お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【軽い】空腹で歩く7つの健康効果と効果の理由!ダイエットにも効く!


スポンサーリンク

健康、ダイエット、病気予防にオススメの健康に良い行動を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

 

効率の良い運動の方法とは「空腹で歩く」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる運動方法についてお伝えします。

 

 

効率の良い運動の方法を紹介します。

健康に効果的です。

ダイエットにも効果的です。

病気予防にも効果的です。

 

効率の良い運動の方法とは「空腹で歩く」です。

 

 

 

 

 

 

空腹ウォーキングの7つの効果と効果の理由

空腹で歩くことが理にかなっている理由について、参考になるものがあったので紹介します。

●空腹でウォーキングをすることが理にかなっている理由

・ウォーキングにより腸が温まり、セロトニンの働きが活性化し、空腹感が抑制される。

・空腹時は胃が活動を休止しており、十分な血液が全身を巡っているため、各器官は活力があり手足が軽く感じる。

・空腹時のウォーキングは、体にたくわえられているグリコーゲン(ブドウ糖)や脂肪やエネルギーに変えて消費する。

 

 

●空腹で歩くことの効果

・体温が上がり、余分な脂肪が減少する

・免疫力が最大限にアップする

・メタボの解消、ダイエット効果、それに伴う生活習慣病の予防が期待できる

・体内の老廃物や毒素が排出され、血液がきれいになる

・高血圧、心筋梗塞脳梗塞を予防する

・ストレスに強くなりウツの改善にも効果がある

・筋力がつき、同時に骨も丈夫になる

他にも、肺の機能強化、ボケ防止、足裏のツボの刺激など

 

 

空腹だから力が出ないのでは?

倒れてしまいそうで危ないのでは?

お相撲さんは朝ごはんを食べる前に4〜5時間も厳しい稽古をします。

 

 

●空腹ウォーキングの注意点

ラソン選手が走行中にふらふらして倒れてしまうことがあります。

・体内の糖分不足が原因

朝のウォーキングでそこまでなることは考えにくいですが、体が慣れていないうちに無理をしすぎると同じ理由で低血糖状態に陥る可能性がある。

慣れるまでは、黒砂糖、チョコレート、飴玉をポケットに入れておくと良いでしょう。

 

「空腹で歩く」と病気にならない (SB新書) | 石原 結實 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazonより

 

 

 

 

 

 

 

空腹ウォーキング•運動のオススメ

冷静に考えてみれば、お腹の中に食べ物が入っているのに体を動かそうって言うのは無理があるのがわかります。

そりゃ、お腹が痛くなるわって話です。

 

 

学生時代の部活の時の試合前は、何時間前には食事を終わらせておこうって工夫していたことがあっていたようでした。

部活の朝練習前の食事は、間違っていますね(^^;;

 

 

インターネット情報ですが、超一流のアスリートの体操の内村航平やサッカーの小野伸二は、1日1食らしいです(^ ^)

体の中に食べ物がある状態で、運動することがよくないことを知っているのではないでしょうか。

 

 

●空腹ウォーキング•運動のオススメ

僕は、空腹でのウォーキングや運動は、はっきり言って最初は心配でした。

しかし、慣れてしまうと、意外と食べなくてもいけるなって感じです。

断食中、ウォーキングや運動以外に軽く体を動かすだけでも、空腹を我慢できます。

他のことしていたら、お腹が空いているのを忘れてしまうやつです。

 

僕の場合は空腹ウォーキングや運動は、痩せてしまうので、食べるときにしっかりと食べておく必要があります。

 

僕は朝一や、夕方が空腹に近い状態となります。

体はよく動くし、頭も冴えています(^ ^)

 

 

空腹ウォーキングや運動は、倒れない程度にするならば、かなりオススメです♬

ダイエットにも効果的であることをお約束します。

是非やってみることをオススメします。

 

 

朝歩く、朝散歩の効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

朝ごはん抜きの効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

断食の効果については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【軽い】空腹で歩く7つの健康効果と効果の理由!ダイエットにも効く!

をお伝えしました。

 

健康、ダイエット、病気予防にオススメの健康に良い行動を紹介しました。

効率の良い運動の方法とは「空腹で歩く」です。

 

 

空腹で歩くことが理にかなっている理由について、参考になるものがあったので紹介しました。

●空腹でウォーキングをすることが理にかなっている理由

・ウォーキングにより腸が温まり、セロトニンの働きが活性化し、空腹感が抑制される。

・空腹時は胃が活動を休止しており、十分な血液が全身を巡っているため、各器官は活力があり手足が軽く感じる。

・空腹時のウォーキングは、体にたくわえられているグリコーゲン(ブドウ糖)や脂肪やエネルギーに変えて消費する。

 

 

●空腹で歩くことの効果

・体温が上がり、余分な脂肪が減少する

・免疫力が最大限にアップする

・メタボの解消、ダイエット効果、それに伴う生活習慣病の予防が期待できる

・体内の老廃物や毒素が排出され、血液がきれいになる

・高血圧、心筋梗塞脳梗塞を予防する

・ストレスに強くなりウツの改善にも効果がある

・筋力がつき、同時に骨も丈夫になる

他にも、肺の機能強化、ボケ防止、足裏のツボの刺激など

 

 

空腹ウォーキングや運動は、倒れない程度にするならば、かなりオススメです♬

ダイエットにも効果的であることをお約束します。

是非やってみることをオススメします。

 

 

少しずつ行動し、空腹で歩いていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「何して遊んだ?」

今週のお題「ホーム画面」


スポンサーリンク