お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【疲労回復】ぐっすり寝るための10の方法と実践


スポンサーリンク

よく寝たい!

元気になりたい!

人生の質を上げたい!

そんな方にオススメの内容を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

質の良い睡眠を取れていますか?

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、睡眠についてお伝えします。

 

あなたは、質の良い睡眠を取れていますか?

 

人間は人生の1/3の時間は寝ています。

睡眠を制するものは、人生を制すると言っても過言ではありません。

毎日の睡眠でぐっすり寝ることができれば、疲労回復し、毎日が充実したものになります。

日中の活動の質が上がり、人生が充実したものになります。

 

 

睡眠の効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ぐっすり寝れているよって方でも、実は睡眠の質が悪いかもしれません。

睡眠の質が良いか悪いかは、あなた自身しかわかりません。

ぜひ最後までお読みください。

 

 

 

 

 

 

疲労回復】ぐっすり寝るための10の方法

ぐっすり眠るために、爆睡するために参考になるものがあったので紹介します。

疲労回復したい方は、ぜひ実践して下さい。

 

●ぐっすり寝るための10のアドバイス

①いつも同じ時間に寝て、同じ時間に起きる

②夜寝る前に運動してはいけない

③カフェインとニコチンを摂取しない

④寝る前にアルコールを摂取しない

⑤夜の遅い時間に大量の飲食をしない

⑥午後3時を過ぎたら昼寝をしない

⑦寝る前にリラックスする

⑧寝る前にお風呂につかる

⑨寝室を暗く、涼しくし、寝室にデジタル機器を持ち込まない

⑩日中に太陽に光を浴びる

 

睡眠こそ最策であるより

 

 

 

 

 

 

 

 

爆睡するために夏の寝室をエアコンで涼しくする!

急に暑くなった夏の夜、寝起きがめちゃくちゃ悪い日がありました(^^;;

そこで自分の睡眠について、改めて見直してみることにしました。

どうやら、室温が高過ぎるようです。

寝室の環境について、詳しく見ていきましょう。

 

⑨寝室を暗く、涼しくし、寝室にデジタル機器を持ち込まない

睡眠の妨げになるもの

  • 明るい光
  • 寝心地の悪い寝具
  • 暖かすぎる室温

 

室温は少し寒いくらい、理想的な室温は摂氏18.3度がよく眠れるとわかっています。

テレビ、携帯電話、スマートフォン、パソコンも睡眠のじゃまです。

寝心地のいい寝具と枕は、安眠を促進してくれるでしょう。

不眠症の人は、よく時計をじっと見て、ますます眠れなくなります。

文字盤や数字が見えないようにすると良いです。

 

睡眠こそ最策であるより

 

 

 

ってことで、夏の暑い夜は、エアコンをつけて涼しい環境で、寝ることにしました。

さすがに、いきなり摂氏18.3度は、僕は寒すぎるので無理です。

 

エアコンをつけて寝てみて、効果はどうだったのでしょうか?

当たり前かもしれませんが、めっちゃ眠れて、疲労回復しました(^ ^)

 

田舎でいくら涼しいからと言って、よくエアコンなしで、扇風機で寝ていたなって思っています(^^;;

生活の効率が悪過ぎます。

夏の夜は、エアコンは、必須ですね

 

よくエアコンが体に合わない人って言いますが、おそらくそんな人はいないと感じました。

人間暑さには勝てないです(^^;;

エアコンの設定温度を見直す、エアコンの掃除をするなど、エアコンとあなた自身の睡眠に入る環境を見直すと良いでしょう。

 

 

エアコンについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

今回紹介したぐっすり眠れる10の方法を、まずは一つでも取り入れてみましょう。

快適に寝れて、疲労回復し、人生の質が大きく変わるでしょう。

 

 

  

●インターネットショッピングでエアコンを見る

Amazon:エアコン

楽天市場:エアコン

ヤフーショッピング:エアコン

 

 

●インターネットで空調・季節家電を探す

Amazon.co.jp: 空調・季節家電

楽天市場:季節・空調家電

Yahoo!ショッピング:季節・空調家電

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【疲労回復】ぐっすり寝るための10の方法と実践をお伝えしました。

 

ぐっすり眠るために、爆睡するために参考になるものがあったので紹介しました。

疲労回復したい方は、ぜひ実践して下さい。

 

●ぐっすり寝るための10のアドバイス

①いつも同じ時間に寝て、同じ時間に起きる

②夜寝る前に運動してはいけない

③カフェインとニコチンを摂取しない

④寝る前にアルコールを摂取しない

⑤夜の遅い時間に大量の飲食をしない

⑥午後3時を過ぎたら昼寝をしない

⑦寝る前にリラックスする

⑧寝る前にお風呂につかる

⑨寝室を暗く、涼しくし、寝室にデジタル機器を持ち込まない

⑩日中に太陽に光を浴びる

 

睡眠こそ最策であるより

 

 

 

 

寝室の環境について、詳しく見ていきました。

⑨寝室を暗く、涼しくし、寝室にデジタル機器を持ち込まない

睡眠の妨げになるもの

  • 明るい光
  • 寝心地の悪い寝具
  • 暖かすぎる室温

 

室温は少し寒いくらい、理想的な室温は摂氏18.3度がよく眠れるとわかっています。

テレビ、携帯電話、スマートフォン、パソコンも睡眠のじゃまです。

寝心地のいい寝具と枕は、安眠を促進してくれるでしょう。

不眠症の人は、よく時計をじっと見て、ますます眠れなくなります。

文字盤や数字が見えないようにすると良いです。

 

睡眠こそ最策であるより

 

 

 

 

今回紹介したぐっすり眠れる10の方法を、まずは一つでも取り入れてみましょう。

快適に寝れて、疲労回復し、人生の質が大きく変わるでしょう。

 

 

●インターネットショッピングでエアコンを見る

Amazon:エアコン

楽天市場:エアコン

ヤフーショッピング:エアコン

 

 

●インターネットで空調・季節家電を探す

Amazon.co.jp: 空調・季節家電

楽天市場:季節・空調家電

Yahoo!ショッピング:季節・空調家電

 

 

少しずつ行動し、快適な睡眠をしていきましょう。

継続すれば、確実に疲労回復できます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「最近あった3つのいいこと」

今週のお題「二軍のTシャツ」


スポンサーリンク