お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【節約】安いオススメのガソリンスタンド「宇佐美」メリット•デメリット


スポンサーリンク

自動車に乗る方へ

車のガソリンは、どこで入れていますか?

 

毎回同じガソリンスタンドで入れていますか?

安いガソリンスタンドで入れていますか?

近くを通るガソリンスタンドで入れていますか?

 

今回は、僕が使っているオススメのガソリンスタンドを紹介します。

高いガソリン代を節約する方法にもなります。

 

 

f:id:maa100:20200504071844j:plain

 

 

目次

 

 

  

 

 

ガソリンスタンドはどこを使う?

車に乗る機会が多い、燃費の悪い車に乗っている方にとって、ガソリン価格は支出を抑える重要なポイントです。

 

あなたは、どこのガソリンスタンドを利用していますか?

 

・毎回同じガソリンスタンドで入れる

・最も安いガソリンスタンドで入れる

・近所のガソリンスタンドで入れる

・よく通る道のガソリンスタンドで入れる

・セルフのガソリンスタンドで入れる

 

あなたは、どのタイミングでガソリンを入れていますか?

・半分になったら入れる

・ギリギリになるまで入れない

・ガソリン価格が安くなったら入れる

 

ガソリンスタンド選び一つにしても、ガソリンの入れ方一つにしても、人それぞれでしょう。

 

 

 

 

 

 

宇佐美のガソリンスタンドで入れる

僕が実際に使っているガソリンスタンドを紹介します。

ずっと使っていたガソリン価格が安いガソリンスタンドが、閉店してしました。

そのため、どこのガソリンスタンドを使っているか、家族や友人に聞きました。

しかし、いい答えは見つかりませんでした。

 

そんな時に、たまたま給油したのが、宇佐美のガソリンスタンドです。

比較的新しいガソリンスタンドでした。

 

宇佐美のガソリンスタンドを使うようになった3つのポイントをお伝えします。

●宇佐美のガソリンスタンドをオススメする3つのポイント

・ガソリンが安い

・ウサッピーポイントが貯まる

楽天ポイントが貯まる

 

 

 

 

宇佐美のガソリンスタンドを使い続けてみて

僕が使っている宇佐美のガソリンスタンドのメリット・デメリットを挙げてみます。

 

●宇佐美のガソリンスタンドのメリット・デメリット

メリット

・給油量に合わせて、ウサッピーポイントが貯まる

・給油量に合わせて、楽天ポイントが貯まる

・キャンペーン中なら、さらに楽天ポイントが貯まる

・前回使用したレシートの記載されているQRコードがあれば、1リットル2円引き(使用期限あり)

・クレジットカードが使えるので、楽天カードを使えば、100円につき1楽天ポイントが貯まる

 

デメリット

・ポイントが貯まる、〇〇円引きは嬉しいが、多くてややこしい(嬉しい悩み)

・自分の家の近所ではない

 

 

多くのポイントがつく、ガソリン価格の割引があるといったたくさんのメリットがあるにも関わらず、地域ではガソリン価格は安い方です。

というか安いです。

 

ガソリンスタンドが大きいので、給油待ちとか一切ないです。

 

しかし、いくら得だからと言って、遠くまで1円でも安いガソリンを入れにくのは、注意が必要です。

ガソリンスタンドに行くまでの時間や、ガソリン代も含めて考えましょう。

 

僕が使っている宇佐美のガソリンスタンドが、あまりに得なので、この制度がずっと続くかどうかはわかりませんが。

僕は、しばらく宇佐美のガソリンスタンドにお世話になることは、間違い無いでしょう。

 

※宇佐美のガソリンスタンドと言っても、お店によって、地域によってガソリン価格やキャンペーンは異なります。

詳しくはお店に聞いてみてください。

 

 

ガソリン代を安くしたい方は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

まとめ

今回は【節約】安いオススメのガソリンスタンド「宇佐美」メリット•デメリットをお伝えしました。

今回紹介した節約方法は、ガソリンスタンドは宇佐美を使うことです。

 

宇佐美のガソリンスタンドをオススメする3つのポイントは

・ガソリンが安い

・ウサッピーポイントが貯まる

楽天ポイントが貯まる

でした。

 

ポイントや、割引券を使うことで、ガソリン代が安くなります。

 

少しでも安くガソリンを入れたい、どこのガソリンスタンドを使ったらいいか悩むという方は、宇佐美のガソリンスタンドを使ってみてはいかがでしょうか。

同じお金を使うなら、少しでも安く使いたいですよね。

 

 

少しずつ行動に移し、手元に残るお金を残していきましょう。

継続すれば、確実にお金が貯まります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

※関連記事です。money-health.hatenablog.com

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク