お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【時間術】休憩・睡眠時間を減らされ学んだ人との7つの関わり方


スポンサーリンク

人生で誰もが経験するかもしれない内容をお伝えします。

時間を大事に使いたい方、人とうまく関わりたい方は是非お読み下さい。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210404073859j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

仕事の休憩・睡眠時間の変な話

僕の日常であった変な話を聞いてください。

いつものように仕事の休憩時間に、車で昼寝をしていました。

僕は毎日、健康のために昼寝をするのが日課になっています。

すると、ドンドンと窓を叩かれ、起こされました。

 

なんだ、なんだ?

 

中年の男性が車の横に立っていました。

ある場所までの距離を知りたいとのことでした。

Googleマップで調べて教えてあげました。

 

話を聞いていると、遠く離れた宮崎県に住んでいる方で、バイクで転倒?バイクはレッカーで運ばれて、自分は足がないとのことでした。

スマホも割れて使えないとのことでした。

しかし、バイクで来た割には、かなり軽装です(^^;;

さらに、県外の方なので、何をしゃべっているかわかりづらかったです。

 

困っているようなので、自分なりに家に帰るための色々解決策を提案しました。しかし、どれも乗り気ではありませんでした。

話を聞いていると、足がないのである場所まで送って欲しいんだなということがだんだんとわかってきました。

 

僕は仕事で、時間がないので断りました。

 

 

 

 

 

休憩時間の出来事を振り返る

出会った男性は、休憩時間の昼寝に起こしておいて、すみません、ありがとうもなく去っていきました。

なんだったのだろうと思いました。

 

今思えば、色々不思議な点がありましたが(^^;;

 

僕は、すみませんとありがとうもなく、さっさとその場を去っていったのが、イラっと腹が立ちました!

 

最初からどこに行きたいので、乗せてってくれませんか?と聞けば話は終わったはずです。

 

僕の休憩・昼寝の時間を削って、頭を使っての努力はなんだったのでしょうか?

 

 

 

 

休憩・睡眠時間が減らされ学んだ7つの人との関わり方

休憩時間の変な話だったので、今回の件を他の人にも話しました。

さらに、今後同じ失敗をしないためにも対策を考えてみました。

 

休憩・睡眠時間が減らされ学んだ人との関わり方についてまとめて挙げます。

 

●休憩・睡眠時間が減らされ学んだ人との7つの関わり方

・あいさつとお礼は、ちゃんとした方がいい

・変な人とは距離を置く

・休憩中、睡眠中は対応しない

・人に親切にした方がいいわけではない

・休憩を邪魔されるとイラッとする

・睡眠を邪魔されるとイラッとする

・変な事件に巻き込まれなくてよかった

 

 

・あいさつとお礼は、ちゃんとした方がいい

人に頼む時は、あいさつとお礼をちゃんとした方がいいと改めて思いました。

あいさつとお礼さえしてくれてば、今回の出来事でイラっとすることはなかったでしょう。

このブログにも今回の件を上げることはなかったでしょう。

 

 

・変な人とは距離を置く

一般的に道を聞かれたり、困りごとがあれば普通は対応しますよね。

しかし、変な人だと感じれば関わらず、さっさと場所を離れるべきでした。

時間は有限です。

 

 

・休憩中、睡眠中は対応しない

最初から休憩中で昼寝していたので、無視すればよかったです。

しかし車で寝ているときに急に起こされたので、身動きも取れずそんな判断はできなかったです。

 

 

・人に親切にした方がいいわけではない

人への親切が、相手の親切に必ずつながるかというとそうではありません。

まず、自分が今やるべきことをやりましょう。

 

 

・休憩を邪魔されるとイラッとする

自分の休憩時間だけでなく、相手の休憩時間を邪魔しないように気をつけます。

 

休憩時間の考え方については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・睡眠を邪魔されるとイラッとする

自分の睡眠だけでなく、人の睡眠を邪魔しないように気をつけます。

毎日の昼寝を、ちゃんと確保し、昼以降に元気に活動できるように時間を確保します。

 

昼寝の効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・変な事件に巻き込まれなくてよかった

他の人からもらったアドバイスです。

もし変な対応をしていたら、もっとめんどくさいことになっていたかもしれないよって言われました。

確かにって思い、納得できました。

今回の変なできごとを次に活かします。

 

 

世の中には色々な方がいます。

全ての人に親切、仲良くしていたら、自分の大事な時間は知らない間に減っていきます。

誰と付き合うか、関わるかは大事です。

自分が本当にやらなければならないことに集中して、時間を大事にしましょう。

他の人とうまく付き合って、人生を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【時間術】休憩・睡眠時間が減らされ学んだ人との7つの関わり方をお伝えしました。

 

僕の日常であった変な話をお伝えしました。

いつものように仕事の休憩時間に、車で昼寝をしていた時に、急に起こされ、道案内をしました。

時間を使って親切に対応しましたが、用が済めば、すみません、ありがとうもなく立ち去って行きました。

自分の大事な休憩・睡眠時間を減らされ、イラっと腹が立ちました。

 

 

今後同じ失敗をしないためにも対策を考えてみました。

休憩・睡眠時間が減らされ学んだ人との関わり方についてまとめて挙げました。

 

●休憩・睡眠時間が減らされ学んだ人との7つの関わり方

・あいさつとお礼は、ちゃんとした方がいい

・変な人とは距離を置く

・休憩中、睡眠中は対応しない

・人に親切にした方がいいわけではない

・休憩を邪魔されるとイラッとする

・睡眠を邪魔されるとイラッとする

・変な事件に巻き込まれなくてよかった

 

 

世の中には色々な方がいます。

全ての人に親切、仲良くしていたら、自分の大事な時間は知らない間に減っていきます。

誰と付き合うか、関わるかは大事です。

自分が本当にやらなければならないことに集中して、時間を大事にしましょう。

他の人とうまく付き合って、人生を楽しみましょう。

 

 

少しずつ行動し、時間を大事にしていきましょう。

継続すれば、確実に時間を大事にできます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 


スポンサーリンク