お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【計画】サラリーマンの仕事術「仕事納め」3つのコツ


スポンサーリンク

1年も早いもので、もうすぐ終わろうとしています。

仕事納めの段階に入っている方もいるのではないでしょうか。

スムーズに仕事を終わらせ、年末年始の休みに入るために、一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20211217100124p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

お金に関わる仕事「仕事納め」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、お金に関わる仕事、仕事納めについてお伝えします。

 

毎年仕事納めをちゃんとできていますか?

ギリギリまで仕事をしていませんか?

今年も終わらない、また来年って投げ出していませんか?

 

そんな方にオススメの仕事納めのコツを紹介します。

 

 

 

 

 

 

仕事納めの3つのコツ

仕事納めのコツをまとめて挙げます。

 

●仕事納めの3つのコツ

・11月~12月頭に取引先のスケジュールを確認する

・仕事に優先順位をつける

・1月を見越したスケジュールを立てる

 

 

・11月~12月頭に取引先のスケジュールを確認する

人事・総務・広報・営業など、外部と連絡を取り合うことが多い職種に就いている方であれば、11月頃から着々と取引先や担当者の年末年始のスケジュール確認を進めるようにしましょう。

 

相手あっての仕事は、どちらかが休みであれば成り立ちません。

先方へスケジュールを伺うと同時に、自社と自身の年末年始スケジュールを共有しておけば、すれ違いのリスク軽減に繋がります。

自身の休暇予定を先に告げれば、先方も自然と予定を教えてくれるはずですよ。

 

 

・仕事に優先順位をつける

「年内に綺麗に仕事を納めたい!」と願うのは自然なこと。

しかし、全てが全て片付くとは限りません。

「仕事が納まる気がしない……」と頭を抱える方も、少なからずいることでしょう。

 

そんな時は、仕事に優先順位を付けていくことをおすすめします。

仕事を「重要度の高低」「緊急度の高低」の4パターンに分類すれば、年内に行わなければならない仕事の取捨選択がしやすくなります。

 

重要度・緊急度の高い仕事は、年内に片付けられるように進めてください。

反対に、重要度・緊急度ともに低い仕事は、無理に年内に進める必要はありません。

ぜひ、仕事の棚卸しを行ってみてくださいね。

 

 

・1月を見越したスケジュールを立てる

仕事納めと仕事始めは、切り離して考えることはできません。

そのため、スケジュールも12月・1月をセットで考えるべきです。

 

12月・1月は、休暇の兼ね合いで必然的に営業日が少なくなりますよね。

加えて、年賀状や、年末年始の挨拶など、イレギュラーな対応も増えやすいもの。

 

ですので、可能な限り12月頭に1月末を見越したスケジュールを立てるようにしましょう。

そうすればきっと、明るい気持ちで仕事始めに向かうことができるはずです。

 

仕事納め・仕事始めはいつ?御用納めとの違いや明るい新年を迎える仕事納めのコツも紹介!|ホテル・宿泊業界情報コラム|おもてなしHR

 

 

 

 

 

 

仕事納めと大掃除のコツ

年末年始に欠かせない仕事として、大掃除があります。

職場環境、デスク周り、書類などを片付けることになるでしょう。

目に見えるところだけでなく、パソコン•タブレットスマホの中も整理整頓をしておきましょう。

しかし、一気にやると、他の仕事が手につかない場合があります。

 

大掃除のコツは、普段からこまめに掃除、整理整頓、断捨離をやっておくことです。

大掃除では、いつもは手につけないところに取り組むのがオススメです。

掃除、整理整頓、断捨離の時間も、仕事納めの予定に必ず入れておきましょう。

 

掃除、整理整頓、断捨離は、時間の無駄って思うかもしれません。

しかし、仕事効率の向上、生産性の向上につながります。

必ず取り組みましょう。

 

仕事納めは、早め早めに取り掛かることをオススメします。

11月から、今から、計画して早めに動き出しましょう。

仕事納めを早めに終わらせて、来年から最高のスタートを切りましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【計画】サラリーマンの仕事術「仕事納め」3つのコツをお伝えしました。

 

仕事納めのコツをまとめて挙げました。

 

●仕事納めの3つのコツ

・11月~12月頭に取引先のスケジュールを確認する

・仕事に優先順位をつける

・1月を見越したスケジュールを立てる

 

 

年末年始に欠かせない仕事として、大掃除があります。

大掃除のコツは、普段からこまめに掃除、整理整頓、断捨離をやっておくことです。

大掃除では、いつもは手につけないところに取り組むのがオススメです。

 

 

掃除、整理整頓、断捨離の時間も、仕事納めの予定に必ず入れておきましょう。

仕事効率の向上、生産性の向上につながります。

 

仕事納めは、早め早めに取り掛かることをオススメします。

11月から、今から、計画して早めに動き出しましょう。

仕事納めを早めに終わらせて、来年から最高のスタートを切りましょう。

 

 

少しずつ行動し、楽しく仕事納めをしましょう。

継続すれば、確実に快適に年末年始を過ごせます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク