お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

健康とお金の守る栄養の取り方「色々食べる」のメリット・デメリット


スポンサーリンク

人間は生きていく上で、栄養摂取は欠かせません。

体調不良にならないためにも、元気よく生活するためにも栄養を摂ることは重要です。

何を食べていますか?

どのように食べていますか?

 

今回は簡単にできる栄養摂取の方法をお伝えします。

栄養摂取で悩んでいる方は、ぜひお読み下さい。

 

 

f:id:maa100:20200625082459p:plain


 

目次

 

 

 

 

バランスの良い食事、栄養摂取をするために

食べ物を食べ過ぎていませんか?

3食食べていますか?

食事をバランスよく食べていますか?

 

食事の他に、栄養ドリンク、野菜ジュース、サプリメント、プロティンなどの栄養補助食品系で栄養を摂っている方も多いでしょう。

 

今回は、医療従事者、理学療法士である僕が考える栄養の取り方をお伝えします。

ついでに僕は、30代ですが、血液データ良好で、体脂肪率10%切っています。

今まで、断食など〇〇ダイエットなど、しんどそうなものは一切したことがありません。

 

 

 

 

理学療法士が考える栄養の取り方「色々食べる」

理学療法士が考える栄養の摂り方を紹介します。

結論から言うと「色々な種類の食べ物を食べる」ことです。

 

 

f:id:maa100:20200625082459p:plain

 

好きなものばかりたくさん食べていませんか?

当たり前って言われるかもしれませんが、好きなものばかり食べていると栄養が偏ります。

色々な種類の食べ物を食べると、栄養のバランスを自然と取っていることになります。

 

基本は好きな物を食べたらいいでしょう。

色々な種類の食べ物を食べるコツは、普段は食べないような物を少しでも、一口でも食べるようにします。

ダイエットでよくある食べたらダメではなくて、食べてもいいのです。

 

まぁわかりやすく言えば、肉や魚ばかり食べていないで、野菜も食べましょうってことですね。

 

慣れてきたら、全体の量を考えるようにしたいですね。

食べすぎないようにしたいですが、まずは食べていない物を食べましょう。。

 

 

食べすぎないようにするには

money-health.hatenablog.com

の記事も合わせて読むとわかりやすいです。

 

僕は、元々野菜が苦手でした。

自分の健康のこと、身体のことを考えるようになってから、色々な物を食べるようになりました。

 

調べていると、この食品は〇〇に良いとかたくさん出てくるのです。

これは追いかけたらキリがないと思い、色々な種類の食べ物を食べる方法に変えしました。

 

苦手な物でも身体のためと思えば、意外と食べられます。

食べると言っても、一口でいいのです。

全て食べないといけないわけではありません。

 

実は、好き嫌いは、食わず嫌いの影響が大きかったりします。

 

また、栄養補助食品系(野菜ジュース、サプリメント、プロティン、栄養ドリンクなど)も色々試しました。

効果はいまいちわかりませんでした。

効果を出す、効果を出し続けるためにずっと買い続けないといけないのかと冷静になり、買うのをやめました。

お金もかかります。

 

栄養補助食品系は、基本は食物から栄養を取って、足りない時に補うものだと気づきました。

当たり前といえば当たり前なのですが。栄養補助食品系の宣伝のうまさ、手軽さについつい買ってしまいたくなりますよね。

 

 

 

 

色々な物を食べるメリット・デメリット

色々な種類の食べ物を食べることを続けてみて、変わったことがあります。

それは、苦手な物、食べられない物が減ったことです。

苦手な物でも、一口でも食べるようにしています。

 

苦手だと思っていただけで、意外と食べられる、おいしいって感じる方もいるでしょう。

 

色々な物を食べることで、体調不良にならなかったら医療費が浮きます。

色々な物を食べることで、今より元気になれたら、仕事やプライベートがより充実します。

 

毎食の少しのチャレンジで、健康な身体を手に入れましょう。

 

色々な物を食べるメリット・デメリットについてお伝えします。

 

●色々な物を食べるメリット・デメリット

メリット

・栄養バランスが取れることで健康になる

・食の楽しみが増える

・色々な物を食べたいようになる

・色々な物が食べられるようになる(好き嫌いがなくなる)

・体調を保てれば、医療費や栄養補助食品系にお金をかけなくていい

・食について詳しくなる

・栄養補助食品系に頼らなくてよくなる

 

デメリット

・自分が苦手な物、嫌いな物にチャレンジする必要がある

・全体としての食べる量が増えるため、体重が増える可能性がある

 

 

 

 

まとめ

今回は健康とお金の守る栄養の取り方「色々食べる」のメリット・デメリットをお伝えしました。

僕がオススメの栄養の取り方は「色々食べる」ことです。

色々な種類の食べ物を食べるメリット・デメリットもお伝えしました。

 

●色々な物を食べるメリット・デメリット

メリット

・栄養バランスが取れることで健康になる

・食の楽しみが増える

・色々な物を食べたいようになる

・色々な物が食べられるようになる(好き嫌いがなくなる)

・体調を保てれば、医療費や栄養補助食品系にお金をかけなくていい

・食について詳しくなる

・栄養補助食品系に頼らなくてよくなる

 

デメリット

・自分が苦手な物、嫌いな物にチャレンジする必要がある

・全体としての食べる量が増えるため、体重が増える可能性がある

 

 

いきなり色々な種類の物を食べると言っても難しいでしょう。

この後の食事で、いつもより一つでもいいので、違う種類の食べ物を食べてみましょう。

 

食事全体のバランスが良くなります。

食の楽しみが増えます。

苦手なものを食べることで、好きなものがより美味しく感じられるでしょう。

 

 

少しずつ行動に移し、健康になっていきましょう。

継続すれば、健康へと近づきます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 


スポンサーリンク