつ負荷量を増やしていきましょう。

夏の暑い日は、たくさん汗が出ます。

水分補給を忘れないようにしましょう。

時間帯や環境など、うまく調整して歩いていきましょう。

 

 

ただ健康のために歩くだけでは続かないって方は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むのがオススメです。


 

 

 

まとめ

今回は、運動が苦手な人、運動する時間がない人でも取り組みやすいライフエクササイズを紹介しました。

今回、取り上げたのは歩くことです。

 

普段全然歩いていないという方も多いのではないでしょうか?

まずは、歩くことからしてみてはいかがでしょうか。

 

いきなり、走れ、何時間運動しましょうと言っていません。

普段の生活、普段何も考えずしている、歩く機会を増やすだけです。

 

歩くことは、全ての運動の基礎となります。

歩くことが、運動不足解消の第一歩になるかもしれません。

一歩ずつ歩いていきましょう。

 

 

少しずつ行動し、楽しく運動していきましょう。

継続すれば、確実に健康になります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 


スポンサーリンク