お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【防御】ウイルス対策のためのサプリメントの種類•量•オススメ


スポンサーリンク

新型コロナウイルス、インフルエンザの流行が予想されます。

これからの新たな病気が出てくることもあるでしょう。

あなた自身の体を守り、元気で健康で過ごしたい方は、ぜひ参考にして下さい。

今だけでなく、一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

ウイルス•感染症対策とサプリメント

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わるウイルス•感染症対策についてお伝えします。

 

 

あなたは、ウイルス対策していますか?

 

 

新型コロナウイルス対策を始めとする感染症対策として、マスク、手洗い•うがい、手指消毒をしているよって方はいるでしょう。

それだけでなく、日々の生活の中で、栄養のあるもの食べる、運動する、質の良い睡眠をとるなど取り組んでいる方もいるでしょう。

 

それ以外に感染症対策として、できるものはないのでしょうか。

サプリメントで、ウイルス対策ができると知りました。

その内容を紹介します。

 

 

 

 

 

 

ウイルス対策のサプリと量

ウイルスとサプリについて、参考になるものがあったので紹介します。

 

ウイルス対策のサプリと量

ウイルス対策としてのサプリメント推奨量

 

国際オーソモレキュラー医学会のウイルス対策

  オーソモレキュラーニュースサービスならびに国際オーソモレキュラー医学会の医師たちが、ウイルス感染の予防や症状緩和のための栄養療法を発信しています。

 

・ビタミンC:3000mg/日(またはそれ以上。分けて服用すること)

・ビタミンD3:2000IU/日(1日5000IUで開始、2週間後から2000IUに減量。5000IUは125μg、2000IUは50μgに相当)

マグネシウム:400mg/日(クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウムマグネシウムキレート、または塩化マグネシウムとして)

亜鉛:20mg/日

・セレン:100mcg/日(大人に対する推奨量。子どもに対しては体重によって服用量を調整)

 

  このようにビタミンDマグネシウム亜鉛、セレンをビタミンCと同時に摂取することで、ウイルスに対する免疫機能を強化することが示されています。

 海外での状況や成果、分子栄養学の理論と実践を踏まえて、私のウイルス感染症対策をまとめます。

 

<ウイルス感染予防・1日量>

・断糖して、ウイルスの「エサ」を経つ

プロテイン:規定量20g(60cc)×2回

・ビタミンC:腸耐性用量(6~30g)

・セレン:1か月目は400mcg、その後200mcg。

・NAC(N-アセチルシステイン):1000~2000mg(抗酸化作用を示すアミノ酸のひとつ、グルタチオンの前駆体)。

・その他にビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、亜鉛、20~30mg。マグネシウムなど)

 

 

 NAC(N−アセチルシステイン)はグルタチオンの前駆体ですが、グルタチオンは免疫細胞を守り、直接的な抗ウイルス作用も期待できます。

また免疫系内のバランスを調整する上でも極めて重要です。

 ミネラル類では、セレン、マグネシウム亜鉛をビタミンCと同時に摂取することで、ウイルスに対する免疫機能を強化することができます。

 もしも感染してしまった場合は、次の対策が効果的でしょう。

 

ウイルス感染初期・1日量

プロテイン量を予防時の倍に増量

・ビタミンA:10万IU(2日間限定)※妊婦は1万IUまで

・ビタミンC:30分ごとに5g、お腹がゆるくなれば半分のペースに落とす

・NAC(N−アセチルシステイン):4000g〜6000mg

 

自宅療養の場合、点滴はできないかもしれませんが、可能であればB+C+グルタチオン点滴が有効です。

 

・ビタミンB+ビタミンC+グルタチオン点滴:B(B1、B3、B6は100mg)+C(30g)+グルタチオン(1800mg)

 

このビタミンB+ビタミンC+グルタチオン点滴は自費診療となり、所要時間は1時間半。

この点滴は抵ウイルス作用、抗炎症作用、解毒作用、血栓リスクの低下など、人体がウイルス及びウイルスがもたらす症状と闘う力を底上げします。

 

 お金をかけないアンチエイジング! 若さを保つ栄養メソッド [ 藤川徳美 ]を参考

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイルス対策のサプリで健康で最高の体調を手に入れる!

これらのサプリメントを飲んでいるからと言って、完全にウイルスを防御できるものではないでしょう。

食事、運動、睡眠と言った生活習慣の影響や、個人差もあるはずです。

しかし、何も対策しないよりかは、確実に良いでしょう。

 

では具体的にどうサプリでウイルス対策をしていくのが良いのでしょうか。

サプリを全く飲んでいない方が、いきなり今回紹介したサプリメントを一気に飲むのはオススメしません。

全くサプメントを飲んでいない人は、少しずつサプリを摂り始めるのをオススメします。

 

 

初めてのサプリ、初心者のサプリに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

僕は、ウイルス対策サプリメントの内容を知って、NACのサプリを新たに追加しました。

 

 

しかし、こんなにサプリメントを摂って大丈夫でしょうか?

