お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【極楽】健康にいいオススメの旅行先「温泉」のメリット•デメリット


スポンサーリンク

疲れがたまっている。

ストレスがたまっている

気分転換したい。

そんな方にオススメの内容です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20211117062110j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康と温泉

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、健康と温泉についてお伝えします。

 

あなたは旅行が好きですか?

あなたは温泉が好きですか?

 

日本人で温泉が嫌いって方はあまり聞いたことがありません。

それくらい日本人は温泉が好きって言って良いでしょう。

 

しかし、あなたは温泉のメリット・デメリットを知っていますか?

 

なんとなく体にいいってくらいしか知らないのではないでしょうか。

温泉が健康にどんな効果があるのか、お伝えします。

 

 

 

 

 

 

温泉に入るメリット・デメリット

温泉に入るメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●温泉に入るメリット・デメリット

温泉に入るメリット【結論:健康レベルがアップする話】

・メリット1「一般的なお風呂と同じ効果」

・メリット2「泉質による効果」

・メリット3「デトックス効果」

・メリット4「転地による効果」

・メリット5「自律神経を整える」

・メリット6「ダイエットにも効果的!?」

 

温泉に入るデメリット「結論:気をつければOKです!」

・のぼせないように注意する

・湯あたりに注意する

・湯上りは保湿

・水分の摂取は忘れない

・冷えないように注意する

 

 

・メリット1 一般的なお風呂と同じ効果

まずは、一般的なお風呂と同じ効果から。

 

熱効

人間の体はあっためると免疫が上がりますね!

体温が1度上がると免疫力が30%上がる、なんて言われています。

 

浮力

水の中では体重も10分の1。

この状態だと脳波がアルファ波になると言われています。

つまりリラックスできるということです。

 

圧効

水圧で体に圧力を加えると、全身がマッサージされている状態になります。

血行が良くなったり、リンパの流れが良くなったりします。

当然肩こりなどにも、大変効果的です。

 

 

・メリット2「泉質による効果」

これは、泉質によっていろいろです。

温泉の種類は全部で10種類。

具体的には以下のとおりです。

 

単純泉

塩化物泉

酸性泉

炭酸水素塩泉

放射能

含鉄泉

含よう素泉

硫黄泉

二酸化炭素

硫酸塩泉

 

 

・メリット3「デトックス効果」

デトックスとは、体の毒が抜けるということ。

血行が良くなったり、リンパの流れがよくなったり、汗をかくことで、体の毒素が抜けます。

温泉に入るとスッキリするのは、この効果があるからです。

 

 

・メリット4「転地による効果」

温泉地は、大抵の場合、自然の豊かなところにあるものです。

「天治療法」という言葉があるくらい、旅行したりすることは、人間の体にいい影響を与えます。

いい景色とか見たらストレスなんて忘れてしまう、とそんな感じです。

 

 

・メリット5「自律神経を整える」

自律神経とは、昼は活発に行動して、夜は眠くなる、

その神経のことを言います。

温泉には、この神経の調子をよくしてくれる効果があります。

ちなみに、熱めのお湯は交感神経を活発にして、ぬるめのお湯は副交感神経を活発にします。

カンタンに言うと、昼活発に動きたいって方は、熱めのお湯がおすすめで、夜よく眠れないような方は、ぬるめのお湯に入ることをおすすめします。

 

 

・メリット6「ダイエットにも効果的!?」

10分入浴したのと、20分ランニングしたのが同じカロリーの消費って言われています。

それだけ、入浴ではカロリーを消費します。

これは、一般のお風呂のデータなので、温泉ではさらに上がるはず。

僕の肌感としても、温泉に行くと「体が痩せてくるな」って思います。

 

 

温泉に入るデメリット「結論:気をつければOKです!」

・のぼせないように注意する

特に、「熱い温泉」や「塩化物温泉」は注意が必要です。

温泉に入る前にかけ湯をしっかりすれば大丈夫です。

それから「塩化物泉」は特に、もう少し入っていたいな〜と思うくらいで、

温泉から出るのが無難かと思います。

 

 

・湯あたりに注意する

僕自身、ひどい湯当たりになったことはないのですが、多くの温泉では、一日3回程度を推奨していますね。

僕がなったことのある湯あたりの症状としては、「体がだるくなる」とか「やたら眠くなる」とかこの程度です。

また、高齢の方は、1日2回程度の方が良いと言われたりもします。

とにかく無理をしないことが大事です。

 

 

・湯上りは保湿

これは常識かもしれませんが‥‥。

保湿をしなくても大丈夫な温泉も実はあります。

とはいえ保湿をした方がいいですね!

