お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

2つのストレス「急性ストレス」「慢性ストレス」と発散方法


スポンサーリンク

現代社会はストレス社会と言われ、ストレスが全くないって方はいないでしょう。

知っておきたいストレスの知識とその対策を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20220403150331j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康とストレス

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関わるストレスについてお伝えします。

 

 

あなたは、今、ストレスがありますか?

 

 

ストレスが全くないって方はいないでしょう。

普通に生活していても、現代社会は知らず知らずのうちに、ストレスはたくさんかかっています。

 

今回は、2種類のストレスとその発散方法について紹介します。

 

 

 

 

 

 

「急性ストレス」と「慢性ストレス」

ストレスについてわかりやすい記事があったので紹介します。

 

●「急性ストレス」と「慢性ストレス」

 ストレスを、時間軸で分類すると、「急性ストレス」と「慢性ストレス」に分けることができます。

 「急性ストレス」は、突然の変化や、危機的な状況に遭遇したときなどに起こるストレスです。

  (例)

地震や台風などの自然災害に遭遇した
・朝、電車に乗ろうとして駅に行ったら運転中止になっていた
・突然人事異動を言い渡された
・恋人や知人と突然お別れすることになった



 このような急な変化や予期せぬことが起こったときに感じるストレスが「急性ストレス」です。

 現代社会は、変化の激しい社会と言われています。

特に、ビジネス社会では、予期せぬことや、突然の変化が起こりやすくなっています。
 急性ストレス下においては、判断ミスや意思決定のミスが起こりやすいと考えられています。
 

 「慢性ストレス」とは、持続的なストレスです。

  (例)

・人間関係がうまくいかない人がいて、ずっとイライラが続いている
長時間労働が続いていて、疲れがたまっている
・近隣でずっと騒音が続いていて、イライラする



 安定した社会では、どちらかというと、「急性ストレス」よりも、持続的な「慢性ストレス」のほうが多いと考えられています。
 「慢性ストレス」がたまっていくと、心身に大きな悪影響を及ぼすことがあります。

 

 

ストレス講座__ストレスって何? (6/10)--[ストレスケア・コム]より

 

 

 

 

 

 

ストレス発散のためにできるたった一つのこと

様々なストレス発散方法がありますが、今回はたった一つだけ紹介します。

 

ストレス発散のためにできるたった一つのこととは、オフの時間を増やすことです。

現代社会では、常に緊張した(オンの)状態が続き、リラックスした(オフの)状態が少ないです。

 

 

ではオフの状態になるには、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

簡単に言うと、休むってことです。

 

たっぷり睡眠時間を取るのも良いでしょう。

何もしない時間を取るのも良いでしょう。

仕事を休んでも良いでしょう。

ストレスについて、考えてみるのも良いでしょう。

一人の時間を取るのも良いでしょう。

 

 

慢性ストレスは、自覚がない場合もあります。

ゆっくり時間をかけて、何がストレスか振り返ってみても良いでしょう。

ストレスって一体なんだ?って調べてみるのも良いでしょう。

それには、オフの状態を作るしかありません。

 

 

僕はどちらかと言うと、慢性ストレスの方が多いです。

慢性ストレスは、慣れてしまっているから、余計に怖いです。

ストレスについて、勉強し始めてから、自分では自覚していないストレスがあることにも気づきました。

世の中ストレスだらけで、対策しないと不健康になります(^^;;

ストレスを乗り越えなければって頑張ってしまうことも多いで気をつけなければなりません。

 

僕は、オフの時間を多くする努力はしていますが、まだまだオフの時間は少ないです。

オフの時間があるからこそ、オンで頑張れるのです。

もっとオフの時間を増やして、ストレス発散していきたいところですね(^ ^)

不健康になるために、頑張るのではなく、健康になるために頑張っていきましょう。

 

 

ストレス対策については

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は2つのストレス「急性ストレス」「慢性ストレス」と発散方法をお伝えしました。

 

ストレスについてわかりやすい記事があったので紹介しました。

 

●「急性ストレス」と「慢性ストレス」

 ストレスを、時間軸で分類すると、「急性ストレス」と「慢性ストレス」に分けることができます。

 「急性ストレス」は、突然の変化や、危機的な状況に遭遇したときなどに起こるストレスです。

 

 「慢性ストレス」とは、持続的なストレスです。


 安定した社会では、どちらかというと、「急性ストレス」よりも、持続的な「慢性ストレス」のほうが多いと考えられています。
 「慢性ストレス」がたまっていくと、心身に大きな悪影響を及ぼすことがあります。

 

 

ストレス発散のためにできるたった一つのこととは、オフの時間を増やすことです。

現代社会では、常に緊張した(オンの)状態が続き、リラックスした(オフの)状態が少ないです。

 

ではオフの状態になるには、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

簡単に言うと、休むってことです。

 

 

オフの時間があるからこそ、オンで頑張れるのです。

もっとオフの時間を増やして、ストレス発散していきたいところですね(^ ^)

不健康になるために、頑張るのではなく、健康になるために頑張っていきましょう。

 

 

少しずつ行動し、楽しくストレス発散していきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 


スポンサーリンク