お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【変化】冬至で健康を見直す5つのメリット


スポンサーリンク

健康に良いオススメの行動を紹介します。

冬至をきっかけに健康になる方法を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20211222091753j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

 

健康と冬至

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関わる冬至についてお伝えします。

 

今年も寒い冬がやってきました。

 

冬至とは何なのでしょうか?

調べたものをまとめて挙げます。

 

冬至とは?

冬至とは、北半球において日の出から日の入りまでの時間がもっとも短い(=夜が長い)日のことです。

冬至がいつかは天文学的に決まり、毎年、12月21日か22日です。
南半球では同じ日が、もっとも昼の時間が長い日になります。

 

【冬至とは】2021年はいつ?かぼちゃを食べる理由や柚子湯に入る風習など解説!|じゃらんニュースより

 

 

 

 

 

 

冬至と言えば「かぼちゃ」「ゆず」

冬至と言えば、話題に出るのが「かぼちゃ」と「ゆず」です。

冬至の「かぼちゃ」と「ゆず」について調べたものを挙げます。

 

冬至の食べ物「かぼちゃ」

冬至の食べ物といえばかぼちゃ。
ところで、なぜ冬至にはかぼちゃなのでしょう?

かぼちゃの原産地は中南米

もともと暑い国の野菜なので、かぼちゃは夏から秋に収穫されます。

ただ、カットさえしなければ、風通しのいい涼しい場所で2~3カ月保存することが可能です。

 

かぼちゃは、体内でビタミンAに変わるカロテンや、ビタミンB1、B2、C、E、食物繊維をたっぷり含んだ緑黄色野菜。新鮮な野菜が少なくなる時期、これからの冬を乗り切るためにも、冬至という節目の日にかぼちゃを味わって栄養をつけよう…という先人の知恵なのです。

 

ただ、江戸時代の文献には「冬至にかぼちゃ」という内容の記述はなく、明治以降に生まれた比較的新しい習慣と考えられています。

 

冬至の風習「柚子湯」

もう一つの冬至の風習が柚子湯(ゆずゆ)。

この習慣は江戸時代からあったようです。

 

1838(天保9)年に刊行された、江戸の年中行事を紹介する「東都歳事記(とうとさいじき)」によると、「冬至 今日銭湯風呂屋にて柚湯を焚く」との記述があります。

 

冬至」を「湯治」にかけ、「柚子」を「融通が利く」(=体が丈夫)にかけて、お風呂屋さんが始めたとされています。江戸っ子ならではのしゃれたイベントですね。

 

柚子はちょうど11月~12月が収穫期。
柚子の果皮には、風邪予防や保湿にいいとされるビタミンCや、血行改善を促すといわれるヘスペリジン(フラボノイド)などが豊富に含まれています。
昔の人は、旬の柚子が健康にいいことを経験的に知っていたのでしょうね。

 

 

【冬至とは】2021年はいつ?かぼちゃを食べる理由や柚子湯に入る風習など解説!|じゃらんニュースより

 

 

 

 

 

 

 

冬至で健康を見直す5つのメリット

冬至に関わる「かぼちゃ」と「ゆず」についてお伝えしました。

かぼちゃは「栄養」、ゆずは「入浴」を見直すきっかけになります。

「栄養」「入浴」どちらも健康には欠かすことはできません、

冬至で健康を見直すメリットについてまとめて挙げます。

 

冬至で健康を見直す5つのメリット

・栄養を見直すきっかけになる

・入浴を見直すきっかけになる

・大きなお金がかからない

・寒い冬を元気で過ごすきっかけになる

・昼の(明るい)時間が長くなれば、気分も明るくなる

 

 

・栄養を見直すきっかけになる

栄養の良いかぼちゃを食べて、栄養について見直しましょう。

 

 

・入浴を見直すきっかけになる

寒い冬はお風呂に入って、疲労回復、体を癒しましょう。

 

 

・大きなお金がかからない

かぼちゃも、ゆずもたくさんお金がかかるものではありません。

田舎に住んでいる方なら、どちらも無料でもらうこともできるでしょう。

 

 

・寒い冬を元気で過ごすきっかけになる

寒い冬はまだまだこれからです。

健康を見直し、寒い冬を元気に過ごしましょう。

健康を見直しておけば、クリスマス、年末年始で生活リズムが乱れるのを予防するきっかけになります。

 

 

・昼の(明るい)時間が長くなれば、気分も明るくなる

冬至を過ぎると、昼の(明るい)時間が長くなってきます。

明るい時間が長くなると、外で過ごす時間も長くなり、自然と気分も明るくなります。

 

 

最後に、冬至を紹介している僕の冬至の過ごし方を紹介します。

もちろん、かぼちゃを食べます。

ハロウイーンの時も同じことを言っていましたが、まだ家にかぼちゃが残っているので食べます(^ ^)

かぼちゃは、保存が効くので助かりますm(._.)m

 

柚子湯は毎年入っていますので、今年も入ります。

柚子湯でしっかりと疲れを取ります。

冬至をきっかけに、さらに健康度を高めていきます。

 

 

あなたも冬至で健康を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

●インターネットショッピングで冬至グッズを見る

Amazon.co.jp: 冬至

楽天市場:冬至

Yahoo!ショッピング:冬至

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【変化】冬至で健康を見直す5つのメリットをお伝えしました。

 

冬至とは?

冬至とは、北半球において日の出から日の入りまでの時間がもっとも短い(=夜が長い)日のことです。

冬至がいつかは天文学的に決まり、毎年、1221日か22日です。
南半球では同じ日が、もっとも昼の時間が長い日になります。

 

冬至の「かぼちゃ」と「ゆず」について調べたものを挙げました。

冬至の食べ物「かぼちゃ」

かぼちゃは、体内でビタミンAに変わるカロテンや、ビタミンB1、B2、C、E、食物繊維をたっぷり含んだ緑黄色野菜。新鮮な野菜が少なくなる時期、これからの冬を乗り切るためにも、冬至という節目の日にかぼちゃを味わって栄養をつけよう…という先人の知恵なのです。

 

 

冬至の風習「柚子湯」

もう一つの冬至の風習が柚子湯(ゆずゆ)。
柚子の果皮には、風邪予防や保湿にいいとされるビタミンCや、血行改善を促すといわれるヘスペリジン(フラボノイド)などが豊富に含まれています。
昔の人は、旬の柚子が健康にいいことを経験的に知っていたのでしょうね。

 

冬至で健康を見直すメリットについてまとめて挙げました。

 

冬至で健康を見直す5つのメリット

・栄養を見直すきっかけになる

・入浴を見直すきっかけになる

・大きなお金がかからない

・寒い冬を元気で過ごすきっかけになる

・昼の(明るい)時間が長くなれば、気分も明るくなる

 

 

あなたも冬至で健康を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

●インターネットショッピングで冬至グッズを見る

Amazon.co.jp: 冬至

楽天市場:冬至

Yahoo!ショッピング:冬至

 

 

少しずつ行動し、楽しく冬至を過ごしましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

今週のお題「忘れたいこと」

(この行を消して、ここに「フリーにはたらく」について書いてください)

 

 

 


スポンサーリンク