お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

自動車•バイクの高いガソリン•燃料代を安くする12の方法


スポンサーリンク

自動車、バイクのガソリン・燃料代を少しでも安くしたいって方は、ぜひ

参考にしてください。

自動車、バイクに乗る機会が多いほど知ってほしい内容です。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210819082712j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

自動車、バイクのガソリン・燃料代が高い

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、お金についてお伝えします。

 

自動車、バイクのガソリン・燃料代についてお伝えします。

 

自動車、バイクのガソリン・燃料代、高いですよね。

値段が下がっても、下がりきらない、むしろすぐに上がる印象があるのがガソリン代です。

さらに自動車・バイクに乗れば乗るほど、お金がかかってきます。

 

ガソリン・燃料代を少しでも安くするために、工夫していることはありますか?

 

今回はオススメのガソリン代、節約方法を紹介します。

 

 

 

 

 

 

ガソリン・燃料代を安くする12の方法

自動車・バイクの高いガソリン・燃料代を安くする12の方法をまとめて挙げます。

 

●ガソリン・燃料代を安くする12の方法

・土日に入れる

・高速道路でガソリンを入れない

・ガソリンが高い地域で入れない

・ガソリンを入れるだけの用事を作らない

・クレジットカードを使う

・ポイントカードでポイントを貯める、使う

・ガソリンを入れすぎない

・車の荷物を少なくして、車を軽くしておく

・エコ運転を心がける

・〇〇円、〇〇リットル入れると決めておく

・ガソリンを早めに入れすぎない

・車やバイクに乗る頻度を減らす

 

 

・土日に入れる

平日より土日の方が、ガソリンが安いです。

土日にキャンペーンをやっているガソリンスタンドもあります。

覚えておきましょう。

 

 

・高速道路でガソリンを入れない

高速道路のガソリンの料金を見ればすぐにわかりますが、高速道路のガソリン代は高いです。

燃料切れにならないように、高速道路に乗る前、高速道路に降りた後にガソリンを入れておきましょう。

 

 

・ガソリンが高い地域で入れない

地域によってガソリン代は違います。

旅行先ではガソリン価格が高い、安い場合があります。

車に乗る方は、ガソリンスタンドのガソリンの値段にアンテナを張っておきましょう。

 

 

・ガソリンを入れるだけの用事を作らない

よくあるガソリンを入れてくるわっていう用事です。

行き帰りのガソリン代がかかっていることを忘れないようにしましょう。

なるべくまとめて、用事を済ませましょう。

 

 

・クレジットカードを使う

ポイント還元が受けられるからです。

現金の方が安い場合は、現金を選んでも良いでしょう。

 

僕のオススメはクレジットカードの楽天カードです。

理由はポイントが貯まりやすい、ポイントが使いやすいからです。

 

楽天カードについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・ポイントカードでポイントを貯める、使う

ポイントは現金同等です。

貯められるポイントは全て貯めましょう。

ポイントを使うことで安くガソリンを入れることができます。

 

僕が使っているガソリンスタンドは2つのポイントを貯めることができます。

 

僕のオススメのガソリンスタンドについては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・ガソリンを入れすぎない

ガソリンを入れすぎると、車が重くなり、燃費が悪くなります。

ガソリンが入る量が多い車では、きっちり満タンにしなくても良いでしょう。

 

 

・車の荷物を少なくして、車を軽くしておく

車に荷物を入れ過ぎないことで、車が軽くなります。

荷物を入れっぱなしにしないようにしましょう。

燃費が良くなり、ガソリン代の節約になります。

 

 

・エコ運転を心がける

急ブレーキ、急発進などをすると燃費が悪くなります。

ガソリンを入れる頻度も早くなるので注意しましょう。

 

エコ運転については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・〇〇円、〇〇リットル入れると決めておく

キリのいい数字にしておくことで、効率よくポイントを手に入れることができます。

僕が使っている例を出します。

クレジットカードは、100円単位でポイントが貯まります。

ポイントカードは、ガソリンは2リットル単位で、ポイントが貯まります。

 

 

・ガソリンを早めに入れすぎない

いつくるかわからない災害のことを考えると、ガソリンは半分減ったら入れることが勧められています。

しかし、ガソリンがたくさん入っているということは、それだけ車が重いです。

ガソリンを使ったら、すぐに入れて満タンの状態にしておく必要はないでしょう。

 

 

・車やバイクに乗る頻度を減らす

少しの距離なら、歩く、自転車で移動することで、そもそものガソリンを使う量を減らすことができます。

通勤、通学定期があるなら使うことで燃料代を抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

ガソリンを安くして環境を守り、自動車・バイク生活を楽しむ!

いくらガソリンが安いからと言って遠く離れたガソリンスタンドまで行っていたら、そこに行くまでのガソリン代や時間がもったいないです。

 

今回紹介した方法は、どれも簡単にできるものばかりです。

少しの工夫でガソリン代を安くすることができます。

すぐにできるものも多いので、ぜひ試してみてください。

 

ガソリンを安くする方法は、環境対策にもつながります。

自分たちの住んでいる地球を守るためにも、少しでも行動していきましょう。

 

都会は車がなくても生活できるかも知れませんが、地方や田舎は自動車やバイクは欠かせません。

燃料費を安くして、自動車やバイク生活を楽しみましょう。

 

 

オススメのガソリンスタンドが知りたいって方は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は自動車・バイクの高いガソリン・燃料代を安くする12の方法をお伝えしました。

 

自動車、バイクのガソリン・燃料代、高いですよね。

値段が下がっても、下がりきらない、むしろすぐに上がる印象があるのがガソリン代です。

さらに自動車・バイクに乗れば乗るほど、お金がかかってきます。

 

今回はオススメのガソリン代、節約方法を紹介しました。

自動車・バイクの高いガソリン・燃料代を安くする12の方法をまとめて挙げました。

 

●ガソリン・燃料代を安くする12の方法

・土日に入れる

・高速道路でガソリンを入れない

・ガソリンが高い地域で入れない

・ガソリンを入れるだけの用事を作らない

・クレジットカードを使う

・ポイントカードでポイントを貯める、使う

・ガソリンを入れすぎない

・車の荷物を少なくして、車を軽くしておく

・エコ運転を心がける

・〇〇円、〇〇リットル入れると決めておく

・ガソリンを早めに入れすぎない

・車やバイクに乗る頻度を減らす

 

 

今回紹介した方法は、どれも簡単にできるものばかりです。

少しの工夫でガソリン代を安くすることができます。

すぐにできるものも多いので、ぜひ試してみてください。

 

ガソリンを安くする方法は、環境対策にもつながります。

自分たちの住んでいる地球を守るためにも、少しでも行動していきましょう。

 

 

オススメのガソリンスタンドが知りたいって方は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

少しずつ行動し、楽しくお金を貯めていきましょう。

継続すれば、確実にお金が貯まります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

今週のお題「お気に入りの靴下」

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

 

 


スポンサーリンク