お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【計算】1日に必要な水分摂取量と水分摂取の注意点


スポンサーリンク

健康のために欠かすことのできない水分について紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20220402182353p:plain



 

目次

 

 

 

 

 

 

あなたに必要な水分摂取量

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる水分についてお伝えします。

 

栄養を見直すようになって、栄養だけじゃなく、水分が足りているのかな?って考えるようになりました。

 

今回はあなたに必要な水分摂取量を紹介します。

 

 

 

 

 

 

成人の1日に必要な水分摂取量

あなたに必要な水分摂取量でわかりやすい目安があったので紹介します。

 

●成人の1日に必要な水分摂取量

成人が1日に必要な水分摂取量は、体重1kgあたり50mlと言われています。

例えば、体重が50㎏の方では2.5L、70㎏の方では3.5Lとなります。

水分摂取は、直接口から飲むだけでなく下記の3つの方法で行われています。


①体内で代謝により生成される水分(約0.3~0.5L)
②食事により吸収される水分(約1.0~1.2L)
③直接口から摂取する水分

 

 

f:id:maa100:20220402181545p:plain

 

 

上記のように、代謝により生成される水分と、食事からの水分で、約1.3~1.7Lほどありますので、直接口から摂取しなければならない水分量は、全体の摂取水分量の約半分にあたる約1.0~2.0Lくらい(その方の体重によっても異なります)になります。

 

慢性腎臓病の水分管理 (脱水にも取り過ぎにも注意)|ドクターコラム|腎移植コラム | MediPress腎移植 専門医とつくる腎移植者のための医療情報サイトより

 

 

僕の場合は体重70㎏程度です

上記の情報から、僕が1日に必要な水分摂取量は3.5Lです。

 

直接口から摂取する水分摂取量を計算します。

3.5L×48%=1.68 L

500mlのペットボトル3本は、最低飲む必要あるということです。

もちろん季節による影響はあるでしょう。

朝1本、昼1本、夜1本です。

具体的に数字を出すと、たくさん飲まなければならないのがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

水分摂取の注意点

水分摂取の注意点についても紹介します。

 

●水分摂取の注意点

一方、水分の取り過ぎについてはあまり取り上げられていないかもしれません。摂取水分量(直接口から摂取する水分)の目安としては、季節や気温、乾燥度などに応じて、1.5~3L程度で十分かと思います。

まれに、日常的に4~5Lもの水分を摂取されるという方もいらっしゃいますが、過剰な水分摂取は腎臓に負荷がかかるため、取りすぎもまた注意が必要です。


水分の取り過ぎによって起こる水中毒という病態があり、過剰な水分を処理するために腎臓に負担がかかり、体内の老廃物を処理しきれなくなり、低ナトリウム血症、意識障害を起こすことがあります。

水中毒は強迫観念が関与している場合もあります。

 

尿量の測定は日常生活では困難な場合もあると思いますので、毎日体重測定を行い、体重管理をすることをお勧めします。
急激な体重変化は水分によるものと考えられますので、減少していれば意識的に水分を摂取し、増加している場合は、塩分を控えてください。

塩分摂取過多は水分貯留を招きます。

体重が増加しているからといって、水分だけを控え、口渇に耐えることはむしろ腎機能が悪化することがあります。

塩分と水分は密接な関係にあることを忘れないようにしましょう。

 

慢性腎臓病の水分管理 (脱水にも取り過ぎにも注意)|ドクターコラム|腎移植コラム | MediPress腎移植 専門医とつくる腎移植者のための医療情報サイトより

 

 

栄養を考えるようになってから毎日体重を測っていますが、改めて体重測定の大切さを知りました。

 

 

オススメの水については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

体重計については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

水分補給の効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【計算】1日に必要な水分摂取量と水分摂取の注意点をお伝えしました。

 

あなたに必要な水分摂取量でわかりやすい目安があったので紹介しました。

 

●成人の1日に必要な水分摂取量

成人が1日に必要な水分摂取量は、体重1kgあたり50mlと言われています。

例えば、体重が50㎏の方では2.5L、70㎏の方では3.5Lとなります。

水分摂取は、直接口から飲むだけでなく下記の3つの方法で行われています。


①体内で代謝により生成される水分(約0.3~0.5L)
②食事により吸収される水分(約1.0~1.2L)
③直接口から摂取する水分

 

 

水分摂取の注意点についても紹介しました。

 

●水分摂取の注意点

一方、水分の取り過ぎについてはあまり取り上げられていないかもしれません。摂取水分量(直接口から摂取する水分)の目安としては、季節や気温、乾燥度などに応じて、1.5~3L程度で十分かと思います。

水分の取り過ぎによって起こる水中毒という病態があり、過剰な水分を処理するために腎臓に負担がかかり、体内の老廃物を処理しきれなくなり、低ナトリウム血症、意識障害を起こすことがあります。

 

 

オススメの水については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

体重計については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

水分補給の効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

少しずつ行動し、楽しく水分補給していきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク