お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

食事を毎日作る悩みを解決し、お金と時間を守る方法「冷凍食品」


スポンサーリンク

「何を食べる、何を作るか迷う」

「毎食作りたいけど、時間がない」

「毎食外食でもいいけど、お金がない」

 

そんな食事に関する悩みがある方は多いのではないでしょうか。

今回はそんな悩みを少しでも減らす、一生使える内容をお伝えします。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

毎日の食事、何を食べるか悩む

毎日欠かせないものと言えば、食事です。

生きていくためには、必ず必要なものです。

何を食べようか迷いますよね。

 

「自分で作るのが大変」

「惣菜を買って食べるのは飽きてきた」

「外食はお金がかかる」

 

そんな悩みがある方も多いのではないでしょうか。

その悩みを解決する食べ物があります。

冷凍食品です。

 

最近、冷凍食品を食べましたか?

 

今回は冷凍食品についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

冷凍食品とは?冷凍食品の分類

冷凍食品とは何なのでしょうか?

冷凍食品の分類も見ていきましょう。

 

●冷凍食品とは?

冷凍食品(れいとうしょくひん)とは、長期保存を目的に冷凍状態で製造・流通・販売されている食品をいう。

 

調理済みないしは下ごしらえ済みであり、消費者の手間は解凍・加熱のみである。調理の省力化に役立つことから、飲食店から一般家庭まで広く普及している。

また、冷凍時に急速冷凍することで食品の鮮度を保つように配慮されており、長期間、いつでも新鮮な状態を味わうことが可能である。

 

冷凍食品は以下のように分類される。

・無加熱摂取食品

 ・生食用食品(魚介類の刺身やむき身など下ごしらえ済みの商品)

 ・調理加熱済食品(茹でダコや茹でガニ、フローズンケーキなど)

・加熱後摂取食品

 ・半調理食品(コロッケやフライなど)

 ・調理済食品(シュウマイやウナギのかば焼きなど)

 

冷凍食品の中には常温や冷蔵庫で解凍するものもあり、正しく解凍すれば、非冷凍の食材・料理と見分けが付かない場合もある。

商品としては野菜・果物などのほか、フライ・うどん・ピラフ・ピザといった調理済みで後は盛り付けるだけの料理など、バリエーションに富む。

また近年では電子レンジの普及に伴い、盛り付け済みで専用容器付きの冷凍食品も多数存在しており、これらは多忙な現代にあって重宝されている。

 

ウィキペディアより

 

 

色々な冷凍食品があります。

冷凍食品を食べたことがない人はいないでしょう。

 

 

 

 

 

 

冷凍食品のメリット・デメリット

冷凍食品のメリット・デメリットについて考えていきます。

冷凍食品の最大のメリットは手間がかからないことでしょう。

冷凍食品を買って、食べる分だけ、電子レンジで温めれば、すぐに食べることができます。

余った分は冷凍庫で保管でき、好きな時に食べることができます。

 

冷凍庫で保管しておけば、わざわざ買い物に行く必要はありません。

疲れている時でも、買い物に行かず、すぐに食べることができます。

 

冷凍食品をインターネットで注文すれば、配達で家に届きます。

買い物に行く時間さえも節約できます。

 

お金の面では、売っている惣菜を買う、外食するより安いです。

お金の節約になります。

 

 

冷凍食品のメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

●冷凍食品のメリット・デメリット

メリット

・作る時間がかからない

・保存が効くので、食べたい量だけ食べられる

・安い

・スーパー、コンビニ、ドラッグストアで手に入る

・毎食の食事の選択肢となる

 

デメリット

・温める、焼くなど軽い準備は必要

・種類は限られている

・味が濃い

 

 

しかし、毎食、冷凍食品を食べるのは、さすがに無理がありますよ(^^;)

一品だけ冷凍食品、もしくは冷凍食品デーを作ってもいいのではないでしょうか。

 

今ならスーパーだけでなく、コンビニ、ドラッグストアでも冷凍食品を買うことができます。

 

買い物に行かなくてもインターネットでも買うことができます。

 

●冷凍食品をインターネットショッピングで買う

Amazon.co.jp: 冷凍食品

楽天市場:冷凍食品

ヤフーショッピング:冷凍食品

 

 

食事するときの、一つの選択肢にしてみてはいかがでしょうか。

毎日、365日ある食事の悩みを解消する手段にもなります。

 

 

冷凍食品を食事に取り入れることは、料理が苦手な方、料理をしない男性の方でも取り入れやすいです。

 

料理が苦手な方に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は食事を毎日作る悩みを解決し、お金と時間を守る方法「冷凍食品」をお伝えしました。

 

「何を食べる、何を作るか迷う」

「毎食作りたいけど、時間がない」

「毎食外食でもいいけど、お金がない」

 

その悩みを解決する食べ物があります。

冷凍食品です。

 

冷凍食品のメリット・デメリットについて考えていきます。

 

冷凍食品の最大のメリットは手間がかからないことでしょう。

冷凍食品を買って、食べる分だけ、電子レンジで温めれば、すぐに食べることができます。

余った分は冷凍庫で保管でき、好きな時に食べることができます。

 

 

冷凍食品のメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●冷凍食品のメリット・デメリット

メリット

・作る時間がかからない

・保存が効くので、食べたい量だけ食べられる

・安い

・スーパー、コンビニ、ドラッグストアで手に入る

・毎食の食事の選択肢となる

 

デメリット

・温める、焼くなど軽い準備は必要

・種類は限られている

・味が濃い

 

 

今ならスーパーだけでなく、コンビニ、ドラッグストアでも冷凍食品を買うことができます。

 

買い物に行かなくてもインターネットでも買うことができます。

 

●冷凍食品をインターネットショッピングで買う

Amazon.co.jp: 冷凍食品

楽天市場:冷凍食品

ヤフーショッピング:冷凍食品

 

 

 

食事するときの、一つの選択肢にしてみてはいかがでしょうか。

毎日、365日ある食事の悩みを解消する手段にもなります。

 

 

冷凍食品を食事に取り入れることは、料理が苦手な方、料理をしない男性の方でも取り入れやすいです。

 

料理が苦手な方に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

少しずつ行動し、食事の悩みを解決していきましょう。

継続すれば、食事の悩みを解決することができます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク