お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【恐怖】電磁波•デジタル毒が体に与える影響と対策


スポンサーリンク

進むデジタル社会、便利なデジタル社会、しかしメリットだけではありません。便利さにはデメリットもあります。

避けては通れないデジタル社会に、必ず知っておきたい内容です。

これからの時代に一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康と電磁波

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる電磁波についてお伝えします。

 

 

あなたは、次のような症状がありませんか?

 

 

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 皮膚のトラブル
  • 静電気持ち
  • 脚のムズムズ
  • 不眠
  • 気分の変動
  • イライラ
  • 目の疲れ
  • かすみ目
  • 目ヤニ
  • 関節痛や鼻血
  • 筋力や記憶力の低下
  • 慢性的な疲労
  • 自律神経の乱れ
  • 不妊
  • 多動や落ち着きのなさ

 

 

デジタル毒の可能性があります。

電磁波?デジタル毒?いったい何のことでしょうか?

体に与える影響と対策を紹介します。

 

 

 

 

 

 

電磁波が体に与える影響と対策

電磁波が体に与える影響と対策で、参考になるものがあったので紹介します。

 

●電磁波が体に与える影響と対策

①安全基準の約10倍!?世界はデジタル毒であふれている

ポイント1

2000年代後半以降、社会のデジタル化が進むことで都市部の電磁波の量は増え続け、2009年には人体にとって安全とされる基準を遥かに超えた。

5Gが普及しつつある現在では、デジタル毒の増加は更に加速している。

 

 

ポイント2

原因のよくわからない頭痛、肩こり、自律神経の乱れ、皮膚のトラブル、気分障害、慢性的な疲労などの症状は、デジタル機器が発する電磁波が原因である可能性がある。

 

 

ポイント3

現在、様々な国で電磁波の曝露量制限のための環境規制が行われている一方、日本ではそのような法的基準がなく、自分の身は自分で守らなければならない。

 

 

②電磁波が人体に及ぼす悪影響の全て

ポイント1

人間の体内には生体電気や生体磁気が存在し、それらが電磁波の影響を受けることで様々な悪影響が生じる。

 

 

ポイント2

人間に悪影響を及ぼす電磁波には、静電気やブルーライト、家電製品が発する低周波、4Gに代表される高周波などがある。

 

 

ポイント3

有害な電磁波によって引き起こされる症状として、副腎皮質ホルモンの上昇による糖尿病や、性ホルモン異常による不妊生殖器異常、アレルギー、様々な神経疾患、がんなどがある。

 

 

③デジタル毒から身を守る3つの方法

ポイント1

デジタル毒から身を守るためには、まず自宅の見取り図を描き、どこからデジタル毒が出ているか把握した上で、曝露量そのものを減らすことが大切である。

 

 

ポイント2

日常的に暴露することで体内に帯電したデジタル毒を排出するために、電子機器を使わない日を作って「デジタルデトックス」をするのが効果的である。

 

 

ポイント3

手軽にデジタル毒を放電する方法として、裸足で土を踏む「アーシング」や観葉植物を用いた「エアアーシング」がある

 

 

スマホ社会が生み出す有害電磁波デジタル毒 医者が教える健康リスクと超回復法 | 内山葉子を参考

 

 

 

 

 

 

 

 

電磁波対策で健康になるために取り組んだ6つのこと

デジタルは便利なので、ついつい使ってしまいますよね。

しかし、メリットだけでなく、デメリットにも目をむけないといけません。

デジタル時代だからこそ、積極的にデジタルデトックスしなければなりません。

僕は、住んでいる家の配置や、自分が使っているものを再度見直します。

 

 

インターネットから離れることは、電磁波だけでなく、情報の断捨離にもなります。

情報がたくさん入ってくると、頭は休まりません。

電磁波対策だけでなく、情報過多対策も進めても良いでしょう。

 

 

電磁波対策、デジタルデトックスして、健康になっていきましょう。

 

僕が電磁波対策で健康になるために取り組んだことを紹介します。

 

●電磁波対策で健康になるために取り組んだ6つのこと

 

 

