お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

お金が貯まるダイエット「腹八分目」メリット•デメリット•方法


スポンサーリンク

「最近、太ってきた」

「最近、お金がない」

 

そんな悩みを同時に解消する方法をお伝えします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20200524143417j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

お金が貯まるダイエット「腹八分目」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に関わる食事についてお伝えします。

 

体重が増える、お金が減る、どっちも嬉しくないですよね。

では、なぜ体重が増えるでしょうか?

 

答えは、食べ過ぎです。

食べなければ体重は増えません。

 

そんなに食べてないって言われるかもしれません。

そんな人に限って、食べています。

 

まず、食べ過ぎは体重が増える原因であることを頭に入れておきましょう。

食べ過ぎ、飲み過ぎに注意しましょう!

言うのは簡単ですよね。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎは、健康とお金どちらも失う可能性があります。

どちらもです。

 

食べ過ぎで、肥満になると、病気になります。

健康を失います。

食べ過ぎると、それだけ食費がかかります。

お金を失います。

病気になると、さらに医療費がかかります。

 

将来のためにもお金の無駄使いはしたくないですよね。

 

さらに、食べ過ぎで太っているのは、見た目にもよくありません。

いつまでも、異性にモテたい、他の人よりも魅力的でありたいですよね。

 

 

では、食べ過ぎを抑えて、お金を節約する方法と何なのでしょうか?

その方法は「腹八分目」です。

 

簡単に言うと食べる量を減らし、肥満になることを防ぎます。

体重が気になる方ならダイエットにもつながります。

食べる量を減らすことで、食費が減ります。

お金を使う量が減り、節約になります。

 

食事の時、毎回お腹いっぱいになるまで、食べていませんか?

お菓子やデザートも食べ過ぎていませんか?

 

 

 

 

 

腹八分目とは?腹八分目の実践方法

腹八分目とは一体何なのか?どう実践していけばいいのかお伝えします。

 

●腹八分目とは?

食事の際、満腹になるまで食べるのでなく、八分目と思われる程度のほどほどの分量にしておくのが、健康・長寿のために良いという意味の語です。

「腹八分目に医者いらず」ということわざもあります。

 

 

では、どのように腹八分目を実践すれば良いのでしょうか?

お腹いっぱい食べることを重要視していた僕が、腹八分目のために実践してきた方法をお伝えします。

 

●腹八分目のために実践してきた方法

・まずは3食のうち、1回だけ腹八分目にする(できれば夜)

・ゆっくり食べる

・よく噛んで食べる

・小さい器を使う

・食べ放題に行かない

・野菜をたくさん食べる

・食べる順番を変える(飲み物を飲む、野菜を食べる、汁物から食べる)

・一人で食べ切ろうとせず、周りの人に食べてもらう

・少しずつ色んなものを食べる

 

 

注意点があります。

腹八分目と言って、逆に食べる量を減らしすぎて、栄養不足になるのはダメです。

腹八分目と言って、好きな食べ物を我慢して、ストレスをためるのは違います。

 

 

 

 

 

 

腹八分目のメリット・デメリット

腹八分目を始めたことは食べるに物足りなさを感じましたが、慣れました。

お腹いっぱい食べなくてもいける、むしろお腹いっぱい食べない方が楽であることに気づきました。

 

腹八分目を心がけるようになってから、美味しいものをゆっくり、味わって食べるようになりました。

そのため、食べ放題に行くと言う選択肢がほとんどなくなりました。

体重が増えづらくなりました。

食費が減りました。

 

僕が腹八分目を実践してきたメリット・デメリットをまとめて挙げます。

 

●腹八分目のメリット・デメリット

メリット

・太らない

・食べる量が減るため、食費が減る

・食べた後、苦しいがない

・大事に食べようとする

・お腹いっぱい食べる必要がないことに気づく

 

デメリット

・最初はある程度、我慢が必要

・最初は空腹感を感じるかも

・お腹いっぱい食べれない

 

 

 

 

 

まとめ

今回はお金が貯まるダイエット「腹八分目」メリット•デメリット•方法をお伝えしました。

食べ過ぎを抑えて、お金を節約する方法として、腹八分目を紹介しました。

 

お腹いっぱい食べることを重要視していた僕が、腹八分目のために実践してきた方法を挙げました。

 

●腹八分目のために実践してきた方法

・まずは3食のうち、1回だけ腹八分目にする(できれば夜)

・ゆっくり食べる

・よく噛んで食べる

・小さい器を使う

・食べ放題に行かない

・野菜をたくさん食べる

・食べる順番を変える(飲み物を飲む、野菜を食べる、汁物から食べる)

・一人で食べ切ろうとせず、周りの人に食べてもらう

・少しずつ色んなものを食べる

 

 

腹八分目を実践する方法、腹八分目のメリット・デメリットも伝えしました。

 

●腹八分目のメリット・デメリット

メリット

・太らない

・食べる量が減るため、食費が減る

・食べた後、苦しいがない

・大事に食べようとする

・お腹いっぱい食べる必要がないことに気づく

 

デメリット

・最初はある程度、我慢が必要

・最初は空腹感を感じるかも

・お腹いっぱい食べれない

 

 

食べ過ぎると太り、病気になります。

食べ過ぎると、食費がかかります。

病気になると医療費がかかります。

太ると、見た目も良くありません。

 

それらを解決する方法の1つが今回紹介した腹八分目です。

お腹いっぱい食べるのが習慣になっている方は、最初は物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

少しずつ行動し、楽しく腹八分目で食べていきましょう。

継続すれば、太るのを予防でき、お金が貯まります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク