お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【アンチエイジング】ミネラル「マグネシウム」の栄養•効果


スポンサーリンク

ミネラルについて知りたい、サプリを試したい、若返りたい、そんな方にオススメの内容です。

栄養は誰もが必要で、一生使える内容です。

よろしくお願いします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康に関わる栄養素「マグネシウム

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる栄養素「マグネシウム」についてお伝えします。

 

 

あなたはマグネシウムの効果を知っていますか?

 

 

カルシウムは知っているけど、マグネシウムについてはわからない、そんな方も多いのではないでしょうか。

 

マグネシウムは、生きるために必要なミネラルの一つです。

 

今回はミネラル「マグネシウム」についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

マグネシウムの栄養と効果

マグネシウムの栄養と効果について、参考になる記事があったので紹介します。

 

マグネシウムアンチエイジング

マグネシウムアンチエイジングに必要不可欠なミネラルです。

マグネシウムは体の中の全ての細胞や骨に存在して代謝をはじめとするあらゆる生命活動に関わっています。

ミトコンドリアでATPを作る際や、タンパク質を合成する際にも最重要なミネラルのひとつです。

マグネシウムの種類ですが自宅でマグネシウムを摂取する場合には、口からサプリや食事で摂取する「経口摂取」と皮膚に塗ることで摂取する「経皮摂取」があります。

 

経口摂取の場合はサプリを1日400〜800mmg、2〜3回にわけてお腹がゆるくならない程度に摂取すると良いようです。

サプリには、価格が安いクエン酸マグネシウム、お腹がゆるくなりにくいグリシン酸マグネシムがあります。

また、マグネシウムは食事でも摂取できます。

魚介類や海藻類、ナッツ、全粒粉に含まれているので煮干しや海苔、アーモンド、全粒粉のパンなどを日頃から意識して食べるようにしましょう。

 

経皮摂取の場合は体にスプレーして塗りこむタイプの「マグネシウム・オイル」という商品があります。

トライアスロンなどのアスリートに利用されているようです。

安くしたい場合は、塩化マグネシウム(にがりを購入して)水に溶かしてスプレーすれば同様の効果を得られます。

また、塩化マグネシウムは入浴剤として利用しても経皮摂取と同じ効果が得られるようです。

 

なお、カルシウムとマグネシウムは互いに干渉しあう拮抗作用成分です。

ですので、カルシウムとマグネシウムは、1対1のバランスで摂取するのがベストになります。

最近はカルシウム入りの食品はよく見かけますが、マグネシウムは食品の加工の過程で削られてあまり残っていないものも多いです。

そういうわけで、普段から意識して摂取する必要があると言えます。

 

 

マグネシウムの効果

マグネシウムが欠乏すると、体の様々な機能が滞ります。

免疫細胞が能力を発揮するには、マグネシウムが必要ですが、足りない場合は正常な免疫力を発揮できなくなり、ウイルスから身体を守れなくなります。

また、マグネシウムは高血圧を抑える効果があるので、足りない場合は血管や心臓の疾患リスクが高まります。

さらに、偏頭痛に悩む人は、血中や脳内のマグネシウムの値が低いと言われており、マグネシウムの摂取が頭痛の頻度を減少させるという研究も多くあります。

 

このほかにも、マグネシウムは神経系、腎臓と骨、抗ストレス系、抗酸化系に対して様々に作用します。

こういったこともありマグネシウム不足は老化を加速させると考えられており、マグネシウムの不足は老化を加速させると考えられており、マグネシウムを摂取することはアンチエイジングに繋がると言えます。

 

お金をかけないアンチエイジング! 若さを保つ栄養メソッド [ 藤川徳美 ]を参考

 

 

 

 

 

 

 

健康のためにマグネシウム摂るポイント

マグネシウムを摂るポイントを紹介します。

 

マグネシウムを摂るポイント

マグネシウムのサプリは飲むと胃腸の中がアルカリ性に傾き、食後に飲むと食べ物の消化が悪くなるそうです。

そのためマグネシウムのサプリは起きてすぐや寝る直前など、胃の中に何もない状態の時に飲むのがベストです。

 

金森式ダイエットのサプリ一覧。種類・量・飲み方、おすすめの飲むタイミング、飲み合わせ、ナイアシンについて | ぴかろぐより

 

 

マグネシウムの摂り方

僕は、朝一の水分補給とともにマグネシウムサプリメントを摂っています。

サプリを摂っての体の変化は、今のところ実感はないです。

カルシウムが多いチーズを食べることもあるので、必ず摂らなければって感じです。

 

 

●僕が使っているマグネシウムサプリメントはこちら

 

 

現在、僕は藤川先生が推奨しているクエン酸マグネシウムも含まれている、このサプリを使っています。

 

 