  • ポケットにスマホを入れる頻度を減らす

ポケットにも入る便利なスマホですが、体に近いところにおかず、カバンに入れるようにして、体に触れる頻度を減らしています。

 

 

  • スマホの通話はスピーカーを使う

電磁波対策のために、通話時はスマホのスピーカーを使っています。

 

 

スマホを持ち歩く頻度を減らしました。

スマホを忘れてきても、神経質にならず、まぁいいやとスマホなしで過ごしています。

 

 

  • スマートウォッチを必要時以外は外す

僕は、健康管理にもなる便利なスマートウォッチを、風呂と就寝時以外は、ずっとつけていました。

必要時以外は、外すようにしました。

 

 

スマホタブレットを、機内モードにすることで、電磁波の量を減らしています。

 

 

  • Wi-Fiを使わずに過ごす

家の寝室のエアコンが壊れたので、寝室の場所を変えました。

たまたまWi-Fiが届かないところでした。

Wi-Fiが届かないので、スマホタブレットを使わず、他のことをして過ごしています。

 

 

デジタル社会は、どんどん進んでいきます。

電磁波対策は、積極的にしなければ、減るどころか増える一方でしょう。

あなたのできるところから、取り組んでいきましょう。

 

僕は、電磁波対策、電磁波と上手に付き合って、健康な体を手に入れます。

 

 

電磁波対策には

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとオススメです。

 

 

普段触れることが多いスマホ•パソコンと健康については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

スマホと姿勢については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【恐怖】電磁波•デジタル毒が体に与える影響と対策をお伝えしました。

 

電磁波が体に与える影響と対策で、参考になるものがあったので紹介しました。

●電磁波が体に与える影響と対策

①安全基準の約10倍!?世界はデジタル毒であふれている

ポイント1

2000年代後半以降、社会のデジタル化が進むことで都市部の電磁波の量は増え続け、2009年には人体にとって安全とされる基準を遥かに超えた。

5Gが普及しつつある現在では、デジタル毒の増加は更に加速している。

 

 

ポイント2

原因のよくわからない頭痛、肩こり、自律神経の乱れ、皮膚のトラブル、気分障害、慢性的な疲労などの症状は、デジタル機器が発する電磁波が原因である可能性がある。

 

 

ポイント3

現在、様々な国で電磁波の曝露量制限のための環境規制が行われている一方、日本ではそのような法的基準がなく、自分の身は自分で守らなければならない。

 

 

②電磁波が人体に及ぼす悪影響の全て

ポイント1

人間の体内には生体電気や生体磁気が存在し、それらが電磁波の影響を受けることで様々な悪影響が生じる。

 

 

ポイント2

人間に悪影響を及ぼす電磁波には、静電気やブルーライト、家電製品が発する低周波、4Gに代表される高周波などがある。

 

 

ポイント3

有害な電磁波によって引き起こされる症状として、副腎皮質ホルモンの上昇による糖尿病や、性ホルモン異常による不妊生殖器異常、アレルギー、様々な神経疾患、がんなどがある。

 

 

③デジタル毒から身を守る3つの方法

ポイント1

デジタル毒から身を守るためには、まず自宅の見取り図を描き、どこからデジタル毒が出ているか把握した上で、曝露量そのものを減らすことが大切である。

 

 

ポイント2

日常的に暴露することで体内に帯電したデジタル毒を排出するために、電子機器を使わない日を作って「デジタルデトックス」をするのが効果的である。

 

 

ポイント3

手軽にデジタル毒を放電する方法として、裸足で土を踏む「アーシング」や観葉植物を用いた「エアアーシング」がある

 

 

スマホ社会が生み出す有害電磁波デジタル毒 医者が教える健康リスクと超回復法 | 内山葉子を参考

 

 

 

 

僕が電磁波対策で健康になるために取り組んだことを紹介しました。

 

●電磁波対策で健康になるために取り組んだ6つのこと

 

 

デジタル社会は、どんどん進んでいきます。

電磁波対策は、積極的にしなければ、減るどころか増える一方でしょう。

あなたのできるところから、取り組んでいきましょう。

 

 

少しずつ行動し、電磁波対策していきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「わたしは○○ナー」


スポンサーリンク