 

 

僕は、サプリの種類に関しては、一旦これくらいでいいかなと考えています。

もちろん、量の調整はしますし、必要あれば新たに追加するでしょう。

ウイルス対策ができるということは、免疫力が高まった状態を作ることができるということです。

 

 

現在、僕が飲んでいるサプリは、ウイルス対策としてのサプリが中心です。

もちろんサプリだけのおかげではありませんが、体調はバッチリです。

サプリ自体の効果もありますが、これだけ対策している、これだけ栄養に気を使っているという不安感への対策をしていることも、体調に良い影響を与えているのではないかと考えています。

 

僕は新型コロナウイルス、インフルエンザなどに対して、サプリで対策します。

サプリだけでなく、日々の食事の改善、生活習慣の改善も同時に取り組んでいきます。

 

あなたもサプリを使ってウイルス対策しつつ免疫力を高め、健康で最高の体調を手に入れてみてはいかがでしょうか。

サプリをきっかけに健康になる、一つの方法としてはありです(^ ^)

 

サプリを買うならこちらのサイトもオススメです。

僕はこちらからNACを買いました。

 

●サプリ購入はこちらからもできます。

iherb.co

iHerb.com - ビタミン・サプリメント & 天然健康製品

 

紹介コード

IPQ3765

で割引き購入が受けられます。

 

 

●インターネットショッピングでサプリを買う

Amazon.co.jp: サプリ

楽天市場:サプリ

Yahoo!ショッピング:サプリ

 

 

サプリ以外で健康になりたい方は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【防御】ウイルス対策のためのサプリメントの種類•量•オススメをお伝えしました。

 

サプリメントで、ウイルス対策ができると知りました。

ウイルスとサプリについて、参考になるものがあったので紹介しました。

 

ウイルス対策のサプリと量

ウイルス対策としてのサプリメント推奨量

 

国際オーソモレキュラー医学会のウイルス対策

  オーソモレキュラーニュースサービスならびに国際オーソモレキュラー医学会の医師たちが、ウイルス感染の予防や症状緩和のための栄養療法を発信しています。

 

・ビタミンC:3000mg/日(またはそれ以上。分けて服用すること)

・ビタミンD3:2000IU/日(1日5000IUで開始、2週間後から2000IUに減量。5000IUは125μg、2000IUは50μgに相当)

マグネシウム:400mg/日(クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウムマグネシウムキレート、または塩化マグネシウムとして)

亜鉛:20mg/日

・セレン:100mcg/日(大人に対する推奨量。子どもに対しては体重によって服用量を調整)

 

  このようにビタミンDマグネシウム亜鉛、セレンをビタミンCと同時に摂取することで、ウイルスに対する免疫機能を強化することが示されています。

 海外での状況や成果、分子栄養学の理論と実践を踏まえて、私のウイルス感染症対策をまとめます。

 

<ウイルス感染予防・1日量>

・断糖して、ウイルスの「エサ」を経つ

プロテイン:規定量20g(60cc)×2回

・ビタミンC:腸耐性用量(6~30g)

・セレン:1か月目は400mcg、その後200mcg。

・NAC(N-アセチルシステイン):1000~2000mg(抗酸化作用を示すアミノ酸のひとつ、グルタチオンの前駆体)。

・その他にビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、亜鉛、20~30mg。マグネシウムなど)

 

 

 NAC(N−アセチルシステイン)はグルタチオンの前駆体ですが、グルタチオンは免疫細胞を守り、直接的な抗ウイルス作用も期待できます。

また免疫系内のバランスを調整する上でも極めて重要です。

 ミネラル類では、セレン、マグネシウム亜鉛をビタミンCと同時に摂取することで、ウイルスに対する免疫機能を強化することができます。

 もしも感染してしまった場合は、次の対策が効果的でしょう。

 

ウイルス感染初期・1日量

プロテイン量を予防時の倍に増量

・ビタミンA:10万IU(2日間限定)※妊婦は1万IUまで

・ビタミンC:30分ごとに5g、お腹がゆるくなれば半分のペースに落とす

・NAC(N−アセチルシステイン):4000g〜6000mg

 

自宅療養の場合、点滴はできないかもしれませんが、可能であればB+C+グルタチオン点滴が有効です。

 

・ビタミンB+ビタミンC+グルタチオン点滴:B(B1、B3、B6は100mg)+C(30g)+グルタチオン(1800mg)

 

このビタミンB+ビタミンC+グルタチオン点滴は自費診療となり、所要時間は1時間半。

この点滴は抵ウイルス作用、抗炎症作用、解毒作用、血栓リスクの低下など、人体がウイルス及びウイルスがもたらす症状と闘う力を底上げします。

 

 

お金をかけないアンチエイジング

 

 

これらのサプリメントを飲んでいるからと言って、完全にウイルスを防御できるものではないでしょう。

食事、運動、睡眠と言った生活習慣の影響や、個人差もあるはずです。

しかし、何も対策しないよりかは、確実に良いでしょう。

 

 

あなたもサプリを使ってウイルス対策しつつ免疫力を高め、健康で最高の体調を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

サプリを買うならこちらのサイトもオススメです。

僕はこちらからNACを買いました。

 

●サプリ購入はこちらからもできます。

iherb.co

iHerb.com - ビタミン・サプリメント & 天然健康製品

 

紹介コード

IPQ3765

で割引き購入が受けられます。

 

 

●インターネットショッピングでサプリを買う

Amazon.co.jp: サプリ

楽天市場:サプリ

Yahoo!ショッピング:サプリ

 

 

少しずつ行動し、ウイルス対策していきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

今週のお題「カバンの中身」


スポンサーリンク