お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

医療従事者の新型コロナのワクチンを打つ前にすべき3つこと


スポンサーリンク

新型コロナのワクチンを打つまでにすべきことをお伝えします。

新型コロナのワクチンを打つ方、新型コロナのワクチンを打とうかどうか迷っている方は。是非お読みください。

今、使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210515085544j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

新型コロナのワクチン接種の順番がやって来た

僕は医療従事者で理学療法士です。

主に訪問リハビリをしています。

ついに!?やっと!?新型コロナのワクチン接種の順番がやって来ました。

 

2021年、今年最大のイベントと言っていいかもしれません。

いや、2020年に新型コロナが流行ってから、最大のイベントと言っていいかもしれません。

新型コロナが流行ってからイベントは中止ばかりでした。

ワクチン接種は楽しいイベントとは言えませんが、長引くコロナ禍が変わるかもしれない重要なことです。

 

では、新型コロナのワクチンを打つ前にすべきことは、いったい何なのでしょうか?

医療従事者が新型コロナのワクチンを打つ前にすべきことについてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

新型コロナのワクチン接種までにすべき3つのこと

医療従事者が考える新型コロナのワクチン接種までにすべき3つのことをまとめて挙げます。

●新型コロナのワクチン接種までにすべき3つのこと

・感染対策をする

・新型コロナのワクチンについて知る

・体調管理に気をつける=免疫力を高める

 

 

・感染対策をする

新型コロナに感染しないために、手洗い・消毒、マスク、換気、3密回避を引き続きやっていきましょう。

 

 

・新型コロナのワクチンについて知る

 

新型コロナのワクチン接種については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ワクチンについては、こちらの動画もわかりやすいです。

よくわからないワクチンに関して、楽しく学ぶことができます。

ワクチンについて知ることで、少しでも不安が減るでしょう。

 

中田敦彦YouTube大学

【新型コロナとワクチン①】日本人がワクチンを打つ前に知っておくべき真実 (Coronavirus Vaccinations in Japan)) - YouTube

  

【新型コロナとワクチン②】新世代ワクチンの革新性と日本の未来(Coronavirus Vaccinations in Japan) - YouTube

 

  

・体調管理に気をつける=免疫力を高める

体調が万全の状態で、新型コロナのワクチンを受けましょう。

腫れ・痛み、発熱、頭痛、倦怠感などの副反応が出るという話も聞きます。

副反応に影響があるかどうかはわかりませんが、元気な体でワクチンを受けたいです。

弱った体より、元気な体の方が、抵抗力は強いはずです。

元気な体とは、体調が万全の状態、免疫力を高めた状態、健康な状態です。

 

また、当日体調が悪くて、ワクチン接種できないってならないためにも体調管理は重要です。

準備などしてくれている医療従事者の仕事を増やさないようにしましょう。

 

 

免疫力を高めるに関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

医療従事者がワクチン接種までにする3つのこと

僕は医療従事者で、新型コロナウイルスのワクチンを打ちます。

医療従事者なので、会社が一括して予約等をやってくれていました。

日時に関しては、会社が決めたわけではありません。

 

ワクチン接種の日時の2週間前に連絡が来ました。

ワクチンを2回打つ間隔は、3週間後の同じ曜日と時間でした。

タイムスケジュールはこんな感じです。

 

 

●新型コロナワクチン接種までのタイムスケジュール

①予約の連絡が来る

②1週目

③2週目

④3週目  1回目のワクチン接種

⑤4週目

⑥5週目

⑦6週目  2回目のワクチン接種

⑧7週目 

 

 

ワクチンを打つまでに2週間を切っています。

医療従事者である僕自身がワクチン接種までにすべきことを挙げます。

 

 

●医療従事者がワクチン接種までにする3つのこと

・感染対策をする

ワクチンを打つまでに感染しないように、今まで以上に感染対策を徹底します。

新型コロナに限らず、感染対策は一生使えるものです。

習慣化してしまいましょう。

 

 

・新型コロナのワクチンについて知る

新型コロナのワクチンについては、1回か2回、情報収集しておけば十分でしょう。

最新の情報があれば、知っておきたいところです。

 

 

・体調管理に気をつける=免疫力を高める

ワクチン接種前後は、特に体調管理を徹底、免疫力を高めたいです。

 

 

ワクチンを1回目打ってから、2回目打つまでに3週間の間隔が空きます。

つまり新型コロナのワクチンを打つ前後合わせて2ヶ月くらいは、健康月間にしても良いでしょう。

 

ここまで、健康に気を使うことは一生ないと願いたいです。

今、健康に気を使わなければ、健康に気をつけるタイミングはありません。

免疫力を少しでも高めて、健康な体を手に入れ、新型コロナ対策しましょう。

気を使いすぎてストレスを溜めないことには注意したいですが(^^;;

 

 

免疫力を高める方法に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

免疫力と関わりのあるのが、腸と言われています。

僕個人的には、健康月間で腸内環境を整える生活習慣を少しでも身につけます。

 

あなたも新型コロナワクチン接種の順番が必ずきます。

希望すれば、無料で打つことができます。

なお体調管理、免疫力を高める行動は、習慣化することが重要です。

今から準備して健康になりましょう。

 

ワクチンを打った後については、またお伝えさせて頂きます(^ ^)

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は医療従事者の新型コロナのワクチンを打つ前にすべき3つことをお伝えしました。

 

ついに!?やっと!?新型コロナのワクチン接種の順番がやって来ました。

では、新型コロナのワクチンを打つ前にすべきことは、いったい何なのでしょうか?

 

 

医療従事者が考える新型コロナのワクチン接種までにすべき3つのことをまとめて挙げました。

 

●新型コロナのワクチン接種までにすべき3つのこと

・感染対策をする

・新型コロナのワクチンについて知る

・体調管理に気をつける=免疫力を高める

 

 

ワクチンを1回目打ってから、2回目打つまでに3週間の間隔が空きます。

つまり新型コロナのワクチンを打つ前後合わせて2ヶ月くらいは、健康月間にしても良いでしょう。

 

ここまで、健康に気を使うことは一生ないと願いたいです。

今、健康に気を使わなければ、健康に気をつけるタイミングはありません。

免疫力を少しでも高めて、健康な体を手に入れ、新型コロナ対策しましょう。

気を使いすぎてストレスを溜めないことには注意したいですが(^^;;

 

 

免疫力を高める方法に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

あなたも新型コロナワクチン接種の順番が必ずきます。

希望すれば、無料で打つことができます。

なお体調管理、免疫力を高める行動は、習慣化することが重要です。

今から準備して健康になりましょう。

 

 

ワクチンを打った後については、またお伝えさせて頂きます(^ ^)

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 


スポンサーリンク