お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【危険】スマホ•デジタルから「目•視力」を守る•良くする方法


スポンサーリンク

加速するデジタル社会、スマホタブレット•パソコン•ゲーム•テレビなどのデジタル機器から、目•視力を守るためにできることを紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 



 

目次

 

 

 

 

 

 

健康と目•視力

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる目•視力についてお伝えします。

 

 

あなたは、目•視力が良いですか?

 

 

僕は小学校の頃から近視で、現在もコンタクトレンズを使っています。

コンタクトレンズ歴は20年以上で、大ベテランです。

目が良い、視力が良い方はうらやましいです。

 

色々な健康の勉強をする中で、目に着目するようになりました。

目は生活する中で、欠かせないものです。

一生健康な目で過ごすためにも、最後までお読みください。

 

 

 

 

 

 

目•視力を守る•良くするための方法

目•視力について参考になるものがあったので紹介します。

 

★目•視力を守る•良くするための方法

眼科医だけが 知っている 一生視力を 失わない 50の習慣 (SB新書) | 平松 類

●超デジタル時代!あなたの目が危ない!

デジタル化が急速に進む中、私たちの利便性と引き換えに私たちの目にかかる負担は否が応にも増大しています。

太古の昔、人類は遠くを見て暮らしていました。

 

ところが文明が発達し、人々は遠くよりも近くを見ることが多くなりました。

さらに、テレビに続いて、パソコンの普及によって、従来はありえなかった光の刺激を大量に、しかも近距離から受けるようになりました。

その中で、目は環境の変化に順応仕切れていません。

なぜ、そう言えるのかというと電子機器の普及と昨今のデジタル化の進行と比例して、近視になる人が世界的に増加しているからです。

近視なんて単に遠くが見えづらいだけなどど侮ってはいけません。

 

近視の人はそうでない人に比べて、白内障緑内障網膜剥離、近視性黄斑症などの病気にかかるリスクが高くなることがわかっています。

つまり、近視は遠くが見えないだけの不具合だけではなく将来的には失明に繋がってしまう疾病を招きかねないという非常に恐ろしいものなのです。

 

 

 

 

●目•視力を守る•良くするための方法

第1章 視力1.0でも失明⁉︎スマホが私たちの脳を破壊する

第2章 今すぐできる!「超簡単な目のトレーニング5選」

第3章 目の健康を守るための「3つの習慣」

 

 

第1章 視力1.0でも失明⁉︎スマホが私たちの脳を破壊する

スマートフォンを始めとするデジタル機器の普及により、私たちの眼は未だかつてない危機にさらされている。

 

②近視の人は白内障緑内障などの重篤な眼の病気にかかりやすく、それが原因で失明することもある。

とは言え、視力が良いからと言って、眼の病気にならないわけではない。

 

③老眼になった場合は早めに遠近両用眼鏡を使い始めることで、生活の質の低下を遅らせることができる。

 

 

第2章 今すぐできる!「超簡単な目のトレーニング5選」

①私たちは物を「目」という窓を通じて脳によって認識している。

このため「1000円札の透かしトレーニング」によって脳を鍛えることで物がよく見えるようになる。

 

②眼のピントを合わせるための「毛様体筋」を弛緩させるトレーニングとして「毛様体筋トレーニング」や100円ショップの老眼鏡を使う「自宅でできる雲霧法」がある。

 

③有効視野を広げるためのトレーニングや「より目トレーニング」など、電車での通勤中や家事をしながらでもできる一連トレーニングにより目の健康を保つことができる。

 

 

第3章 目の健康を守るための「3つの習慣」

①40度に温めたタオルや手のひらで眼を温めることで眼精疲労が軽減されるのみならず、涙の質をあげてドライアイを改善することができる。

 

②姿勢が悪いと眼が悪くなり、眼が悪くなることで物が見えにくくなってさらに姿勢が悪くなるという悪循環に陥ってしまう。

これを断ち切るためにスマホを見るときは猫背にならないよう気をつける。

 

 