 

 

・水分の摂取は忘れない

温泉は、普通のお風呂以上に汗をかきます。

ですので、水分の摂らないことは、大変危険です。

入浴の前後には忘れずに水分補給をしましょう!

 

 

・冷えないように注意する

せっかくあったまっても、体を冷やしてしまっては台無しです。

山奥の秘湯などは、夜になると冷え込むことがあります。

この辺りも注意が必要なところです。

 

温泉に入るメリット・デメリット【結論:健康レベルがアップする話】

 

 

 

 

 

 

健康のために旅行先の温泉はオススメ

たくさんの温泉のメリットを知って、あなたも温泉に行きたくなったのではないでしょうか?

 

旅行で観光して、温泉に入って、美味しい食事を食べて、寝る、最高ですね(^ ^)

気が合う人と行けば、楽しみがもっと増えます。

 

 

僕は冬によく雪山にスノーボードに行きます。

スノーボード後の疲れた体に、温泉は気持ちがいいです。

寒い環境で入る露天風呂も、めちゃめちゃ気持ちがいいです。

季節を問わず一年中、ゴルフにも行っていました。

ゴルフはプレー後、お風呂または温泉がセットでついてきます。

 

疲れた体や、体を動かした後の温泉で疲労回復、最高ですね(^ ^)

 

 

全国各地にたくさんの温泉があるのは、日本の良いところって言って良いでしょう。

 

あなたは、どこの温泉に行きますか?

あなたは、どこに旅行に行き、温泉に入りますか?

温泉なら泊まりじゃなくても、日帰りでも、一人でもいけるのでオススメですね。

全国各地の温泉巡りをして心身ともに健康になる、そんな楽しみを作っても良いでしょう。

 

 

★インターネットで癒しのある旅行先を探す

楽天ポイントが貯まる楽天トラベルで旅行先を探す

楽天トラベル

 

 

●宿・ホテル予約ならじゃらんnet。当日予約や今だけのじゃらん限定プランも。

 

 ・【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!

 

 

●インターネットで温泉付きのゴルフ場を探す

 

楽天GORA

 

 

旅行に行くメリットについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【極楽】健康に良いオススメの旅行先「温泉」のメリット•デメリット

をお伝えしました。

 

あなたは旅行が好きですか?

あなたは温泉が好きですか?

 

日本人で温泉が嫌いって方はあまり聞いたことがありません。

それくらい日本人は温泉が好きって言って良いでしょう。

 

 

温泉に入るメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

 

●温泉に入るメリット・デメリット

温泉に入るメリット【結論:健康レベルがアップする話】

・メリット1「一般的なお風呂と同じ効果」

・メリット2「泉質による効果」

・メリット3「デトックス効果」

・メリット4「転地による効果」

・メリット5「自律神経を整える」

・メリット6「ダイエットにも効果的!?」

 

温泉に入るデメリット「結論:気をつければOKです!」

・のぼせないように注意する

・湯あたりに注意する

・湯上りは保湿

・水分の摂取は忘れない

・冷えないように注意する

 

 

旅行で観光して、温泉に入って、美味しい食事を食べて、寝る、最高ですね(^ ^)

気が合う人と行けば、楽しみがもっと増えます。

 

 

あなたは、どこの温泉に行きますか?

あなたは、どこに旅行に行き、温泉に入りますか?

温泉なら泊まりじゃなくても、日帰りでも、一人でもいけるのでオススメですね。

全国各地の温泉巡りをして心身ともに健康になる、そんな楽しみを作っても良いでしょう。

 

 

★インターネットで癒しのある旅行先を探す

楽天ポイントが貯まる楽天トラベルで旅行先を探す

楽天トラベル

 

 

●宿・ホテル予約ならじゃらんnet。当日予約や今だけのじゃらん限定プランも。

 

 ・【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!

 

 

●インターネットで温泉付きのゴルフ場を探す

 

楽天GORA

 

 

少しずつ行動し、楽しく温泉に行きましょう。

継続すれば、確実に健康になります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「秋の歌」

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと


スポンサーリンク