お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

理学療法士の雨の日のオススメの11の運動•メリット•デメリット


スポンサーリンク

雨の日だからと言って、家でゴロゴロしていませんか?

雨の日のオススメの運動を紹介します。

雨の日の過ごし方で、困っている方は是非参考にして下さい。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210526172913j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

雨の日は何をして過ごす?

雨の季節がやってきました。

あなたは、雨の日は何をして過ごしますか?

 

雨の日は、気分がスカッとしません。

出かける気持ちにもなりません。

今日は雨だし、ゆっくりしようって方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんな日が長く続くと運動不足になります。

運動不足は健康にもよくありません。

できれば、避けたいですよね。

今回はそんな雨の日でもできるオススメの運動を紹介します。

 

 

 

 

 

 

雨の日のオススメの11の運動

僕はリハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です。

雨の日のオススメの運動を紹介します。

 

●雨の日のオススメの11の運動

・フィットネスジムに行く

・屋内プールに行く

・体育館で身体を動かす

・ヨガ、ピラティス体幹レーニングなどをする

・家にある健康グッズを使う

スマホやテレビを使って、オンライントレーニン

ボルダリング

・縄跳び

ラウンドワンのスポッチャに行く

・買い物に行く

・博物館、美術館、水族館に行く

 

 

・フィットネスジムに行く

外に遊びに行けない時こそ、フィットネスジム、スポーツジム、トレーニングジムなど室内で体を動かしましょう。

 

 

 ・屋内プールに行く

屋内プールは、雨でも関係ありません。

晴れた日は外で走って有酸素運動する

雨の日は屋内のプールで有酸素運動するって決めておいても良いでしょう。

 

 

・体育館で身体を動かす

バドミントン、バスケット、バレー、卓球、ドッジボールなどで楽しみます。

 

 

・ヨガ、ピラティス体幹レーニングなどをする

場所を取らず、物を使わない運動はオススメです。

 

 

・家にある健康グッズを使う

家に過去に買った健康グッズはありませんか?

雨の日こそ使うべきです。

 

 

スマホやテレビを使って、オンライントレーニン

レーニングの方法がわからなくても、スマホで調べればすぐにわかります

画像、動画を探せば無料です。

 

 

ボルダリング

ボルダリングを楽しめる場所が増えてきており、オススメです。

ただし、初心者の方は疲労と筋肉痛にご注意下さい。

初心者が長時間遊ぶのは難しいでしょう。

 

 

・縄跳び

場所を取らず、有酸素運動できます。

 

縄跳びについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ラウンドワンのスポッチャに行く

雨だと屋外施設は使えませんが、室内施設で色々な運動を楽しめるのでオススメです。

 

 

・買い物に行く

買い物に行くのも運動のきっかけになります。

 

買い物に行くについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・博物館、美術館、水族館などに行く

広い施設だと、歩かないといけないので運動になります。

 

 

トップアスリートや何かの大会を目指してトレーニングしているなら、悪天候でも結果を出すために準備しなければなりません。

しかし、それ以外の方は、悪天候での運動はできれば避けたいところです。

なぜなら、ほとんどの方が健康のために運動しているからです。

健康のための運動が、悪天候で運動したせいで、体の調子を崩してしまうは避けたいところです。

 

 

 

 

 

 

雨の日に運動するメリット・デメリット

雨の日に運動するメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●雨の日に運動するメリット・デメリット

メリット

・運動習慣を身につけることができる

・外に出られない時こそできる運動がある

・うつうつした気分を解消することができる

 

デメリット

・場所を借りるにはお金がかかる

・運動しようという気になりにくい

 

 

メリット

・運動習慣を身につけることができる

晴れの日でも、雨の日でも運動できる状態にしておくことで、運動習慣を身につけることができます。

 

 

・外に出られない時こそできる運動がある

雨の日でも運動を楽しみましょう。

雨の日だから運動はやめておくだと、運動しない日が続きます。

 

 

・うつうつした気分を解消することができる

雨の日こそ体を動かすことで、うつうつした気分を解消しましょう。

 

 

デメリット

・場所を借りるにはお金がかかる

屋外で体を動かすのは無料ですが、室内を借りるのはお金がかかります。

 

 

・運動しようという気になりにくい

雨だから、無理せず家で過ごそう、運動しようという気になりにくいです。

あなたなりの運動を考えて、選んで、体を動かしましょう。

雨の日の運動を楽しみましょう。

 

 

僕はリハビリ・運動指導の専門家です。

雨の日は運動しないのではなくて、雨の日だからこそできる運動に取り組みましょう。

新しい運動に取り組むのも楽しいです(^ ^)

雨の日でも、継続して運動に取り組むことで、健康を守ることができます。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は理学療法士の雨の日のオススメの11の運動•メリット•デメリットをお伝えしました。

 

僕はリハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です。

雨の日のオススメの運動を紹介しました。

 

●雨の日のオススメの11の運動

・フィットネスジムに行く

・屋内プールに行く

・体育館で身体を動かす

・ヨガ、ピラティス体幹レーニングなどをする

・家にある健康グッズを使う

スマホやテレビを使って、オンライントレーニン

ボルダリング

・縄跳び

ラウンドワンのスポッチャに行く

・買い物に行く

・博物館、美術館、水族館などに行く

 

 

雨の日に運動するメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

 

●雨の日に運動するメリット・デメリット

メリット

・運動習慣を身につけることができる

・外に出られない時こそできる運動がある

・うつうつした気分を解消することができる

 

デメリット

・場所を借りるにはお金がかかる

・運動しようという気になりにくい

 

 

雨の日は運動しないのではなくて、雨の日だからこそできる運動に取り組みましょう。

新しい運動に取り組むのも楽しいです(^ ^)

雨の日でも、継続して運動に取り組むことで、健康を守ることができます。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

「雨の日の過ごし方」

 


スポンサーリンク