お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【激安】健康のため泳ぐ!プールを日本一安く使う方法


スポンサーリンク

「プールを使いたいけど、フィットネスクラブや、スポーツジムの料金が高い。

継続すると、さらにお金がかかって大変。

もちろん、健康にはお金を使いたいけど。

もっとお金のかからない方法はないのかな?」

 

今回は、そんな悩みを解決する方法をお伝えします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20200807063219j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康のためにプールを安く使いたい!

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる運動についてお伝えします。

運動の中の水泳、プールを紹介します。

 

プールで泳ぎたい、できれば安く使いたいですよね。

結論から言うと、最もお金のかからない方法は、公共のプールを使用することです。

僕は、市が運営しているプールを利用しています。

 

なぜ公共のプールを使うようになったか説明します。

僕はリハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です

運動を指導する立場です。

運動に関しては、人より知識・経験があります。

 

そんな理由もあり、不要なものにお金をかけず、まず泳ぎたかったのです。

そこで調べて行くようになったのが、公共のプールです。

 

夏は屋外プールにも行きますが、室内プールだと年中通うことができます。

現在、僕は、頻度は週1回ほど、1時間くらいプールで泳いでいます。

プールで泳ぐ理由は、健康の面で色々あります。

 

 

プールで泳ぐメリットについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

【激安】プールの利用料金はいくら?

僕が利用している公共のプールの1回の利用料金は400円です。

僕は12回の回数券を4000円で購入しているので、1回333円程度で入れます。

月10回入っても3333円程度です。

もちろん、他の運動もしたいので、月10回も行きません。

 

フィットネスクラブや、スポーツジムに入会すれば、料金は月5000〜10000円くらいするでしょうか?

都会に行けば、もっと高い料金のところもあるでしょう。

特にプール付きは、安いとこってそんなにないはずです。

 

会費を払った分だけ、元が取れるように行けばいいと思われるかもしれません。

しかし、たくさん時間を取れる人いますか?

毎日?週5日?なかなか大変です。

さらにそれを一生続けるのですか?

 

時間に余裕のある方なら可能かもしれません。

もしくは、自宅から距離が近い場所にあるなら通えるかもしれません。

一生通ったら飽きてしまいそうですけどね。

 

通っていたけど、行かなくなったという人もよく聞きます。

お金だけ振り込んでいるっていう人も聞いたことがあります。

もったいないですよね。

 

 

 

 

 

 

公共のプールを使用してみて

僕が使っている公共のプールはたまたま改装したこともあり、きれいで使い勝手がいいです。

公共プールですが、ジャグジーもあります。

 

他の公共のプールもいくつか利用したことがありますが、施設が古いなと感じることもあります。

しかし、目的はプールで泳ぐことなので、泳げれば気になりません。

水に入ってしまえば同じですね。

ついでに、フィットネス施設に併設しているプールも古いところがあります。

 

公共の施設は、プールだけでなく、公共のジムや運動施設の料金は比較的安いです。

インターネットや、住んでいる地域の広報などで是非調べてみてくださいね。

 

 

レーニングジムに関してはmoney-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

健康にお金を使う、とても大事なお金の使い方です。

健康も大事だけど、お金も大事に使ってあげてください。

 

 

●インターネットショッピングで水泳グッズを見る

Amazon.co.jp:水泳グッズ

楽天市場;水泳グッズ

Yahoo!ショッピング:水泳グッズ

 

 

 

 

まとめ

今回は、特にプールを使いたい、健康にお金を使いたいけど、たくさんお金を使いたくない方への解決方法をお伝えしました。

 

それは公共のプールを利用することでした。

 

プールを使うのに料金が高い、これからプールを利用したいと言う方は検討してみてはいかがでしょうか?

 

公共のプールは近場でなくても、少し離れた場所ならあるかもしれません。

是非一度、インターネットや住んでいる地域の広報などで探してみてくださいね。

 

 

●インターネットショッピングで水泳グッズを見る

Amazon.co.jp:水泳グッズ

楽天市場;水泳グッズ

Yahoo!ショッピング:水泳グッズ

 

 

 

少しずつ行動し、楽しくプールで運動しましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

 

 

 


スポンサーリンク