お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【サプリ】ビタミンBの効果で日本人の不調を治す方法


スポンサーリンク

体に不調がある!

もっと元気になりたい!

日本人なら絶対に知っておきたい内容です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康に関わる栄養素「ビタミンB」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる栄養素「ビタミンB」についてお伝えします。

 

 

あなたはビタミンBの効果を知っていますか?

 

 

日本人の方のほとんどが、ビタミンB不足です。

その理由もお伝えします。

 

 

 

 

 

 

ビタミンBの効果と必要量

ビタミンBの効果と必要量についてお伝えします。

 

●ビタミンBとは?

生物のすべての細胞に存在するミトコンドリアは、エネルギーをつくる細胞小器官です。

ビタミンB群は、このミトコンドリアで働いている栄養素です。

ビタミンB群は体を動かすためのエネルギーづくりはもちろん、すべての代謝にとって重要な働きをしています。

 

  ビタミンB群の種類はビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン(B3)、パントテン酸(B5)、ビオチン、ビタミンB12葉酸などがあります。

これら単体でというより、互いに助け合いながら働くことから、B50コンプレックス(複合体)のサプリメントを使用します。

 

  ビタミンB群もビタミンCと同様に、食事から摂取できるといわれますが、実は潜在的な欠乏症を抱える人がたくさんいます。

 

 脚気ビタミンB1欠乏症のひとつであることは有名ですが、体内にはビタミンB群を必要とする場面がたくさんあります。

それは、がんの予防から頭の働きまで及びます。

がんの予防はB1、B2、B3などが重要ですし、脳細胞の活動のためにはB1、B2、B6、B12と、ビタミンB群が総動員されます。

 

  三石先生いわく「俗に頭の良い人というのがいますが、これは、たまたまビタミンB群(そしてビタミンC)が少量で足りるように生まれついた人のことだと、私は考えます」とのことです。

 

  そこで、大量投与が重要な意味を持ってきます。

ビタミンB群が足りないと、まずエネルギーをつくるのに苦労します。

生体のエネルギーは、手足を動かすためだけに必要なのではありません。

心臓を動かす、神経を働かせるといったすべての代謝に、エネルギーはなくてはならないものなのです。

 

 もしビタミンB1が足りなくても、エネルギーをつくらないわけにはいかないので、そういう場合はビタミンB1なしでやってしまいます。

すると、原料の消費量は同じでも、エネルギーの生産量は1/10に落ちてしまいます。

 

  しかも、ビタミンB1があれば最終生産物は水と二酸化炭素なのですが、B1がないと、最終生産物は乳酸となります。乳酸はコリや筋肉疲労のもとになるのです。

 

 

●健康維持にはBコンプレックスを1日2回

ビタミンB群はいろいろあってわかりにくい……。

そう思われたかもしれません。

でも大丈夫、これらのB群をまとめて摂るビタミンB50コンプレックスがあります。

B50コンプレックスを1日2回服用することは(朝夕に1錠ずつなど)、病気にならない体づくりのために非常に重要です。

 

  B群は水溶性ビタミンなので体内に蓄積できません。

ですから、頻回投与が必要になります(脂溶性であるベンフォチアミンのみ体内に蓄積できます)。

 

  B50コンプレックスで尿が黄色になるのはB2の働きによるもので、異常ではありません。

B群が満たされているサインと捉えてください。

健康診断などの尿検査の際に気になる方は、前日の夜のみ、Bの錠剤を控えてもいいでしょう。

 

  またB50を夜遅い時間に飲むと、不眠になることがあります。

その際の対策として、夕方はできるだけB50を早い時間に飲むようにしてください。

 

  B1を最も多く含む食材は豚ヒレ肉で、100gで約1mg含まれています。

B1を100mg摂取するためには、豚ヒレ肉を毎日10kg食べないといけないことになります。

どう考えてもB50コンプレックスを1日2~3錠服用するのが合理的でしょう。

 

  B群のサプリメントにはB75、B100などがありますが、これらは含有量の違いです。

含有量の多いB100を1日1回飲むより、B50を2~3回飲む方が、体の中で一定のビタミンB濃度を保てます。

激しい運動をしてBを大量に消費しない限り、B50で問題ありません。

  

