お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【激安】医療従事者の薬を安く手に入れる方法「家庭用常備薬」


スポンサーリンク

知っているか・知っていないか、使っているか・使っていないかで、健康だけでなくお金を守ることができます。

医療従事者だけでなく、家族、身内に医療従事者がいる方はうまく使うといいでしょう。

お金を節約できる、お得な情報をお伝えします。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20201025095638j:plain

 

 

目次

 

 

  

 

 

健康を守る薬をどこで手に入れる?

体調を守る、健康を守るために、薬は欠かせないものです。

あなたも普段からお世話になっている薬が一つや二つあるのではないでしょうか。

 

そんな大事な薬ですが、薬をどこで手に入れていますか?

 

お医者さんから処方された薬でしょうか?

薬局で買いますか?

コンビニで買いますか?

スーパーで買いますか?

 

薬を手に入れるには、色々な方法があります。

今回は薬を最も安く手に入れる方法をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

薬を最も安く手に入れる方法「家庭用常備薬」

薬を最も安く手に入れる方法とは、家庭用常備薬を手に入れることです。

僕は医療従事者で医療・介護・福祉分野で働いています。

僕が働いている職場では不定期で、家庭用常備薬の申し込みができます。

具体的に言うと、職場を通じて業者から安く薬を買っています。

 

色々な薬や健康に関わる商品が買えます。

ここまでは普通です。

 

そこで販売されている特売品があって激安、とにかく安いです。

おそらく薬局などの販売店を通すと値段が高くなるのを、販売店を通さないことで値段を抑えることができるからではないでしょうか。

実際に家庭用常備薬の割引例を見ていきましょう。

 

 

●家庭用常備薬の割引例

・新ルルエース50錠 定価1133円→380円(税込)(約67%オフ)

・爽AL目目薬     定価1738円→379円(税込)(約79%オフ)

・ノイビタエースEX  定価2530円→950円(税込)(約63%オフ)

 

※現金のみの対応となっています。

 

 

いかがでしょうか?

安くないでしょうか?

 

商品にもよるかもしれませんが、インターネットで探すより、薬局の安売り・クーポン・割引券を使うより、安く薬を手に入れることができます。

他に薬を安く手に入れる方法があれば、是非教えて下さい(^ ^)

医療従事者の特権なのでしょうか?

申し込み用紙さえあれば、誰でも申し込めそうな気はします(^ ^)

 

 

  

 

 

 

「家庭用常備薬」でお金と健康を守る

体調不良になったとしましょう。

病院に行きたいけど行く時間がない、病院に行くほどでもないって時がありますよね。

そんな時に便利なのが、薬局やコンビニ、スーパーで買う薬です。

 

しかし、薬って意外と高いですよね。

少ししか入っていないのに、何千円とすることもあります。

健康のためにお金は必要ですが、地味に痛い出費です(^^;)

体調不良が長引けば、さらにお金がかかります。

 

そこで、事前に準備しておくと便利なのが、今回紹介した家庭用常備薬です。

 

 

特に医療従事者の方は、今回紹介した家庭用常備薬を安く手に入れる方法を見つけたら、是非内容を確認して欲しいです。

僕の職場では、僕と同じように特売品が特に安いって言って買っている人はいます。

家族や友人に医療従事者がいれば、頼んでみてもいいでしょう。

 

 

どんなに体調管理、健康に気を使っていても、体調不良になることはあるでしょう。

自分が体調不良にならなくても、家族がなる場合もあります。

必要以上に薬を持っておく必要はありません。

しかし、万が一に備えていくつか薬を準備しておくと便利です。

 

薬は高いから飲みたくないってならずに安心して治療できます。

体調が悪いときは健康を一番に考えて行動しましょう。

薬を安く手に入れて、お金と健康を守っていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングで薬を見る

Amazon.co.jp: 薬: ドラッグストア

楽天市場:薬

Yahoo!ショッピング:薬

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【激安】医療従事者の薬を安く手に入れる方法「家庭用常備薬」をお伝えしました。

 

今回は薬を最も安く手に入れる方法をお伝えしました。

 

薬を最も安く手に入れる方法とは、家庭用常備薬を手に入れることです。

僕は医療従事者で医療・介護・福祉分野で働いています。

僕が働いている職場では不定期で、家庭用常備薬の申し込みができます。

具体的に言うと、職場を通じて業者から安く薬を買っています。

 

色々な薬や健康に関わる商品が買えます。

そこで販売されている特売品があって激安、とにかく安いです。

おそらく薬局などの販売店を通すと値段が高くなるのを、販売店を通さないことで値段を抑えることができるからではないでしょうか。

 

 

●家庭用常備薬の割引例

・新ルルエース50錠   定価1133円→380円(税込)(約67%オフ)

・爽AL目目薬         定価1738円→379円(税込)(約79%オフ)

・ノイビタエースEX   定価2530円→950円(税込)(約63%オフ)

 

商品にもよるかもしれませんが、インターネットで探すより、薬局の安売り・クーポン・割引券を使うより、安く薬を手に入れることができます。

 

 

特に医療従事者の方は、今回紹介した家庭用常備薬を安く手に入れる方法を見つけたら、是非内容を確認して欲しいです。

家族や友人に医療従事者がいれば、頼んでみてもいいでしょう。

 

 

どんなに体調管理、健康に気を使っていても、体調不良になることはあるでしょう。

自分が体調不良にならなくても、家族がなる場合もあります。

必要以上に薬を持っておく必要はありません。

しかし、万が一に備えていくつか薬を準備しておくと便利です。

 

薬は高いから飲みたくないってならずに安心して治療できます。

体調が悪いときは健康を一番に考えて行動しましょう。

薬を安く手に入れて、お金と健康を守っていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングで薬を見る

Amazon.co.jp: 薬: ドラッグストア

楽天市場:薬

Yahoo!ショッピング:薬

 

 

少しずつ行動し、健康とお金を守っていきましょう。

継続すれば、確実に健康とお金を守れます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク