お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【必見】新型コロナのワクチン副反応が不安な方が準備すべき薬


スポンサーリンク

新型コロナのワクチンを打ちたくない。

新型コロナのワクチン接種が心配だ。

新型コロナのワクチン接種の前に何を準備すべきなのか。

そんな方に、今使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210723083321j:plain

 

 

目次

  

 

 

 

 

 

新型コロナのワクチンの副反応が不安な方へ

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

 

今回は、健康に関わる新型コロナワクチンについてお伝えします。

新型コロナのワクチン接種が不安だって方に、事前に知っておいた方が良い内容をお伝えします。

僕は新型コロナのワクチン接種が2回ともすでに終わっています。

副反応は痛みや、倦怠感がありました。

 

 

新型コロナのワクチン接種に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

その経験を元に、ワクチンを受ける前に知って、準備しておいた方が良い物を紹介します。

 

 

 

 

 

 

ワクチンの副反応に市販の解熱鎮痛薬を飲んでも良い?

準備しておいた方が良いものは薬です。

参考になる記事があったので紹介します。

 

 

質問:ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。

答え:ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応いただくことも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。

 

ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬(※)で対応いただくことも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。

・他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気治療中の場合(飲める薬が限られていることがあります。)
・薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
・激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合
・ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる場合(ワクチン接種後に起こりやすい症状や起こりにくい症状については、こちらをご覧ください。)

なお、ワクチンを受けた後、症状が出る前に、解熱鎮痛薬を予防的に繰り返し内服することについては、現在のところ推奨されていません。

(※)市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。(アセトアミノフェンは、低年齢の方や妊娠中・授乳中の方でもご使用いただけますが、製品毎に対象年齢などが異なりますので、対象をご確認のうえ、ご使用ください。)

ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省より

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種前に準備しておく薬「解熱鎮痛剤」

僕は職場の看護師にもらった解熱鎮痛剤(ロキロソニン)をワクチン接種から3日目に飲みました。

僕の場合は、もっと早めに飲んでおけば、副反応は楽だったかも知れません。

初めてのワクチンの副反応だったので、どんな症状が出るのか、どれくらいで良くなっていくのか、確かめたい気持ちもありすぐに飲みませんでした。

 

 

ついでに、副反応対策に、副反応が出る前に飲んでいる方もいました。

※自己判断でお願いします。

 

 

今回の内容を知って、ワクチンの副反応対策で、解熱鎮痛剤を準備しておき、少しでも安心してワクチン接種が受けられると良いです。

 

薬を準備しておき使わなければ、ラッキーくらいで丁度良いでしょう。

解熱鎮痛剤なら、また使う時があります。

 

 

●インターネットショッピングで解熱鎮痛剤を見る

Amazon.co.jp:解熱鎮痛剤

楽天市場:解熱鎮痛剤

Yahoo!ショッピング:解熱鎮痛剤

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【必見】新型コロナのワクチン副反応が不安な方が準備すべき薬をお伝えしました。

 

新型コロナのワクチン接種が不安だって方に、事前に知っておいた方が良い内容をお伝えしました。

 

僕は新型コロナのワクチン接種が2回ともすでに終わっています。

副反応は痛みや、倦怠感がありました。

 

その経験を元に、ワクチンを受ける前に知って、準備しておいた方が良い物を紹介しました。

準備しておいた方が良いものは薬です。

 

 

ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬(※)で対応いただくことも考えられます。

(※)市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。(アセトアミノフェンは、低年齢の方や妊娠中・授乳中の方でもご使用いただけますが、製品毎に対象年齢などが異なりますので、対象をご確認のうえ、ご使用ください。)

 

 

今回の内容を知って、ワクチンの副反応対策で、解熱鎮痛剤を準備しておき、少しでも安心してワクチン接種が受けられると良いです。

 

薬を準備しておき、使わなければ、ラッキーくらいで丁度良いでしょう。

解熱鎮痛剤なら、また使う時があります。

 

 

●インターネットショッピングで解熱鎮痛剤を見る

Amazon.co.jp:解熱鎮痛剤

楽天市場:解熱鎮痛剤

Yahoo!ショッピング:解熱鎮痛剤

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 


 

 

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」


スポンサーリンク