マグネシウムの経皮摂取もチャレンジしてみたいです。

なお、海水浴もマグネシウム摂取に効果的とのことです。

僕は以前、サーフィンを定期的にやっていました。

たまたまマグネシウムを皮膚から吸収できていたので、健康に良い行動を摂っていたのだなと感じています。

サーフィンはハードにやると疲れますが、ストレス発散、めちゃくちゃ元気になので、効果はわかります。

 

また海は浸かりたいですね(^ ^)

海の入ることによる海水でのマグネシウム吸収、日光によるビタミンDの合成、最高ですね(^ ^)

 

 

●僕が現在使っているマグネシウムサプリメントはこちら

 

 

現代人、特に日本人はマグネシウム不足と言って良いでしょう。

あなたもマグネシウムの経口摂取、経皮摂取を試し、元気になってみてはいかがでしょうか。

 

 

マグネシウム•ミネラルたっぷりの調味量•塩は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【アンチエイジング】ミネラル「マグネシウム」の栄養•効果をお伝えしました。

マグネシウムは、生きるために必要なミネラルの一つです。

マグネシウムの栄養と効果について、参考になる記事があったので紹介しました。

 

マグネシウムアンチエイジング

マグネシウムアンチエイジングに必要不可欠なミネラルです。

マグネシウムは体の中の全ての細胞や骨に存在して代謝をはじめとするあらゆる生命活動に関わっています。

ミトコンドリアでATPを作る際や、タンパク質を合成する際にも最重要なミネラルのひとつです。

マグネシウムの種類ですが自宅でマグネシウムを摂取する場合には、口からサプリや食事で摂取する「経口摂取」と皮膚に塗ることで摂取する「経皮摂取」があります。

 

経口摂取の場合はサプリを1日400〜800mmg、2〜3回にわけてお腹がゆるくならない程度に摂取すると良いようです。

サプリには、価格が安いクエン酸マグネシウム、お腹がゆるくなりにくいグリシン酸マグネシムがあります。

また、マグネシウムは食事でも摂取できます。

魚介類や海藻類、ナッツ、全粒粉に含まれているので煮干しや海苔、アーモンド、全粒粉のパンなどを日頃から意識して食べるようにしましょう。

 

経皮摂取の場合は体にスプレーして塗りこむタイプの「マグネシウム・オイル」という商品があります。

トライアスロンなどのアスリートに利用されているようです。

安くしたい場合は、塩化マグネシウム(にがりを購入して)水に溶かしてスプレーすれば同様の効果を得られます。

また、塩化マグネシウムは入浴剤として利用しても経皮摂取と同じ効果が得られるようです。

 

なお、カルシウムとマグネシウムは互いに干渉しあう拮抗作用成分です。

ですので、カルシウムとマグネシウムは、1対1のバランスで摂取するのがベストになります。

最近はカルシウム入りの食品はよく見かけますが、マグネシウムは食品の加工の過程で削られてあまり残っていないものも多いです。

そういうわけで、普段から意識して摂取する必要があると言えます。

 

 

マグネシウムの効果

マグネシウムが欠乏すると、体の様々な機能が滞ります。

免疫細胞が能力を発揮するには、マグネシウムが必要ですが、足りない場合は正常な免疫力を発揮できなくなり、ウイルスから身体を守れなくなります。

また、マグネシウムは高血圧を抑える効果があるので、足りない場合は血管や心臓の疾患リスクが高まります。

さらに、偏頭痛に悩む人は、血中や脳内のマグネシウムの値が低いと言われており、マグネシウムの摂取が頭痛の頻度を減少させるという研究も多くあります。

 

このほかにも、マグネシウムは神経系、腎臓と骨、抗ストレス系、抗酸化系に対して様々に作用します。

こういったこともありマグネシウム不足は老化を加速させると考えられており、マグネシウムの不足は老化を加速させると考えられており、マグネシウムを摂取することはアンチエイジングに繋がると言えます。

 

 

マグネシウムを摂るポイントを紹介しました。

 

マグネシウムを摂るポイント

マグネシウムのサプリは飲むと胃腸の中がアルカリ性に傾き、食後に飲むと食べ物の消化が悪くなるそうです。

そのためマグネシウムのサプリは起きてすぐや寝る直前など、胃の中に何もない状態の時に飲むのがベストです。

 

●僕が現在使っているマグネシウムサプリメントはこちら

 

 

マグネシウム•ミネラルたっぷりの調味量•塩は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

現代人、特に日本人はマグネシウム不足と言って良いでしょう。

あなたもマグネシウムの経口摂取、経皮摂取を試し、元気になってみてはいかがでしょうか。

 

 

少しずつ行動し、マグネシウムを摂っていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「ホーム画面」

今週のお題「何して遊んだ?」


スポンサーリンク