  ヘレン・ソウルはB50コンプレックスを1日2回服用することは、健康維持のために非常に重要だと記しています。

 

<ビタミンB群の1日必要量>

ビタミンB1 50~100mg

ビタミンB2 50~100mg

・ビタミンB3 300~600mg

ビタミンB5 100~200mg

・ビタミンB6 50~100mg

葉酸 400~800mcg

ビタミンB12 1000~2000mcg

・ビオチン 30~300mcg

・コリン 500mg

 ※Now Foodsのレシチン1200mgを3錠摂れば、コリン500mgに相当

 

 

メガビタミン健康法より

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンBを摂り始めて変わったこと

僕がビタミンBを摂り始めて変わったことを紹介します。

僕はビタミンB補給のために、Now Foodsのサプリメント「ビタミンB50コンプレックス」を朝、夕に取り始めました。

 

●僕が使っているビタミンBのサプリメントはこちら

 

 

 

ビタミンBを摂り始めてから、尿が黄色くなりました。

欠かさずビタミンBを摂っているので、最近は白い尿は見たことがありません。

ビタミンBの最低量は確保しておきたいので、ビタミンBコンプレックスは飲み続けます。

元々ありませんでしたが、体のコリや筋肉疲労はないです。。

 

 

最後に専門家としての意見を言います。

僕はリハビリ•運動指導の専門家の理学療法士です。

体のコリや筋肉疲労がある方に対して、マッサージすることは多いです。

そんな方にもビタミンB不足の原因になる白米、小麦、砂糖などの精製糖質を減らすこと、ビタミンBのサプリメントを使うことは確実に効果がありそうです。

理学療法士としてのマッサージの仕事がなくなってしまいそうで、あまり大きな声では言いませんが。笑

 

 

●インターネットショッピングでビタミンBコンプレックスを見る

 

 

 

サプリメントについてはmoney-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ビタミンCについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ビタミンDについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【サプリ】ビタミンBの効果で日本人の不調を治す方法をお伝えしました。

 

ビタミンBの効果と必要量についてお伝えしました。

 

●ビタミンBとは?

生物のすべての細胞に存在するミトコンドリアは、エネルギーをつくる細胞小器官です。

ビタミンB群は、このミトコンドリアで働いている栄養素です。

ビタミンB群は体を動かすためのエネルギーづくりはもちろん、すべての代謝にとって重要な働きをしています。

 

  ビタミンB群の種類はビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン(B3)、パントテン酸(B5)、ビオチン、ビタミンB12葉酸などがあります。

 

 

 脚気ビタミンB1欠乏症のひとつであることは有名ですが、体内にはビタミンB群を必要とする場面がたくさんあります。

それは、がんの予防から頭の働きまで及びます。

がんの予防はB1、B2、B3などが重要ですし、脳細胞の活動のためにはB1、B2、B6、B12と、ビタミンB群が総動員されます。

 

 

●健康維持にはBコンプレックスを1日2回

B50コンプレックスを1日2回服用することは(朝夕に1錠ずつなど)、病気にならない体づくりのために非常に重要です。

 

ヘレン・ソウルはB50コンプレックスを1日2回服用することは、健康維持のために非常に重要だと記しています。

 

<ビタミンB群の1日必要量>

ビタミンB1 50~100mg

ビタミンB2 50~100mg

・ビタミンB3 300~600mg

ビタミンB5 100~200mg

・ビタミンB6 50~100mg

葉酸 400~800mcg

ビタミンB12 1000~2000mcg

・ビオチン 30~300mcg

・コリン 500mg

 ※Now Foodsのレシチン1200mgを3錠摂れば、コリン500mgに相当

 

 

●インターネットショッピングでビタミンBコンプレックスを見る

 

 

 

少しずつ行動し、ビタミンBを摂って、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

今週のお題「好きな公園」

 

 

(この行を消して、ここに「お題キーワード」について書いてください)

 


スポンサーリンク