お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

食べるダイエット「ゆっくり食べる」方法とメリット


スポンサーリンク

〇〇ダイエット、たくさんの種類のダイエットがあります。

今回は、食べたい人は必見のダイエット方法を紹介します。

食べて健康になるオススメの食事の方法です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20211005083440j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

食べるダイエット「ゆっくり食べるダイエット」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関する食事についてお伝えします。

 

食事に関わるダイエット方法を紹介します。

 

ダイエットとして取り上げられるのが食事制限です。

ダイエットができない人の特徴は、食べたいのです。

そんな食べたい方にオススメのダイエット方法を紹介します。

今回紹介する方法は、食べていいのです。

 

食事で意識して欲しいのは、ゆっくり食べることです。

ゆっくり食べるダイエットを紹介します。

 

 

 

 

 

 

ゆっくり食べるって具体的な時間は?

ではどれくらい時間をかけるのがオススメなのでしょうか。

調べたものを挙げます。

 

●1回の食事時間がどれくらいが適切?

太りにくくするためには、1回の食事に少なくとも20分以上はかけることが必要です。

食事はゆっくり食べるのがよいといわれているように、満腹中枢が作用して満腹感を得るまでには約20分の食事時間が必要です。

そのため、20分以内に食べ終えてしまうと、満腹感を得られずにおやつなどを食べたくなってしまいます。

また、食事時間は長くとも90分以内に収めましょう。

脳や胃腸が働く限界は90分以内といわれているため、90分を超えると胃腸の働きが悪くなってしまうからです。

 

理想的な各食事の時間・間隔は?就寝前に食べる場合のおすすめも紹介 | 【公式】まごころ弁当より

 

 

●みなさんは毎日の食事にどれくらい時間をかけていますか?

食事はゆっくり食べるほうが良いと言われていますが、その理由のひとつが満腹中枢。

私たちのカラダは噛めば噛むほど満腹中枢が刺激されることで、満腹感を得られるのだそうです。

しかし、満腹中枢が働き出すためには20分程度の食事時間が必要だとか。

つまり、早食いをすると満腹感を得られないまま食べ終わるため、すぐにまたデザートだ、おやつだと別のものをつまんでしまうんです。

 

しかしある調査によると、日本人の朝食にかける時間はわずか10分。

昼食と夕食に関しては、かろうじて30分程度はかけているということですが、実情は多くの人達が「早食い傾向」に陥っていることがわかっています。

 

この早食いを防ぐためには、口に運ぶ回数と噛む回数が必然的に増える「かさ」があって「固い」メニューを選ぶのがベスト。

これならば食事時間に20~30分は費やせるのではないでしょうか。

食事にどれくらい時間をかけてる?“痩せ食べ”には20分以上が必要! – アサジョ

 

 

 

上記も含めてゆっくり食べるメリットを挙げます。

 

●ゆっくり食べるメリット

・食べすぎを抑えられる

・早食いを抑えられる

・味わって食べられる

 

 

ゆっくり食べるには20分以上90分以内がオススメです。

少なくとも15分以上かけて食べたいところです。

90分以内は長くて逆にダラダラ食べてしまう可能性があります。

1時間以内がオススメって言ったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ゆっくり食べるためにすべき3つのこと

ゆっくり食べるためにすべき3つのことをまとめて挙げます。

 

●ゆっくり食べるためにすべき3つのこと

・食べる時間を計ってみる

・よく噛んで食べる

・かさがあって、固いメニューを入れる

 

 

・食べる時間を計ってみる

あなたも実際に食事の時間を計ってみると良いでしょう。

三食食べている方はそれぞれ食事時間を計ってみると良いでしょう。

なお、テレビ、スマホ、新聞は見ずに計りましょう。

 

 

・よく噛んで食べる

よく噛んで食べないと、早食いになってしまいます。

どんどん食べる量が増えます。

 

噛んで食べるメリットに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・かさがあって、固いメニューを入れる

噛めるメニューを入れることにより、ゆっくり食べることができます。

 

 

僕はこの方法を知ってから、食事にかかっている時間を実際にタイマーで計ってみました。

家で一人で、食事を少なめで、テレビも新聞もスマホも見ずに食べてみました。

 

余裕で、10分で食べきれます(^^;;

20分は長いです。

 

少ない量なら5分でも食べきれてしまうのではないでしょうか。笑

 

30分なんて長すぎます。

早食いしていたことを反省しなければなりませんm(._.)m

仕事があるときの、朝食なんてめちゃめちゃ早いです(^^;;

 

食べることは生きることです。

もっと余裕を持って行動しなければなりません。

新聞、テレビ、スマホを見ずに、最低20分かけて食べていきます。

 

 

食べるだけに20分?特に新聞やテレビ、スマホがなかったらすることがないよって方もいますよね。

よく噛んで味わって食事を頂きましょう。

ゆっくり食べることで、早食いによる食べ過ぎを抑えることができます。

間違いなくダイエットにつながります。

次の食事から、ぜひやってみてくださいね(^ ^)

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は食べるダイエット「ゆっくり食べる」方法とメリットをお伝えしました。

 

食事で意識して欲しいのは、ゆっくり食べることです。

ゆっくり食べるダイエットを紹介しました。

 

 

ではどれくらい時間をかけるのがオススメなのでしょうか。

 

●1回の食事時間がどれくらいが適切?

太りにくくするためには、1回の食事に少なくとも20分以上はかけることが必要です。

食事はゆっくり食べるのがよいといわれているように、満腹中枢が作用して満腹感を得るまでには約20分の食事時間が必要です。

また、食事時間は長くとも90分以内に収めましょう。

脳や胃腸が働く限界は90分以内といわれているため、90分を超えると胃腸の働きが悪くなってしまうからです。

 

ゆっくり食べるためにすべき3つのことをまとめて挙げました。

 

●ゆっくり食べるためにすべき3つのこと

・食べる時間を計ってみる

・よく噛んで食べる

・かさがあって、固いメニューを入れる

 

 

食べるだけに20分?特に新聞やテレビ、スマホがなかったらすることがないよって方もいますよね。

よく噛んで味わって食事を頂きましょう。

ゆっくり食べることで、早食いによる食べ過ぎを抑えることができます。

間違いなくダイエットにつながります。

次の食事から、ぜひやってみてくださいね(^ ^)

 

 

少しずつ行動し、楽しくダイエットしていきましょう。

継続すれば、確実に楽しくダイエットとできます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

今週のお題「今月の目標」


スポンサーリンク