お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

Apple Watchで健康になる秘密「アクティビティ」のメリット・デメリット


スポンサーリンク

Apple Watchで健康になる方、Apple Watchでダイエットに成功する方、Apple Watchで人生が変わる方もいるでしょう。

そんなスマートウォッチについてオススメする秘密をお伝えします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

リハビリ・運動指導の専門家オススメApple Watch「アクティビティ」

スマートウォッチ、Apple Watchを使い始めました。

僕は医療従事者で、リハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です。

 

今回はApple Watchで特にオススメの機能があるので紹介します。

この機能だけでもApple Watchを買って使う価値があると言っても良いでしょう。

 

オススメの機能とはアプリのことです。

オススメのフィットネスアプリはアクティビティです。

 

 

 

 

 

Apple Watchのアクティビティとは?

Apple Watchのアクティビティとは一体何なのか?をお伝えします。

リハビリ・運動指導の専門家として使ったコメントもお伝えします。

 

Apple Watchのアクティビティとは?

ムーブ、エクササイズ、スタンドという3つのリング。

これらを毎日完成させるという1つのゴール。

いつもやりたくなるほどシンプルかつ楽しい方法で、あなたの毎日をもっと健康的にする。

そんな発想から作られたのが、Apple Watchのフィットネスアプリです。

 

 

★ムーブ

●消費アクティブカロリーのゴールを達成して、ムーブのリングを完成させよう。

Apple Watchは、あなたが消費したアクティブカロリーを記録します。

アクティブカロリーとは、仕事中の階段の上り下りから、子どもとの遊び、家の掃除まで、あらゆる動きによって消費されるカロリーのことです。

一日中アクティブに動くことは、健康的な毎日を過ごすための重要な要素です。

  

→ダイエット目的で消費カロリーを目安にしている方も多いでしょう。

消費カロリーがすぐ見てわかるので、目安になるはずです。

 

 

★エクササイズ

●早歩き以上の運動を30分以上して、エクササイズのリングを完成させよう

毎日30分間早歩き以上の運動を行うことは、脳卒中、心疾患、糖尿病、体重増加の可能性を最小限に抑えることにつながります。
睡眠を改善したり、気分を明るくしたり、ストレスを軽減させる効果も期待できます。

 

→運動の目安になります。

三つのリングのうち最も難しい課題ではないでしょうか。

エクササイズを30分以上すれば、自然と消費カロリーは増えます。

1日の早い時間に目標の数値を少しでも減らせると気分が楽です(^ ^)

 

 

★スタンド

●1日の12時間の中で1時か当たり1分以上立って動き回り、スタンドのリングを完成させよう。

座りすぎは健康問題の一因となることがあります。

だからApple Watchは一日を通して、あなたのスタンドゴールに向けた進捗を記録し、立ち上がるきっかけを与えます。

座っている時間を減らすことは、血圧を下げ、活力を高め、心疾患のリスクを低下させることにつながります。

 

 

→パソコンを触っていると、1時間はあっという間に過ぎてしまいます。

仕事がデスクワークの方は、よくわかってもらえるでしょう。

仕事に集中していると1時間に1回、立って動いている人は意外と少ないです。

そんな時でもApple Watchが座ってばかりおらず、立ちましょうと教えてくれるので便利です。

是非、試してほしいです。

 

消費カロリーや運動の重要性は、よく言われることなので何となくわかるでしょう。

3つの課題の中に、立つ課題を入れているのはApple watchならではです。

定期的な運動のきっかけになります。

 

 

座りすぎが良くない理由に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ついでに僕のApple Watchの画面はこれです。

 

f:id:maa100:20210411074016j:plain

 

時間と①消費カロリー、②どれくらい運動したか、③座りすぎていないかがわかれば十分です。

 

 

 

 

フィットネスアプリ「アクティビティ」のメリット・デメリット

Apple Watchのフィットネスアプリ、アクティビティを使ったメリット・デメリットをまとめて挙げます。

 

●フィットネスアプリ「アクティビティ」のメリット・デメリット

メリット

・運動するきっかけになる

→課題を達成しようと言う気になる

→課題を達成できるように促してくれる

→課題を達成したら教えてくれる、褒めてくれる

・活動量、運動量がわかりやすい

・健康になる

・ダイエット

・自分に近いところにトレーナーがいる

・運動するのが楽しくなる

 

デメリット

・データが100%正確というわけではない

・公共のプールでは使えない

 

 

メリット

・運動するきっかけになる

時計をつけるだけで、体を動かそうって気持ちになります。

長年、リハビリ・運動指導をしていますが、運動をするきっかけ作り、モチベーション作りが最も難しいです。

それを解決する一つの方法になります。

 

→課題を達成しようと言う気になる

僕は朝、目覚めましのアラームを止めて起きた後、何をするかというとApple Watchを手首に付けます。

今日もアクティビティを達成しようという気持ちになります。

  

→課題を達成できるように促してくれる

今日の運動の進行具合をApple Watchが教えてくれるのです。

スタンドの機能はとても便利です。

立ってくださいと、ハッパをかけてくれます。

 

→課題を達成したら教えてくれる、褒めてくれる

目標を達成したら、Apple Watchが教えてくれます。

目標を達成したらバッジがもらえるので、嬉しいです。

褒めてくれたら、たとえ機会でも嬉しいです(^ ^)

腕時計の中にトレーナーがいるのです。

 

 

・活動量、運動量がわかりやすい

時計を見てわかるのは、時間だけではありません。

あなたがどれだけ動いたか一目でわかります。

運動することが生活の中心になります。

Apple Watchがきっかけであなたの人生が大きく変わるかもしれません。

 

 

・健康になる

日本人のほとんど方が運動不足です。

運動不足が原因の体の不調は、たくさんあります。

運動することで、健康になります。

 

 

・ダイエット

アクティビティを毎日続けて目標達成できれば、ダイエットできるのは間違いないでしょう。

ただし、食べ過ぎないことです。

 

 

・自分に近いところにトレーナーがいる

365日、自分の近いところにトレーナーがいるのと同じです。

パーソナルトレーナーは365日もついてくれません。

電池の問題さえなければ、365日24時間サポートしてくれます。

ずっとサポートしてくれるトレーナーはApple Watchしかいません。

 

 

・運動するのが楽しくなる

Apple watchを使うことで運動するのが楽しくなる方もいるでしょう。

僕は、毎日Apple watchをつけて生活するのが楽しみです。

 

 

デメリット

・データが100%正確というわけではない

機械ですから100%を求めるのは無理です。

しかし、十分に目安になります。

 

 

・公共のプールでは使えない

公共のプールは時計禁止なので使えなくて残念です。

 

 

Apple Watchは腕時計というより健康時計、健康マシーンです。

Apple Watchは、アクティビティだけでなく他の機能もあります。

Apple Watchを使って、もっと健康になりましょう

 

Apple Watchを買おうか悩んでいる方へ、あなたが買おうとしているものは買って良いものです。

使わない健康グッズ、行かないジムにお金を払っているならApple Watchをお勧めします。

リハビリ・運動指導を10年以上続けてきた理学療法士が自信を持ってお勧めします(^ ^)

 

●インターネットショッピングでApple Watchをみる

Amazon.co.jp: Apple: Apple Watch

楽天市場:Apple Watch

Yahoo!ショッピング:Apple Watch

 

 

Apple Watchについては

money-health.hatenablog.com

も合わせ読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回はApple Watchで健康になる秘密「アクティビティ」のメリット・デメリットをお伝えしました。

 

Apple Watchのアクティビティとは一体何なのか?をお伝えしました。

Apple Watchのアクティビティとは?

ムーブ、エクササイズ、スタンドという3つのリング。

これらを毎日完成させるという1つのゴール。

いつもやりたくなるほどシンプルかつ楽しい方法で、あなたの毎日をもっと健康的にする。

そんな発想から作られたのが、Apple Watchのフィットネスアプリです。

 

★ムーブ

●消費アクティブカロリーのゴールを達成して、ムーブのリングを完成させよう。

 

★エクササイズ

●早歩き以上の運動を30分以上して、エクササイズのリングを完成させよう

 

★スタンド

●1日の12時間の中で1時か当たり1分以上立って動き回り、スタンドのリングを完成させよう。

 

 

Apple Watchのフィットネスアプリ、アクティビティを使ったメリット・デメリットをまとめて挙げました。

 

●フィットネスアプリ「アクティビティ」のメリット・デメリット

メリット

・運動するきっかけになる

→課題を達成しようと言う気になる

→課題を達成できるように促してくれる

→課題を達成したら教えてくれる、褒めてくれる

・活動量、運動量がわかりやすい

・健康になる

・ダイエット

・自分に近いところにトレーナーがいる

・運動するのが楽しくなる

 

デメリット

・データが100%正確というわけではない

・公共のプールでは使えない

 

 

Apple Watchは腕時計というより健康時計、健康マシーンです。

Apple Watchは、アクティビティだけでなく他の機能もあります。

Apple Watchを使って、もっと健康になりましょう

 

Apple Watchを買おうか悩んでいる方へ、あなたが買おうとしているものは買って良いものです。

使わない健康グッズ、行かないジムにお金を払っているならApple Watchをお勧めします。

リハビリ・運動指導を10年以上続けてきた理学療法士が自信を持ってお勧めします(^ ^)

 

 

 ●インターネットショッピングでApple Watchをみる

Amazon.co.jp: Apple: Apple Watch

楽天市場:Apple Watch

Yahoo!ショッピング:Apple Watch

 

 

Apple Watchについては

money-health.hatenablog.com

も合わせ読むとわかりやすいです。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 


スポンサーリンク