お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【無動】何もしたくない!やる気が出ない!3つの原因と3つの対策


スポンサーリンク

現代はストレス社会です。

頑張っている人ほど、知ってほしい内容です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康に関わるやる気、モチベーション

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わるやる気、モチベーションについてお伝えします。

 

 

あなたは何もしたくない時はありますか?

 

 

最近、僕は何もしたくない時があったので、原因と対策を紹介します。

ついでに僕は、普段何かをやっていないと気が済まない人間です。

珍しくモチベーションが低下し、何もしたくない!やる気が出なくなりました。

あなたも何もしたくない!やる気が出ない!そんな時は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

何もしたくない3つの原因

何もしたくない3つの原因で、参考になる記事があったので紹介します。

 

●何もしたくない3つの原因

・仕事や勉強、人間関係などが過度な負担となっている

・心だけではなく身体的な疲れもピークに達している

・転勤や入学、引越しなど環境に変化があった

 

 

・仕事や勉強、人間関係などが過度な負担となっている

仕事や勉強、人間関係など、自分自身が関わっている生活の上で、大きなプレッシャーや負担を感じるような場面がある場合には、それがストレスとなっている可能性があります。
仕事で大きな取引を任されたものの、そのノルマをうまく達成できない状況になってしまうと、それがプレッシャーとなって、心が潰されそうになります。
また、受験を控えているのに勉強がはかどらないと、親からの期待も相まって大きなストレスを感じてしまうのではないでしょうか。
人間関係においてうまくいかなかったり、失恋してしまったりしたような場合においても、心はどんどん疲れてしまうのです。

 

 

・心だけではなく身体的な疲れもピークに達している

心と体は密接に繋がっており、身体的な疲れがある場合にも「何もしたくない」「心が疲れた」と感じることがあります。
仕事で忙しくしていて、毎日終電に乗って帰宅しているような状態であれば、いつか肉体的な疲れもピークも迎えてしまうことになるでしょう。
毎日、塾に通う必要があったり、遅くまで受験勉強を続けていたりすると、少しずつ疲れは蓄積していきます。
そのような状況においても、結果を求められてしまうのであれば、どうしても身体にまで疲れは及んでしまいます。
「心の疲れなんて感じない」という人こそ、肉体の疲れに注意しなければなりません。

 

 

・転勤や入学、引越しなど環境に変化があった

特に大きなストレスを感じる場面や肉体的な疲労を起こす場面がなかったとしても、環境の変化によって「何もしたくない」「心が疲れた」と感じることがあります。
環境の変化は、私たちが感じている以上にストレスになるものです。
転勤や入学では、「結果を出せるだろうか」「友達とうまくやっていけるかな」などと、知らず知らずのうちにプレッシャーとなっていることがあります。

 

また、嬉しい場面であっても、ストレスとなることがあります。
新しい家を購入して引越しするようなときには、地域に馴染むまで緊張するものです。
出産によって親になることを意識したり、出世して大きなプレッシャーがかかったりすることは、誰しもが感じることではないでしょうか。

 

 

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたへ|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニックより

 

 

 

 

 

 

 

何もしたくない時の3つの対処法

何もしたくない時の3つの対処法で参考になる記事があったので紹介します。

●何もしたくない時の3つの対処法

・無理せず休息を取る

・生活リズムを意識して、睡眠時間をしっかり確保する

・適度な運動を心がけて、心身のリフレッシュに取り組む

 

 

・無理せず休息を取る

何もする意欲がわかない、心が疲れているという状態のときには、いったん疲れてしまうものから離れるようにすることが大事です。
しっかりと休息を取って、回復を感じられるようになったら、また取り組んでみるといいでしょう。
疲れを感じている時に仕事や勉強などに取り組んでも効率が悪く、さらに自分自身の疲労が積み重なる、という悪循環になってしまいます。

 

 

・生活リズムを意識して、睡眠時間をしっかり確保する

仕事などで忙しい人であれば、生活リズムを整えることによって、心の疲れを取り除くことができます。
早寝早起きを基本として、しっかりと睡眠を取るようにします。
ゆっくりと入浴してリラックスするようにし、就寝の2時間前までに入浴を済ますようにすると、入眠しやすくなります。
3食はきちんと摂るようにし、暴飲暴食は避け、栄養バランスも考えた食事を心がけるようにしましょう。

 

 

・適度な運動を心がけて、心身のリフレッシュに取り組む

心が疲れている時には、適度な運動に取り組むことによって、心身をリフレッシュさせることができます。
ウォーキングやジョギング、ストレッチ、ヨガなど軽めの運動であれば、全身の血流を改善し、心身の疲れを取り除くことができます。

 

 

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたへ|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニックより

 

 

 

僕の場合は何もしたくない原因は、サラリーマンとしての仕事のストレスです。

色々考えないといけない時期に来ているのかなと感じます。

考えて、行動に移すためにも、健康を再度見直します。

 

 

何もしたくない時の3つの対処法は、要は健康に気をつけるということです。

何もしたくない時こそ、健康を見直すきっかけにしましょう。

健康な体があって、生きていけます。

健康な体があって、自分がしたいことができます。

健康な体があって、行動を起こすことができます。

 

 

最後に、何もしたくない時の注意点もあります。

何にもしたくない時は、健康に良くないことをするのは避けましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【無動】何もしたくない!やる気が出ない!3つの原因と3つの対策をお伝えしました。

 

 

あなたは何もしたくない時はありますか?

 

 

最近、僕は何もしたくない時があったので、原因と対策を紹介しました。

何もしたくない3つの原因で、参考になる記事があったので紹介しました。

 

●何もしたくない3つの原因

・仕事や勉強、人間関係などが過度な負担となっている

・心だけではなく身体的な疲れもピークに達している

・転勤や入学、引越しなど環境に変化があった

 

 

何もしたくない時の3つの対処法で参考になる記事があったので紹介しました。

●何もしたくない時の3つの対処法

・無理せず休息を取る

・生活リズムを意識して、睡眠時間をしっかり確保する

・適度な運動を心がけて、心身のリフレッシュに取り組む

 

 

何もしたくない時の3つの対処法は、要は健康に気をつけるということです。

何もしたくない時こそ、健康を見直すきっかけにしましょう。

健康な体があって、生きていけます。

健康な体があって、自分がしたいことができます。

健康な体があって、行動を起こすことができます。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実にやる気、モチベーションが戻ってきます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com


 

 

 

 

 

 

今週のお題「好きな街」


スポンサーリンク