お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

サラリーマンの辛い仕事を楽にする方法「昼寝」


スポンサーリンク

あなたは仕事が好きですか?

一生の仕事をサラリーマンで終える方は多いです。

サラリーマンの仕事を辛いって感じる方もいるでしょう。

 

そんなサラリーマンの仕事を楽にする方法をお伝えします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210806083926j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

サラリーマンの辛い仕事を楽にする方法「昼寝」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、仕事についてお伝えします。

 

仕事中なのに、寝てしまった。

仕事中なのに、ウトウトしてしまった。

大事な会議中に、居眠りしてしまった。

 

注意された経験がある方もいるでしょう。

注意されずに済んだけど危なかった、そんな経験がある方もいるでしょう。

 

そんな仕事中に眠くならず、かつサラリーマンの辛い仕事を楽にする方法を紹介します。

オススメの方法とは「昼寝」です。

 

 

 

 

 

 

昼寝のメリット・デメリット

あなたは仕事の休憩時間に、昼寝していますか?

おそらく、昼寝している方が少数派でしょう。

 

昼寝のメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

●昼寝のメリット・デメリット

メリット

・昼から眠くならない

・夕方や通勤時間、帰ってから眠くならない

・仕事の集中力がアップする

・仕事が進む

疲労回復、寝不足解消

 

デメリット

・寝過ぎに注意

・周りと違う行動をとる

 

 

メリット

・昼から眠くならない

疲れたから昼寝をするのではなくて、昼から頑張るために昼寝をするのです。

 

 

・夕方や通勤時間、帰ってから眠くならない

昼は眠くならないけど、夕方や通勤時間、家に帰ってからすぐに寝てしまうって方もいるでしょう。

昼寝することで、眠くなるのがなくなります。

 

 

・仕事の集中力がアップする

体を少しでもリセットすることで、低くなった集中力をアップさせることができます。

 

 

・仕事が進む

昼から眠くならなければ、間違いなく仕事が進みます。

残業せずに早く帰れることもあるでしょう。

 

 

疲労回復、寝不足解消

溜まった疲労回復、前日の寝不足解消にも昼寝は効果を発揮します。

 

 

デメリット

・寝過ぎに注意

15分じゃ足りない、20分じゃ足りない、そんな時があります。

しかし、寝すぎると、夜寝られなくなります。

体をリセットしすぎると、また体を起こすのに時間がかかります。

 

 

・周りと違う行動をとる

みんなで楽しそうにワイワイしていても、昼寝するには、その場を離れる必要があります。

周りが昼寝してなかったら、周りと違う行動を取ることになります。

 

 

 

 

 

 

仕事の休憩時間に昼寝するコツ

仕事中なのに昼寝なんてできないよって方もいるでしょう。

休憩時間はあなたの時間です。

 

休憩時間が1時間あるとします。

20分昼ごはん、20分自由時間、20分昼寝とします。

 

休憩時間が40分あるとします。

15分昼ごはん、15分自由時間、10分昼寝できます。

 

十分に時間はあるはずです。

休憩時間がないって方、頑張って休憩時間を取って下さい。

 

 

仕事の休憩時間に昼寝するコツをまとめて挙げます。

 

●仕事の休憩時間に昼寝するコツ

・時間を作って寝る

・寝やすい場所を見つける

・寝過ごさないように、ちゃんとアラームをかける

・寝過ぎに注意

 

 

・時間を作って寝る

とにかく時間を作って寝ることです。

寝ることができなくても良いです。

目を閉じるだけでも良いでしょう。

横になるだけでも良いでしょう。

効果を感じられるはずです。

 

 

・寝やすい場所を見つける

暑くもなく寒くもなく、心地よい環境を見つけることがオススメです。

昼寝の時間は、誰からも邪魔されないようにしておくことがオススメです。

 

 

・寝過ごさないように、ちゃんとアラームをかける

スマホや時計で寝過ごさないように、忘れずにアラームを設定しておきましょう。

 

 

・寝過ぎに注意

僕は、昼寝は20分以内と決めています。

寝すぎると、夜寝られなくなります。

体をリセットしすぎると、また体を起こすのに時間がかかります。

 

 

残業して仕事するって方もいるでしょう。

僕からすると、昼寝せずによく頑張れるなって感じです(^^;;

 

昼寝の効果は昼から眠くならないだけではありません。

疲れたから昼寝をするだけでなく、昼から頑張るために昼寝をします。

疲れる前に、眠くなる前に寝るのです。

そうすることで、昼に眠くなるがなくなり、集中力の低下が減ります。

つまり、仕事を楽にこなせるということです。

 

たとえ、5分でも10分でも昼寝しましょう。

周りは誰も昼寝していないって方もいるでしょう。

あなたが昼寝をし始めたら、昼寝し始める人、必ずでてきます。

今日から、ぜひ昼寝してみましょう。

今より仕事の辛さが減り、仕事が進むでしょう。

 

 

昼寝の効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回はサラリーマンの辛い仕事を楽にする方法「昼寝」をお伝えしました。

 

仕事中なのに、寝てしまった。

仕事中なのに、ウトウトしてしまった。

大事な会議中に、居眠りしてしまった。

 

注意された経験がある方もいるでしょう。

注意されずに済んだけど危なかった、そんな経験がある方もいるでしょう。

 

そんな仕事中に眠くならず、かつサラリーマンの辛い仕事を楽にするオススメの方法とは「昼寝」です。

 

 

昼寝のメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

 

●昼寝のメリット・デメリット

メリット

・昼から眠くならない

・夕方や通勤時間、帰ってから眠くならない

・仕事の集中力がアップする

・仕事が進む

疲労回復、寝不足解消

 

デメリット

・寝過ぎに注意

・周りと違う行動をとる

 

 

仕事の休憩時間に昼寝するコツをまとめて挙げました。

 

●仕事の休憩時間に昼寝するコツ

・時間を作って寝る

・寝やすい場所を見つける

・寝過ごさないように、ちゃんとアラームをかける

・寝過ぎに注意

 

 

昼寝の効果は昼から眠くならないだけではありません。

疲れたから昼寝をするだけでなく、昼から頑張るために昼寝をします。

疲れる前に、眠くなる前に寝るのです。

そうすることで、昼に眠くなるがなくなり、集中力の低下が減ります。

つまり、仕事を楽にこなせるということです。

 

たとえ、5分でも10分でも昼寝しましょう。

周りは誰も昼寝していないって方もいるでしょう。

あなたが昼寝をし始めたら、昼寝し始める人、必ずでてきます。

今日から、ぜひ昼寝してみましょう。

今より仕事の辛さが減り、仕事が進むでしょう。

 

 

少しずつ行動し、仕事を楽にしていきましょう。

継続すれば、確実に仕事が楽になります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」


スポンサーリンク