お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【極意】時間がない人のためのオススメの11の運動


スポンサーリンク

運動する時間がない方。

運動にお金をかけたくない方。

効率よく運動したい方。

そんな方に運動指導の専門家が自信を持ってオススメする内容です。

 

あなたが運動をし始めるきっかけになるかもしれません。

あなたが運動を好きになるきっかけになるかもしれません。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20211103064318j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

時間がない人のための運動「ライフエクササイズ」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関する運動についてお伝えします。

 

僕はリハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です。

経験年数は10年以上あります。

 

今回は時間がない人にオススメの運動を紹介します。

オススメの方法とは、ライフエクササイズです。

リハビリ・運動指導の専門家である僕が名前をつけました(^ ^)

ライフエクササイズとは、簡単にいうと、生活の一部の中に運動を入れてしまうことです。

生活の中に運動を入れることで、運動機会を作ります。

 

 

 

 

 

 

時間がない人のためのオススメの11の運動

僕自身が実際にやっている時間がない人のためのオススメの運動、ライフエクササイズを紹介します。

 

●時間がない人のためのオススメの11の運動

・通勤、通学などで歩く

・エレベーター、エスカレーターを使わず階段を使う

・家事をする

・ゴミ捨てに行く

・自転車に乗る

・1時間以上座らない

・鏡など姿勢がわかるところで姿勢チェック

スマホを見ながら体を動かす

・パソコンを触る姿勢を正す

・床で生活する

・よく噛んで食べる

 

 

・通勤、通学などで歩く

歩けるところは歩いて、運動量を確保しましょう。

歩くになれたら、歩く負荷量を高めましょう。

早歩きする、大股で歩くなどです。

 

歩くについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・エレベーター、エスカレーターを使わず階段を使う

エレベーター、エスカレーターを使う頻度を減らしましょう。

使うのは階段です。

 

階段については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・家事をする

積極的に家事をしましょう。

家事は運動になります。

 

家事と運動については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・ゴミ捨てに行く

ゴミ捨ては筋トレになります。

 

ゴミ捨てと運動に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・自転車に乗る

自転車で行けるなら、自動車、電車、バスを使わずに自転車で移動しましょう。

脚の筋トレや有酸素運動になります。

 

自転車に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・1時間以上連続して座らない

長時間座りすぎないことで、筋力低下を予防できます。

 

座りすぎに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・鏡など姿勢がわかるところで姿勢チェック

姿勢をチェックすることで、姿勢保持筋を鍛えることができます。

 

姿勢チェックに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

スマホを見ながら体を動かす

スマホタブレット、テレビを見るときはじっとするのではなく、体を動かしてみましょう。

ストレッチやヨガがオススメです。

動かすのが難しければ、姿勢を変えるだけでも良いでしょう。

 

スマホと体を動かすに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・パソコンを触る姿勢を正す

座る姿勢を正すだけでも、姿勢保持筋を鍛えることができます。

余計な体の負担を減らすことができます。

 

パソコンを触る姿勢に関しては

money-health.hatenablog.com

を合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・床で生活する

あえて床で生活することで、立ち座りをする頻度を増やし、下肢の筋力を使います。

筋力だけでなく、関節可動域の維持と拡大にもつながります。

 

床で生活するに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・よく噛んで食べる

食べるのも運動に入れていいのでしょうか?

はい、噛むのはめちゃくちゃ大事です。

よく噛んで食べましょう。

 

噛むに関しては

money-health.hatenablog.com

を合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

11のライフエクササイズを紹介しました。

難しそうな運動はありましたか?

 

どんなところでライフエクササイズができるか覚えておきましょう。

人によってできる内容は違うはずです。

できるところから、少しずつやっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ライフエクササイズのメリット•デメリット

ライフエクササイズのメリット•デメリットをまとめて挙げます。

 

●ライフエクササイズのメリット・デメリット

メリット

・いつの間にか運動している

・運動効果はずっと続く

・体力がつく

・しんどい運動はない

・お金がかかるものではない

・誰でもできる

・ダイエット効果がある

 

デメリット

・習慣化するまでが大変

 

 

メリット

・いつの間にか運動している

他に運動しなくていいとまではいいませんが、運動量を確保できていることは間違いありません。

慣れてしまえば、普通の生活でいつの間にか運動してることになります。

 

 

・運動効果はずっと続く

ライフエクササイズに一度慣れてしまえば、ずっと運動効果は続きます。

やり続ければ、健康な体を保ち続けることになります。

やるのとやらないのでは、大きな差が生まれます。

 

 

・体力がつく

生活自体が運動になっているので、基礎体力がつきます。

 

