お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【断食】健康のために朝ごはん抜きをオススメする3つの理由


スポンサーリンク

健康になりたい!

病気を予防したい!

パフォーマンスを上げたい!

人間の本来の機能についてお伝えします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

オススメの健康法とは「朝ごはんを抜く」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康に関わる朝ごはんについてお伝えします。

 

 

あなたは朝ごはんを食べますか?

 

 

欠かさず食べるよって方もいれば、食べないって方もいるのではないでしょうか。

 

どうやったら、健康になるのか?

どうやったら、パフォーマンスが上がるのか?

どうやったら、眠くならないのか?

 

これらを改善する方法で、参考のなる一つの健康法を見つけたので紹介します。

オススメの健康法とは「朝ごはんを抜く」ことです。

 

 

 

 

 

 

朝ごはん抜きをオススメする3つの理由

朝ごはん抜きをオススメする理由について、参考になるものがあったので紹介します。

 

●朝ごはん抜きをオススメする3つの理由

①食事をすると、食べ物を消化したり栄養を吸収したりするために、血液や胃や小腸にたくさん集まり、他の臓器への血流が不足する状態になる。

 

その結果、大腸や直腸、腎臓の血流不足で排泄機能が低下したり、脳や心臓、骨格筋への血流不足で食後の眠気、動きたくないという症状に襲われる。

 

 

②胃腸が休まり、他の臓器が活発に働いているときは、デトックスが進み、血液が浄化されている。

朝食を抜くことで空腹でいる状態が長くなり一層その効果が高まる。

 

 

③朝食を抜くという方法は、現代人の生活リズムにあっている。

 

 

「空腹で歩く」と病気にならない (SB新書) | 石原 結實 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazonより

 

 

 

 

 

 

 

朝ごはん抜きのポイント•注意点

僕は平日の朝食後、仕事に行くときに電車の中で座ってパソコンを打っています。

たくさん睡眠時間を摂っているにも関わらず、眠くならないと言われている脂質やタンパク質を摂っているにも関わらず、眠くなることがありました。

特に眠くなりにくい脂質を摂っても、眠くなることがありました。

今回の内容を知ったことで、朝食後は眠くなる理由がハッキリと、わかりました。

 

僕が朝食を摂っていた理由はただ一つで、体重を減らしたくない、痩せたくないという理由です。

 

食事に関わらず、液体でも吸収にエネルギーがいるはずです。

もちろん、朝ごはんや朝に栄養を摂った方が良い方もいます。

 

 

僕は痩せずに健康にいれるのであれば、朝は全く栄養補給せずに過ごしたいです。

それの方が眠くならず、頭が働き、仕事や勉強に集中できるからです。

僕は、以前から朝ごはん抜きはチャレンジしてきたので、そのポイント•注意点を紹介します。

 

 

●朝食抜きのポイント•注意点

たとえ体重が減ったとしても、栄養不足になってしまったら健康になったとは言えません。

朝食抜きで、不健康になることだけは避けましょう。

 

朝ごはん抜きは、理屈的に合っていても、今のあなたの体には合わない可能性もあります。

朝ごはんを少しずつ減らす、朝ごはんの食事の内容を変える、食事の時間を遅らせるなど工夫してみてはいかがでしょうか。

 

僕は朝食抜きの断食で急激に痩せた経験があるので、急激に朝食抜きをするこことはオススメしません。

個人的には、体の負担の少ない休みの日、1日だけやってみるっていうのがオススメです。

 

 

朝ごはん抜き、断食経験に関してはmoney-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

僕は痩せずに朝食を抜くにはどうすれば良いか、まだまだ試行錯誤していきます。

何回も失敗してきたので、こうすれば痩せずに朝食を抜けるんじゃないかなって感覚的にわかってきました(^ ^)

成功すれば、またお伝えします。

 

 

あなたも栄養不足には不健康にはくれぐれも気をつけて、朝ごはん抜きに挑戦しましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【断食】健康のために朝ごはん抜きをオススメする3つの理由をお伝えしました。

 

朝ごはん抜きをオススメする理由について、参考になるものがあったので紹介しました。

 

●朝ごはん抜きをオススメする3つの理由

①食事をすると、食べ物を消化したり栄養を吸収したりするために、血液や胃や小腸にたくさん集まり、他の臓器への血流が不足する状態になる。

 

その結果、大腸や直腸、腎臓の血流不足で排泄機能が低下したり、脳や心臓、骨格筋への血流不足で食後の眠気、動きたくないという症状に襲われる。

 

 

②胃腸が休まり、他の臓器が活発に働いているときは、デトックスが進み、血液が浄化されている。

朝食を抜くことで空腹でいる状態が長くなり一層その効果が高まる。

 

 

③朝食を抜くという方法は、現代人の生活リズムにあっている。

 

 

僕は、以前から朝ごはん抜きはチャレンジしてきたので、そのポイント•注意点を紹介しました。

 

●朝食抜きのポイント•注意点

たとえ体重が減ったとしても、栄養不足になってしまったら健康になったとは言えません。

朝食抜きで、不健康になることだけは避けましょう。

 

朝ごはん抜きは、理屈的に合っていても、今のあなたの体には合わない可能性もあります。

朝ごはんを少しずつ減らす、朝ごはんの食事の内容を変える、食事の時間を遅らせるなど工夫してみてはいかがでしょうか。

 

 

あなたも栄養不足には不健康にはくれぐれも気をつけて、朝ごはん抜きに挑戦しましょう。

 

 

少しずつ行動し、朝食抜きにチャレンジしていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

今週のお題「ホーム画面」

今週のお題「何して遊んだ?」


スポンサーリンク