お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【最新】医療従事者の新型コロナのワクチン打つ?打たない?選択と準備


スポンサーリンク

ワクチン打つ?打たない?不安のある方も多いのではないでしょうか。

ワクチンについて早めに情報収集して、最終的には自分で判断することをオススメします。

自分の健康や命について考えるきっかけにもなるでしょう。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210206084707p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

新型コロナのワクチンを打つ・打たない?

※ワクチンを打つ・打たないをオススメしているわけではありませんので、ご理解下さい。

  あくまで個人の意見です。

 

僕は訪問医療従事者で理学療法士として働いています。

ついに新型コロナウイルスのワクチンを打つ?打たないのお知らせがきました。

ワクチンはテレビなどのメディアで情報が伝えられ、海外ではどんどんワクチン接種率が増えています。

いつかは打つ・打たないの選択する時が来るだろうと思っていました。

 

あなたは世界で大流行中の新型コロナウイルス感染症のワクチンを打ちますか?打たないですか?

 

今回は新型コロナウイルス感染症のワクチンについてお伝えしていきます。

 

 

  

 

 

最新!新型コロナのワクチン情報

僕は海外のワクチン状況を色々情報収集していたので、ワクチンは打つつもりでかまえていました。

しかし、いざ打つか打たないかと選択を迫られると、知らないことが多すぎます。

 

今一度、情報収集する必要があると考え、調べてみました。

国が出している情報なので、信頼できるでしょう。

最新情報が更新されていますので、ぜひチェックしましょう。

 

●最新新型コロナウイルスワクチン情報

新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ

 

新型コロナウイルス感染症のワクチンについて|厚生労働省

 

医療従事者等への接種について|厚生労働省

 

 

誰もがチェックすべきではないでしょうか。

ワクチンを打って最も不安な副反応の種類、副反応が起きたときの補償もわかります。

必ず見ておきましょう!

 

 

 

 

 

 

医療従事者はワクチンを打つ?打たない?選択と準備

新型コロナウイルスワクチンを打つ?打たない?周りの人はどうするのでしょうか?

 

職場の医療従事者の同僚に聞いたら、

 

「みんなが打つなら打とうかな?」

「打ちたくないんやけど?」

「会社的にはどうなの?」

 

曖昧な返答が多かったです。

 

周りで誰も打っていない不安もありますが、反応が悪いことに少しびっくりしました。

おいおいって感じです。

 

自分のことなので、自分で決めるべきです。

これは医療従事者に関わらず、自分で意思決定ができる人は自分で決めるべきです。

この視点はめちゃめちゃ重要なので、必ず覚えておいて下さい。

職場が勧めるから、誰々が勧めるから打つ・打たないって判断はやめたほうがいいです。

もちろん意見は参考にすべきですが、何かあったときに人のせいにしてしまう可能性があります。

 

 

医療に関わっている医療従事者ですら、不安がっている状況です。

高齢者や基礎疾患のある方、一般の方は本当に安心して打てるのか疑問に感じました(^^;)

ついでに、僕の職場では現時点で打たないという意思表示の方もいました。

 

 

新型コロナウイルスのワクチンについて、ちゃんと自分で情報を取った方がいいですよ!

自分の健康や、命に関わることで、とても重要なことです。

 

 

では自分自身はどうするのでしょうか?

僕はワクチンを打ちます。

もちろん、不安はあります。

 

僕は医療従事者です。

自分が感染していることに気づかず無症状で、クライアントが感染したら大変です。

自分は良くても、クライアントが重症化するリスクがあります。

少しでもリスクを減らすために打ちます。

 

僕は個人的にはもし、新型コロナウイルスにかかっても自分自身は重症化しないんじゃないかなって思っています。

感染症対策をしないとか、感染を甘くみているというわけではありません。

もし感染しても良いように、日頃から免疫力を高めているからです。

 

 

免疫力アップの方法に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

新型コロナウイルス感染症は、世界中で広がっている感染症です。

現時点で、すぐにゼロになることは、考えにくいでしょう。

ワクチンは国が無料で打つ機会を与えてくれ、補償もしてくれます。

いつかは感染することを考えれば、周りのことを考えると早めにワクチンは打つべきだなと考えます。

 

僕の職場では、打つと意思表示して、当日体調が悪かったら打たないという選択もあるよって話も出ていました。

 

またワクチンを打ったら、報告させて頂きます。

万全の状態でワクチンを打つために、今から体の状態を整え、さらに情報収集し準備していきます(^ ^)

 

 

免疫力アップの方法については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

少しでも早く新型コロナウイルス感染症が落ち着いてくれることを祈っています。

 

※ワクチンを打つ・打たないをオススメしているわけではありませんので、ご理解下さい。

  あくまで個人の意見です。

 

 

  

 

 

まとめ

今回は【最新】医療従事者の新型コロナのワクチン打つ?打たない?選択と準備をお伝えしました。

 

あなたは世界で大流行中の新型コロナウイルス感染症のワクチンを打ちますか?打たないですか?

 

僕は海外のワクチン状況を色々情報収集していたので、ワクチンは打つつもりでかまえていました。

しかし、いざ打つか打たないかと選択を迫られると、知らないことが多すぎます。

 

今一度、情報収集する必要があると考え、調べてみました。

国が出している情報なので、信頼できるでしょう。

最新情報もあります。

 

 

●最新新型コロナウイルスワクチン情報

新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ

 

新型コロナウイルス感染症のワクチンについて|厚生労働省

 

医療従事者等への接種について|厚生労働省

 

 

誰もがチェックすべきではないでしょうか。

ワクチンを打って最も不安な副反応の種類、副反応が起きたときの補償もわかります。

必ず見ておきましょう!

 

 

情報収集して、ワクチンを打つ・打たない?の選択をどうすればいいのでしょうか?

最終的に自分のことなので、自分で決めるべきです。

これは医療従事者に関わらず、自分で意思決定ができる人は自分で決めるべきです。

この視点はめちゃめちゃ重要なので、必ず覚えておいて下さい。

職場が勧めるから、誰々が勧めるから打つ・打たないって判断はやめたほうがいいです。

もちろん意見は参考にすべきですが、何かあったときに人のせいにしてしまう可能性があります。

 

 

新型コロナウイルスのワクチンについて、ちゃんと自分で情報を取った方がいいですよ!

自分の健康や、命に関わることで、とても重要なことです。

 

 

では自分自身はどうするのでしょうか?

僕はワクチンを打ちます。

もちろん、不安はあります。

 

僕は医療従事者です。

自分が感染していることに気づかず無症状で、クライアントが感染したら大変です。

自分は良くても、クライアントが重症化するリスクがあります。

少しでもリスクを減らすために打ちます。

 

 

またワクチンを打ったら、報告させて頂きます。

万全の状態でワクチンを打つために、今から体の状態を整え、さらに情報収集し準備していきます(^ ^)

 

 

免疫力アップの方法については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

少しでも早く新型コロナウイルス感染症が落ち着いてくれることを祈っています。

 

 

※ワクチンを打つ・打たないをオススメしているわけではありませんので、ご理解下さい。

  あくまで個人の意見です。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

  


スポンサーリンク