お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ

慢性副鼻腔炎で手術経験がある医療従事者の花粉症対策

今週のお題「花粉」

今年も花粉症の時期がやってきました。

花粉症対策し、つらい時期を乗り切っていきましょう。

鼻炎で手術した経験もある医療従事者が花粉症対策をお伝えします。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210222082955j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

鼻水、くしゃみ、花粉症・鼻炎がつらい季節

あなたは花粉症がありますか?

 

くしゃみ、鼻水といった花粉症の症状で、つらくて我慢できないって方もいるでしょう。

花粉症の症状が出る前から、薬を飲んでいるって方もいるでしょう。

 

僕は医療従事者です。

慢性副鼻腔炎で手術した過去があり、花粉症というより、通年のアレルギー性鼻炎です。

体の調子が悪くなると、鼻水が出やすくなります。

温度変化でくしゃみが出やすいです。

健康に気を使い始めてから、鼻炎の症状はだんだん良くなってきています。

 

現在、花粉症の薬を飲むほどではありませんが、花粉症の季節になると鼻がムズムズし始めます。

鼻をかむ頻度も自然と増えます。

 

鼻炎で手術経験がある医療従事者が、もっと楽になる方法はないのだろうかと考えてみました。

今回は花粉症についてお伝えします。

 

 

 

 

5つの花粉症対策で健康を守る

インターネットで花粉症対策について調べてみました。

わかりやすい記事があったので、まとめて挙げます。

 

 

★5つの花粉症対策

①外出時の花粉症対策

②家の中での花粉症対策

③就寝時の花粉症対策

④間違った花粉症対策

⑤花粉症を悪化させるNG習慣

 

 

●外出時の花粉症対策

・花粉情報をチェック

テレビやインターネットで気象情報や花粉情報を入手しましょう。

 

・外出を控えめに

花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。

1日のうち飛散の多い時間帯(午後1時〜3時頃《注:地域によって差があります》)の外出もなるべく控えましょう。

 

・外出時は完全防備

帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。

コートもツルツルした素材を選びましょう。

 

・帰宅時は玄関でシャットアウト

衣服・ペットなどについた花粉は、きちんと外ではらって玄関でシャットアウト。

なるべく室内に持ち込まない工夫と努力を。

 

・帰宅後は洗顔やうがいを

体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。

毎日の習慣として心がけましょう。

 

 

●家の中での花粉症対策

・ドア・窓を閉める

花粉の飛散が多いときは、きちんとドアや窓を閉めて、花粉の侵入を防ぐことが大切です。

 

・掃除はこまめに

防いでいるつもりでも、室内にはかなり花粉が侵入しているので掃除をこまめに行いましょう。

床がフローリングであれば毎日拭き掃除を行うと効果的です。
また、きれいな室内はダニアレルギー対策にもなります。

 

 

●就寝時の花粉症対策

・布団を外に干さない

外に布団を干してしまうと花粉がついてしまうので、布団乾燥機などを活用しましょう。
また、どうしても干したいときは、花粉の飛散量が少ない午前中に。

取り入れる際は花粉をはたいて、さらに布団の表面を掃除機で吸うと効果的です。

 

・枕元の花粉を拭き取る

床の上はもちろん、ベッドにも花粉はたまっています。

寝ているときに花粉を吸い込まないように、枕まわりの約1mぐらいを水で少し湿らせたティッシュやタオルで拭き取りましょう。

 

・お風呂・シャワーで花粉を流す

お風呂やシャワーは朝に入るという人もいますが、花粉の時期は寝る前に花粉をしっかり洗い流してから布団に入るようにしましょう。

 

・空気清浄機を活用

空気清浄機を使いながら寝るのもぐっすり睡眠をとるためのポイント。

また、風邪の予防にも役立ちます。

 

 

 ●間違った花粉症対策

・お茶、アロマテラピー、ヨーグルトなどで花粉症が治る?

NO

 

・花粉症は、症状が出てから治療すれば良い?

NO

 

医療機関で処方される薬も薬局やドラッグストアで市販されている薬も同じ?

NO

 

・雨・曇りの日は花粉飛散が少ないというのは本当ですか?

NO

 

・どんな服を着ていても症状に関係ない?

NO

 

 

●花粉症を悪化させるNG習慣

・睡眠不足にならないように、規則正しい生活を!

・ストレスの溜め込みは、花粉症の大敵!

・アルコールの飲みすぎは、症状の悪化に!

・喫煙はもちろん、喫煙している人に近寄るのも注意!

・早朝ランニングやジムなどで、適度な運動を!

・帰宅したら部屋着に着替える習慣を!

・花粉症のつらい症状は放置せず、病院へ!

 

花粉症ナビより

 

 

厚生労働省が出しているこちらの資料も参考になります。

 

 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000077514.pdf

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000077514.pdf

 

 

花粉症対策を調べていて気づいたのは、花粉症対策は、感染症対策と似ていることです。

新型コロナウイルスの影響で外出しにくい状況が続いています。

今のうちに花粉症対策を身につけるのも良いのではないでしょうか。

感染症を悪化させるNG習慣は、感染症対策の一つである免疫力を下げない方法とほぼ同じです。

 

免疫力を高めて花粉症も、感染症対策もまとめてして、健康になりましょう。

 

 

免疫力を高める方法に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

つらい花粉症の方にオススメの3つの行動

実際に調べてみると、花粉症対策はたくさんあることがありました。

はっきり言って、全てやっていたら大変ですね(^^;)

花粉症対策だけで1日が終わってしまいそうです。

 

 

花粉症の症状が辛くて仕方ないって方は、次の3つの行動がオススメです。

 

●つらい花粉症の方にオススメの3つの行動

・病院受診して対処療法する

・生活習慣を整える

・花粉を吸い込まない環境にする

 

 

病院に頼りたくないって気持ちもわかりますが、まずは症状を抑えることが優先させましょう。

花粉症や、鼻炎で生活や仕事に悪影響が出る場合もあります。

鼻で呼吸できないと、息苦しくて集中力も落ちます(^^;)

症状を抑えつつ、同時に生活習慣や環境を整えていくのがオススメです。

生活習慣を整える、花粉を吸わない環境にすることは、自分自身でしかできません。

 

僕は現在花粉症の症状はそこまで出ていませんが、鼻炎のつらい症状は今までたくさん経験してきたので、つらさがわかります。

今すぐ行動しましょう。

 

 

僕自身は、今後どんな花粉症対策をしていくか挙げます。

僕は、生活習慣を整えることは、今までもしています。

花粉症対策のためにも続けていきます。

さらに、花粉を吸いすぎない環境にしていきます。

たまに出るアレルギー性鼻炎対策にもなるので、掃除を徹底していきます。

 

 

掃除については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

つらい花粉症の時期が過ぎれば、快適な季節がきます。

花粉は目に見えないものなので、対策がしにくいですが、少しずつ対策し快適に生活できるようにしていきましょう。

 

 

 ●インターネットで花粉症対策を見る

Amazon.co.jp: 花粉症対策

楽天市場:花粉症対策特集

Yahoo!ショッピング:花粉症対策

 

 

 

 

まとめ

今回は慢性副鼻腔炎で手術経験がある医療従事者の花粉症対策をお伝えしました。

 

鼻炎で手術経験がある医療従事者が、もっと楽になる方法はないのだろうかと考えてみました。

 

 

インターネットで花粉症対策について調べてみました。

わかりやすい記事があったので、まとめて挙げました。

 

 

★5つの花粉症対策

①外出時の花粉症対策

②家の中での花粉症対策

③就寝時の花粉症対策

④間違った花粉症対策

⑤花粉症を悪化させるNG習慣

 

 

花粉症対策を調べていて気づいたのは、花粉症対策は、感染症対策と似ていることです。

新型コロナウイルスの影響で外出しにくい状況が続いています。

今のうちに花粉症対策を身につけるのも良いのではないでしょうか。

感染症を悪化させるNG習慣は、感染症対策の一つである免疫力を下げない方法とほぼ同じです。

 

免疫力を高めて花粉症も、感染症対策もまとめてして、健康になりましょう。

 

 

免疫力を高める方法に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

花粉症の症状が辛くて仕方ないって方は、次の3つの行動がオススメです。

 

●つらい花粉症の方にオススメの3つの行動

・病院受診して対処療法する

・生活習慣を整える

・花粉を吸い込まない環境にする

 

 

病院に頼りたくないって気持ちもわかりますが、まずは症状を抑えることが優先させましょう。

花粉症や、鼻炎で生活や仕事に悪影響が出る場合もあります。

鼻で呼吸できないと、息苦しくて集中力も落ちます(^^;)

症状を抑えつつ、同時に生活習慣や環境を整えていくのがオススメです。

生活習慣を整える、花粉を吸わない環境にすることは、自分自身でしかできません。

 

 

つらい花粉症の時期が過ぎれば、快適な季節がきます。

花粉は目に見えないものなので、対策がしにくいですが、少しずつ対策し快適に生活できるようにしていきましょう。

 

 

 ●インターネットで花粉症対策を見る

Amazon.co.jp: 花粉症対策

楽天市場:花粉症対策特集

Yahoo!ショッピング:花粉症対策

 

 

少しずつ行動し、健康になってきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com