③夜スマホを見ることは眼が過剰なブルーライトに曝されることになり、非常に不健康である。

睡眠障害の原因にもなるため、夜寝る前にスマホを見る習慣は避けたい。

 

眼科医だけが 知っている 一生視力を 失わない 50の習慣 (SB新書) | 平松 類を参考

 

 

 

●一生視力を失わない習慣

第一章 目が悪くなる要因  

①、近視と遠視の怖いところ  

②、目が悪くなる三大要因  

③、加齢によって起こる現象

 

第二章、目が良くなる生活習慣

①、風と光で目が傷つく

②、視力を守るスマホの使い方  

③、リモートワークの環境構築法

 

第三章、よく見える目になる食事法  

①、いい油を摂る

②、目に良い水の飲み方

③、ビタミンACE

 

 

第一章:目が悪くなる要因

近視は白内障緑内障に、遠視は閉塞隅角緑内障になるリスクが高くなる。

目が見づらいと感じている人は視野の狭まり・実用視力の低下などを疑うべき。

老眼や白内障緑内障や視野が狭くなる現象は老化現象。

 

 

第二章:目が良くなる生活習慣

目を良くするための生活習慣で一番効果あるのが有酸素運動

風と光の刺激には普段から気をつける。

スマホは寝る前は見ないようにする。

リモートワーク時には適度な休憩と、部屋の照明や湿度調整が大事。

 

 

第三章:よく見える目になる食事法

目の健康に繋がる食事として、ホウレン草などの抗酸化成分を多く含んだ野菜を多く摂ることが大事。

オメガ3脂肪酸を摂取したり、水を一気飲みしないこと、ビタミンA・C・Eを積極的に摂取することも大切。

 

眼科医だけが 知っている 一生視力を 失わない 50の習慣 (SB新書) | 平松 類を参考

 

 

 

 

寝る前のスマホに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

目を守る健康グッズに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

オメガ3脂肪酸に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

目の健康、視力を守るために、今できることは何か?

今後、目を使う頻度は、さらに増えていくでしょう。

目の健康は、デジタル社会が加速する中で、健康の中で、最も気をつけなければならない一つではないでしょうか。

 

一度、悪くなって視力が元通りになることは、簡単ではないでしょう。

しかし、僕は健康なままの目を維持したいです。

 

僕が真っ先に目の健康に関して、やることを紹介します。

コンタクトレンズをつける時間を減らして、目の負担を減らします。

強制的に見えにくい環境を作れば、スマホやパソコンを触る時間が減ります。

近くだけでなく、遠くを見る時間を増やします。

やれることからやって、大切な目、視力を守っていきます。

 

やれることは、取り組んでいきたいです。

目や視力を守ることは、目に良いだけでなく、デジタル断食、情報断食にもつながります。

 

視力は、失ってからでは遅いです。

今回紹介した内容も参考にして、今から目の健康を守る対策をしましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【危険】スマホ•デジタルから「目•視力」を守る•良くする方法をお伝えしました。

 

目•視力について参考になるものがあったので紹介しました。

★目•視力を守る•良くするための方法

眼科医だけが 知っている 一生視力を 失わない 50の習慣 (SB新書) | 平松 類

●超デジタル時代!あなたの目が危ない!

デジタル化が急速に進む中、私たちの利便性と引き換えに私たちの目にかかる負担は否が応にも増大しています。

太古の昔、人類は遠くを見て暮らしていました。

 

ところが文明が発達し、人々は遠くよりも近くを見ることが多くなりました。

さらに、テレビに続いて、パソコンの普及によって、従来はありえなかった光の刺激を大量に、しかも近距離から受けるようになりました。

その中で、目は環境の変化に順応仕切れていません。

なぜ、そう言えるのかというと電子機器の普及と昨今のデジタル化の進行と比例して、近視になる人が世界的に増加しているからです。

近視なんて単に遠くが見えづらいだけなどど侮ってはいけません。

 

近視の人はそうでない人に比べて、白内障緑内障網膜剥離、近視性黄斑症などの病気にかかるリスクが高くなることがわかっています。

つまり、近視は遠くが見えないだけの不具合だけではなく将来的には失明に繋がってしまう疾病を招きかねないという非常に恐ろしいものなのです。

 

 

 

 

●目•視力を守る•良くするための方法

第1章 視力1.0でも失明⁉︎スマホが私たちの脳を破壊する

第2章 今すぐできる!「超簡単な目のトレーニング5選」

第3章 目の健康を守るための「3つの習慣」

 

 

第1章 視力1.0でも失明⁉︎スマホが私たちの脳を破壊する

スマートフォンを始めとするデジタル機器の普及により、私たちの眼は未だかつてない危機にさらされている。

 

②近視の人は白内障緑内障などの重篤な眼の病気にかかりやすく、それが原因で失明することもある。

とは言え、視力が良いからと言って、眼の病気にならないわけではない。

 

③老眼になった場合は早めに遠近両用眼鏡を使い始めることで、生活の質の低下を遅らせることができる。

 

 

第2章 今すぐできる!「超簡単な目のトレーニング5選」

①私たちは物を「目」という窓を通じて脳によって認識している。

このため「1000円札の透かしトレーニング」によって脳を鍛えることで物がよく見えるようになる。

 

②眼のピントを合わせるための「毛様体筋」を弛緩させるトレーニングとして「毛様体筋トレーニング」や100円ショップの老眼鏡を使う「自宅でできる雲霧法」がある。

 

③有効視野を広げるためのトレーニングや「より目トレーニング」など、電車での通勤中や家事をしながらでもできる一連トレーニングにより目の健康を保つことができる。

 

 

第3章 目の健康を守るための「3つの習慣」

①40度に温めたタオルや手のひらで眼を温めることで眼精疲労が軽減されるのみならず、涙の質をあげてドライアイを改善することができる。

 

②姿勢が悪いと眼が悪くなり、眼が悪くなることで物が見えにくくなってさらに姿勢が悪くなるという悪循環に陥ってしまう。

これを断ち切るためにスマホを見るときは猫背にならないよう気をつける。

 

 

③夜スマホを見ることは眼が過剰なブルーライトに曝されることになり、非常に不健康である。

睡眠障害の原因にもなるため、夜寝る前にスマホを見る習慣は避けたい。

 

眼科医だけが 知っている 一生視力を 失わない 50の習慣 (SB新書) | 平松 類を参考

 

 

 

●一生視力を失わない習慣

第一章:目が悪くなる要因

近視は白内障緑内障に、遠視は閉塞隅角緑内障になるリスクが高くなる。

目が見づらいと感じている人は視野の狭まり・実用視力の低下などを疑うべき。

老眼や白内障緑内障や視野が狭くなる現象は老化現象。

 

 

第二章:目が良くなる生活習慣

目を良くするための生活習慣で一番効果あるのが有酸素運動

風と光の刺激には普段から気をつける。

スマホは寝る前は見ないようにする。

リモートワーク時には適度な休憩と、部屋の照明や湿度調整が大事。

 

 

第三章:よく見える目になる食事法

目の健康に繋がる食事として、ホウレン草などの抗酸化成分を多く含んだ野菜を多く摂ることが大事。

オメガ3脂肪酸を摂取したり、水を一気飲みしないこと、ビタミンA・C・Eを積極的に摂取することも大切。

 

眼科医だけが 知っている 一生視力を 失わない 50の習慣 (SB新書) | 平松 類を参考

 

 

 

 

今後、目を使う頻度は、さらに増えていくでしょう。

目の健康は、デジタル社会が加速する中で、健康の中で、最も気をつけなければならない一つではないでしょうか。

 

目や視力を守ることは、目に良いだけでなく、デジタル断食、情報断食にもつながります。

 

 

視力は、失ってからでは遅いです。

今回紹介した内容も参考にして、今から目の健康を守る対策をしましょう。

 

 

少しずつ行動し、目の健康を守っていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

今週のお題「人生変わった瞬間」

 

 

 


スポンサーリンク