 

・しんどい運動はない

生活の一部を運動機会にします。

日頃から動いていない人にとっては、最初はしんどいかもしれません。

しかし、慣れたらしんどい運動でなくなります。

 

 

・お金がかかるものではない

たくさんのお金がかかるものではありません。

むしろお金の節約効果があるものばかりです。

 

 

・誰でもできる

子供でも、おじいちゃん、おばあちゃんでも誰でもできます。

当たり前のことをやらなくなったから、運動不足になっているだけです。

 

 

・ダイエット効果がある

生活の中で動く量が増えます。

消費エネルギーが増えるのでダイエットにつながります。

食べる量が変わらなければ、ライフエクサイズをすれば痩せます。

 

 

デメリット

・習慣化するまでが大変

唯一のデメリットと言って良いのではないでしょうか。

慣れるまでは、頑張りどころです。

失敗しても大丈夫です。

またチャレンジしましょう。

長い目で見てライフエクササイズしていきましょう。

 

 

●ライフエクササイズのポイント

ライフエクササイズのポイントを紹介します。

ライフエクササイズの名前の通り、生活の中に運動を入れてしまうのがポイントです。

慣れるまでは、意識しなければなりませんが、慣れたら苦痛なくできるでしょう。

いつの間にか運動している、これが理想です。

 

時間のかかる運動はありません。

しんどい運動はありません。

誰でもできる運動です。

やるかやらないかだけです。

 

どれも運動指導の専門家の僕自身が実際にやっているオススメの運動です。

できるところから少しずつやっていきましょう。

確実に結果につながります。

 

 

最後に、一つだけ注意点があります。

ライフエクササイズをやっていれば普段全く運動しなくていいと言うわけではありません。

ライフエクササイズをしながら運動時間も作ることで、どんどん運動量は増えます。

 

運動量が増えれば、ダイエットにつながります。

日常の運動量を増やしておけば、いざ運動しようってなった時、思った以上に動けることをお約束します(^ ^)

ライフエクササイズで、運動機会を作り、元気な体を手に入れましょう。

 

 

●インターネットショッピングでフィットネス•トレーニング用品を見る

Amazon.co.jp:フィットネス•トレーニング用品

楽天市場:フィットネス•トレーニング

Yahoo!ショッピング:フィットネス•トレーニング用品

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【極意】時間がない人のためのオススメの11の運動をお伝えしました。

 

運動する時間がない方。

運動にお金をかけたくない方。

効率よく運動したい方。

そんな方に運動指導の専門家が自信を持ってオススメする内容をお伝えしました。

 

オススメの方法とは、ライフエクササイズです。

ライフエクササイズとは、簡単にいうと、生活の一部の中に運動を入れてしまうことです。

生活の中に運動を入れることで、運動機会を作ります。

 

 

僕自身が実際にやっている時間がない人のためのオススメの運動、ライフエクササイズを紹介しました。

 

●時間がない人のためのオススメの11の運動

・通勤、通学などで歩く

・エレベーター、エスカレーターを使わず階段を使う

・家事をする

・ゴミ捨てに行く

・自転車に乗る

・1時間以上座らない

・鏡など姿勢がわかるところで姿勢チェック

スマホを見ながら体を動かす

・パソコンを触る姿勢を正す

・床で生活する

・よく噛んで食べる

 

ライフエクササイズのメリット•デメリットをまとめて挙げました。

 

●ライフエクササイズのメリット・デメリット

メリット

・いつの間にか運動している

・運動効果はずっと続く

・体力がつく

・しんどい運動はない

・お金がかかるものではない

・誰でもできる

・ダイエット効果がある

 

デメリット

・習慣化するまでが大変

 

 

●ライフエクササイズのポイント

ライフエクササイズの名前の通り、生活の中に運動を入れてしまうのがポイントです。

慣れるまでは、意識しなければなりませんが、慣れたら苦痛なくできるでしょう。

いつの間にか運動している、これが理想です。

 

 

最後に、一つだけ注意点があります。

ライフエクササイズをやっていれば普段全く運動しなくていいと言うわけではありません。

ライフエクササイズをしながら運動時間も作ることで、どんどん運動量は増えます。

ライフエクササイズで、運動機会を作り、元気な体を手に入れましょう。

 

 

●インターネットショッピングでフィットネス•トレーニング用品を見る

Amazon.co.jp:フィットネス•トレーニング用品

楽天市場:フィットネス•トレーニング

Yahoo!ショッピング:フィットネス•トレーニング用品

 

 

少しずつ運動し、楽しく健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選

今週のお題「叫びたい!」


スポンサーリンク