お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

デスクワークが目に与える影響と5つの対策「ブルーライトカットメガネ」


スポンサーリンク

目の健康被害を知っていますか?

目を守る対策をしていますか?

医療従事者が健康のために実際にやっている方法です。

一生使える内容をお伝えします。

よろしくお願いします。

 

 

 

目次

 

 

 

 

スマホタブレット、パソコンを見る時間が増えている

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関わる目についてお伝えします。

 

インターネットの普及もあり、テレビだけでなく、スマホタブレット、パソコン、液晶モニターを見る時間が増えてきました。

 

さらに最近は、テレワーク・在宅ワーク・リモートワークがといったデスクワークが増えたことにより、液晶画面を見る時間が増えています。

新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が多くなり、デジタルデバイスを見る時間がさらに増えた方も多いでしょう。

 

今回はデスクワークが目に与える影響とその対策をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

ブルーライトが眼に与える影響

デジタルデバイスは便利な反面、健康への悪影響があります。

 

現代人は知らず知らずのうちに、スマートフォンやパソコンなどの様々なデジタルデバイスから、身体への影響が懸念されるブルーライトを浴びています。

 

ブルーライトが私たちの眼に及ぼす影響

日常的に浴びる光の中でもブルーライトは紫外線級に強い光。

身体への影響が懸念されます。

ブルーライトとはパソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイから発せられる強力な青色光のことを指します。
紫外線と波長が近い 380〜500 ナノメートルの光で、可視光線※の中でも非常にエネルギーが高く、網膜にまで到達するほど。

 

5年間で2時間39分も。

1日の間にブルーライトを発するメディアと接触する時間が増えています。

パソコンだけでなくスマートフォンやテレビ、LED電球の灯りからも発せられるブルーライトにかこまれて生活を送る現代人。
デジタルデバイスの普及によって、私たちが1日の間にテレビやスマートフォンをはじめとするブルーライトを発するメディアに接触する時間は直近5年間で2時間39分も増加しました※。
私たちがブルーライトと向き合う時間は確実に、そして急激に増えているといえます。

 

大人の眼や身体にも影響を及ぶすブルーライト

当然子どもたちへの負担は大人以上です。

成長過程にある子どもの眼の水晶体は透明でにごりがないため、大人の眼以上にブルーライトの影響を受けやすいと考えられます。

大人だけでなく子どもも知らず知らずのうちに眼や身体に影響を受けているかもしれません。

スマートフォンやゲームの画面に無防備にさらされる子どもの眼を守るために、子どものうちからブルーライト対策をおこなうことをおすすめします。

 

JINS SCREEN ブルーライトが眼に及ぼす影響 | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)より

 

 

 

デスクワークによる目の健康被害から体を守る方法

僕は子供の頃から視力低下があったことにより、特に目には気を使っています。

現在、僕の目・視力は、健康・体の中で最も気にかけているところです。

最近は、ブログを書くようになって、さらにパソコンを見る時間が増えてきました。

 

今は何も影響はなくても、今後体に深刻な影響を与えるかもしれません。

事前に対策をしておきましょう。

 

 

医療従事者である僕の目の健康被害から体を守る対策をお伝えします。

 

●目の健康被害から体を守る5つの対策

ブルーライトカットメガネをかける

・50分に1回程度は休憩して、画面を見ない

・パソコンを見るときは、画面から目を離す(姿勢)

スマホ・パソコンのNight Shift(ナイトシフト)を使う

・寝る直前は、テレビ・スマホなどを見ない

 

 

ブルーライトカットメガネをかける

僕は家でパソコンを使うときにブルーライトcutメガネをかけています。

僕が使っているブルーライトcutメガネはの物です。

JINSブルーライトcutメガネを5年以上は使っていますが、特に大きな問題なく使えています。

掛け心地もよく、デザインも良くオススメです。

 

 

JINS SCREENは、手軽にブルーライト対策ができるブルーライトカットメガネです。
普段の生活のなか、長時間のパソコン作業、それぞれのシーンに合わせた自分にぴったりのメガネを選んで対策をとりましょう。

ブルーライトカット率の高いレンズを搭載。

パソコンやスマートフォンを長時間使用する方に。

 

 

 

●僕が使っているJINSブルーライトカットメガネはこちら

JINS楽天市場店

  

 

 ●インターネットショッピングでブルーライトcutメガネを探す

Amazon.co.jp: ブルーライトカットメガネ

楽天市場:ブルーライトカットpcメガネ

yahoo!ショッピング:ブルーライトカットメガネ

 

  

・50分に1回程度は休憩して、画面を見ない

長時間画面を見続けないようにしています。

目を守るだけじゃなく、集中力を維持するために、運動不足にならないためにも必ず休憩を入れるようにしています。

 

 

休憩と集中力に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・パソコンを見るときは、画面から目を離す(姿勢)

画面から近いほど、ブルーライトの影響を受けます。

適度な距離を保っています。

 

 

デスクワークをするときの姿勢については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

スマホ・パソコンのNight Shift(ナイトシフト)を使う

夜間にiPhoneMacを使うときに、目が疲れないようにブルーライトを軽減してくれる機能です。

 

 

・寝る直前は、テレビ・スマホなどを見ない

目を守るためだけじゃなく、睡眠の質を落とさないために取り組んでいます。

 

 

目は一生使っていくものです。

大事にしていきたいですよね。

しかし、スマホタブレット・パソコンなどのデジタルデバイスを一切使わないという生活は、なかなか難しいでしょう。

便利さと、健康の両立を目指しましょう。

 

 

 

 

まとめ

今回はデスクワークが目に与える影響と5つの対策「ブルーライトカットメガネ」をお伝えしました。

 

インターネットの普及もあり、テレビだけでなく、スマホタブレット、パソコン、液晶モニターを見る時間が増えてきました。

 

さらに最近は、テレワーク・在宅ワーク・リモートワークがといったデスクワークが増えたことにより、液晶画面を見る時間が増えています。

新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が多くなり、デジタルデバイスを見る時間がさらに増えた方も多いでしょう。

 

 

しかし、デジタルデバイスは便利な反面、健康への悪影響があります。

 

現代人は知らず知らずのうちに、スマートフォンやパソコンなどの様々なデジタルデバイスから、身体への影響が懸念されるブルーライトを浴びています。

ブルーライトが私たちの目に健康被害を与えます。

 

医療従事者である僕の目の健康被害から体を守る対策をお伝えしました。

 

●目の健康被害から体を守る5つの対策

ブルーライトカットメガネをかける

・50分に1回程度は休憩して、画面を見ない

・パソコンを見るときは、画面から目を離す(姿勢)

スマホ・パソコンのNight Shift(ナイトシフト)を使う

・寝る直前は、テレビ・スマホなどを見ない

 

 

僕は家でパソコンを使うときにブルーライトcutメガネをかけています。

僕が使っているブルーライトcutメガネはJINSの物です。

 

JINS SCREENは、手軽にブルーライト対策ができるブルーライトカットメガネです。
普段の生活のなか、長時間のパソコン作業、それぞれのシーンに合わせた自分にぴったりのメガネを選んで対策をとりましょう。

ブルーライトカット率の高いレンズを搭載。

パソコンやスマートフォンを長時間使用する方に。

 

 

 

●僕が使っているJINSブルーライトカットメガネはこちら

JINS楽天市場店

  

 

 ●インターネットショッピングでブルーライトcutメガネを探す

Amazon.co.jp: ブルーライトカットメガネ

楽天市場:ブルーライトカットpcメガネ

yahoo!ショッピング:ブルーライトカットメガネ

 

 

目は一生使っていくものです。

大事にしていきたいですよね。

しかし、スマホタブレット・パソコンなどのデジタルデバイスを一切使わないという生活は、なかなか難しいでしょう。

便利さと、健康の両立を目指しましょう。

 

 

少しずつ行動し、健康を守りましょう。

継続すれば、健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com


  

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク