お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【保存版】水分補給の6つの効果「お金」と「健康」を守る!


スポンサーリンク

人間が生きていく上で最も必要なものは、水分です。

当たり前のように飲んでいる水、健康への効果はどのようなものがあるのか知っていますか?

一生使える内容をお伝えしています。

ぜひ最後までお読みください。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

水分補給していますか?

こまめに水分を取っていますか?

積極的に水分を取っているつもりでも、実際は足りていないこともあります。

普段から積極的に水分補給をしていきたいですよね。

 

熱中症予防に水分補給が効果的なことは知っているけど、水分補給が体に与える効果って他にないのでしょうか?

 

水分補給について調べ、まとめてみました。

 

 

 

 

水分補給の必要性と、効果

●水は飲まないと、どうなるか?

人の体は食べ物がなくても、水さえあれば1ヶ月近く生きることができます。しかし、水が1滴も飲めないと、2~3日で生命維持は困難となります。

体から水分が1%の損失で、のどの渇き、2%の損失ではめまいや吐き気、食欲減退などが現れます。

そして10~12%の損失では筋けいれん、失神、20%の損失では生命の危機になり、死に至ってしまいます。

体の水分が不足すると、熱中症脳梗塞心筋梗塞など、さまざまな健康障害のリスクの要因にもなります。

 

健康長寿ネットより引用

 

 

●水分補給の6つの効果

①ストレスや不眠の解消

疲労回復

③むくみの解消

④便秘の解消

⑤ダイエット効果

アンチエイジングによる美肌効果

 

①ストレスや不眠の解消

水には、リラックス効果(鎮静効果)がありますので、ストレスや不眠に悩んでいる人にとって重要です。
たとえば、イライラした際、人の体温は上昇し、汗をかくことで水分が不足します。

また、ストレスなどが原因で血中ナトリウムが増えて、血圧が高くなることもあります。

そんなとき、コップ1杯の水を飲めば、水分不足を解消したり血中ナトリウム濃度を安定させたりして、イライラやストレスの解消になるでしょう。

 

 

疲労回復
水分不足で血流が滞っていると、体内に酸素や栄養素をスムーズに運ぶことができません。

それが疲労の蓄積にもつながります。

水分を意識的に摂取して血液をサラサラにすることで、疲労の回復が期待できます。
また、運動前に水を飲んでおくことで疲労を遅らせたり、回復を早めたりする効果が期待できます。

 

 

③むくみの解消
むくみは、身体の末端まで血液やリンパ液が上手く循環していないのが理由です。

血液やリンパ液を滞らせず、スムーズに循環しないのは体内の水分量の不足が原因です。

つまり、むくみの原因は水分不足が大きく関係しています。
水を積極的に飲むことで、血液やリンパ液の巡りを良くして、むくみの解消が期待できます。

 

 

④便秘の解消

便秘の解消に効く代表的なものと言えば「食物繊維」ですが、実は水も効果的です。

便が硬いことが便秘の原因になっている場合、単純に便の水分量を多くすれば、便秘が解消する可能性があります。
水分を含んで軟らかくなった便は出しやすいので、腸の動きが鈍っていても排便できる可能性は高いです。

注意点として、1度にたくさんの水を飲むと、吸収されない分が尿になって排出されてしまいます。

こまめに水を飲む習慣をつけると良いですね。

 

 

⑤ダイエット効果

常温の水をこまめに飲むことで、ダイエット効果が得られるとも言われています。

水を飲むことで体が温まり、代謝がアップするからです。
また、水を飲むことで老廃物の排出を促したり、一時的ではありますが空腹感を抑制したりする効果もあります。

むくみや便秘の解消も期待できるので、体重だけでなく見た目のすっきり感にもつながるでしょう。

 

 

アンチエイジングによる美肌効果
「むくみの解消」の項でも述べたように、体内の水分量が不足すると血液の流れが悪くなってしまいます。

血液の流れの悪さによって新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが正常に働かなくなるという症状が引き起こされることもあります。
水をしっかりとって体内の水分量を補えば、血液が循環して身体の老廃物がしっかり排出されることにより、新陳代謝が活発になることが期待できます。

新陳代謝が活発になればお肌のターンオーバーも正常になるので、角質だらけのこわばった肌が改善され、身体の内側から美肌を目指すことができるのです。

 

ウェブサイトおいしい水の贈り物を参考

 

 

水分補給が健康に大事である理由をわかりやすく説明してあるチラシを見つけたので紹介します。

 

 

f:id:maa100:20200905073214p:plain

 

厚生労働省のホームページより引用

 

 

人間の体の約60%は水分です。

半分以上が水分であることを知っておくと、水分補給の重要性がよくわかります。

体の水分の割合が減ったら、体に異変が起きるのは納得できますね。

 

 

 

 

水分補給を続ける方法

僕が水分補給を続ける方法をお伝えする前に、僕が医療に関わってきた経験をお伝えします。

 

僕は医療従事者で、熱中症のリスクである熱中症脳梗塞心筋梗塞などの病気にかかったことのある人を担当することが多いです。

熱中症とは限りませんが、脱水による体調不良になる方は、とても多いです。

後で考えた時に、熱中症、脱水だったんじゃないかなって思うことが非常に多いです。

 

医療従事者でも、水分補給の重要性がわかっていないのです。

医療従事者が、クライアントに関われるのは、数分、数時間といった短い時間です。

クライアントと直接関わる時間の以外の方が圧倒的に長いわけで、関わる時間以外にいかに水分を取るかが重要な課題となります。

こまめな水分補給が重要ということです。

 

元気な人でも、水分が足りていないのに、体の弱い人や高齢の方が積極的に水分補給できているだろうと思う方がおかしいです。

 

自分の体調のコントロールが上手にできない子供、高齢者、持病のある方は、常に水分は足りていないのでは?と疑うくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

 

 

次に僕の水分補給の方法をお伝えします。

僕は出かけるときは、水分を持ち歩くようにしています。

水分は、ペットボトルで持ち歩いています。

ペットボトルじゃなくても、水筒でもタンブラーでもお気に入りの物を選ぶと良いでしょう。

 

僕は基本的にペットボトルを買わないので、出かける時には車にペットボトルを何本か入れてあります。

わざわざ高いコンビニや、自販機で飲み物を買わなくて済みます。

 

水分補給のタイミングをあらかじめ決めておくことで、水分不足を防ぐこともできます。

 

●水分補給のタイミング

①起床後

②朝食前

③昼食前

④夕食前

⑤入浴前

⑥入浴後

⑦睡眠前

 

運動するときは

・運動前

・運動中

・運動後

 

ポイントは「こまめに、意識的に」飲むことです。

のどが乾く前に水分補給を心がけることが重要です。

これらの水分補給のタイミングを習慣化できれば、飲まなくちゃって意識的になる必要はありません。

 

 

おまけです。

朝一番の水で胃腸が動くと、自然な便意が誘発されます。

便秘を改善するために最初にやっていただくのが、「朝コップ一杯の水」です。

腸内環境が悪いと体はすべてが悪くなる負のスパイラルに陥り、反対に腸内環境がよくなると全身の調子が良くなる正のスパイラルが回りはじめるということです。

 

なぜ、「これ」は健康にいいのか? (サンマーク文庫) | 小林弘幸より

 

 

 

便秘で悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか?

 

 

●インターネットショッピングで水を見る

Amazon.co.jp: 水

楽天市場:水

Yahoo!ショッピング:水

 

 

 

 

まとめ

今回は、【保存版】水分補給の効果「お金」と「健康」を守る!をお伝えしました。

 人間が生きていく上で最も必要なものは、水分です。

当たり前のように飲んでいる水、健康への効果についてお伝えしました。

 

 

●水は飲まないと、どうなるか?

生命の危機になる、病気になるリスクがあります。

水分補給は生きていく上で、最も重要なものと言っていいでしょう。

 

●水分補給の6つの効果

①ストレスや不眠の解消

疲労回復

③むくみの解消

④便秘の解消

⑤ダイエット効果

アンチエイジングによる美肌効果

 

たくさんの効果があることがわかります。

水分補給することで、悩みが一つでも解決するかもしれません。

 

健康のために水を飲もうとチラシがあったので紹介しました。

 

f:id:maa100:20200905073214p:plain

  

水分補給を続ける方法として、

出かけるときは、水分を持ち歩くことをお伝えしました。

 

水分補給のタイミングをお伝えしました。

●水分補給のタイミング

①起床後

②朝食前

③昼食前

④夕食前

⑤入浴前

⑥入浴後

⑦睡眠前

 

運動するときは

・運動前

・運動中

・運動後

 

ポイントは「こまめに、意識的に」飲むことです。

のどが乾く前に水分補給を心がけることが重要です。

これらの水分補給のタイミングを習慣化できれば、飲まなくちゃって意識的になる必要はありません。

 

 

医療従事者でも、水分補給の重要性がわかっていないことがあります。

自分の体の約60%、半分以上は水分です。

水分補給が重要であることを理解して生活していきましょう。

 

自分の身は、自分で守るしかありません。

自分の健康を守ることができれば、医療費を減らすこともできます。

つまり、お金を守ることができます。

こまめに水分補給する習慣をつけて、お金と、健康を守っていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングで水を見る

Amazon.co.jp: 水

楽天市場:水

Yahoo!ショッピング:水

 

 

少しずつ行動することで、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク