お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

医療従事者の健康のために弁当を作るメリット•デメリット


スポンサーリンク

栄養不足の方、一人暮らしの方、普段料理を作らない方に是非読んでもらいたい内容です。

今回の内容を知ることで、あなたが健康に目覚めるきっかけになるかもしれません!

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210618115226j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

人生初⁉︎健康のために弁当を作ってみた

僕は医療従事者で理学療法士です。

最近あった僕の話を聞いてください。

おそらく生まれて初めて昼食の弁当を作ってみました。

いつもの自分ならば、確実に弁当を買っていました。

 

なぜ弁当を作る気になったのでしょうか?

おそらくキッチンに立ち、料理をする機会が増えたからでしょう。

最初は弁当を買っても、どうせ食べ足りないからバナナとゼリーだけ持って行くつもりでした。

しかし、何を思ったか弁当箱に中身を詰め始めました。

人生で初めて作った弁当の作り方を紹介します。 

 

●弁当の作り方

・冷蔵庫に余り物はないか確認する

・朝ごはんを食べつつ、弁当に中身を入れる

 ・栄養を考えて、弁当に中身を入れる

 

なんと3分くらいでできました。

いつもの朝食を食べるのと変わらないくらい時間でお弁当ができました!

ゼロから料理するより全然楽でした(^ ^)

 

 

 

 

 

 

健康のために弁当を作るメリット・デメリット

弁当を作るメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●弁当を作るメリット・デメリット

メリット

・食べたいものを入れられる

・食べながら作れば、時間短縮になる

・食べながら作れば、栄養を取れる

・買ったものよりも自分で作ったものの方が美味しい

・外食に行ったり、弁当を買わなくていい

・入れるだけなら、それほど時間はかからない

・お金の節約になる

・昼の弁当を作るのは体にいい

 

デメリット

・時間がかかる

・弁当に入れるものを買う、作らなければならない

 

 

メリット

・食べたいものを入れられる

入れるものがあるならば、好きなものを入れられるのでバイキング感覚で楽しめます。

 

 

・食べながら作れば、時間短縮になる

食事マナーは悪いかもしれませんが、朝食を食べながらお弁当を作れば、2つのことを一度にできます。

冷蔵庫から入れたり、出したりの手間が一つ減ります。

 

 

・食べながら作れば、栄養を取れる

朝や昼っていうのは夜に比べ栄養不足になりがちです。

昼食の弁当を作ることで、色々なものを食べ、入れることで栄養不足を解消できます。

 

 

・買ったものよりも自分で作ったものの方が美味しい

安い弁当を買うよりも、自分で作った方の弁当の方が美味しいです。

 

 

・外食に行ったり、弁当を買わなくていい

外食に行く、弁当を買いに行かなくも良いので、手間や時間短縮になります。

 

 

・入れるだけなら、それほど時間はかからない

入れるだけなら、時間がかからないことに気づきました。

 

 

・お金の節約になる

弁当を買えば、500円とかしますが、家にあるものを弁当の中に入れることで安く済ませることができます。

 

 

・昼の弁当を作るのは体にいい

朝、昼しっかり食べることでプライベートや仕事を充実させることができます。

朝や昼食べることで、夜は控えめにすればダイエットにもつながります。

 

 

デメリット

・時間がかかる

何もない状態から作るのは間違いなく時間がかかります。

 

 

・弁当に入れるものを買う、作らなければならない

もちろんですが入れるものを買う、もしくは作らなければならないので手間がかかります。

 

 

 

 

 

 

健康に詳しい医療従事者が弁当を作る!

●弁当を作ってみて、どうだったでしょうか?

限られた範囲ですが、自分の好きな食べものを自分の好きなだけ入れて、自分の好きなタイミングで食べて、大満足でした!

何を選んで食べようかなとバイキングのようでした。

機会があれば、また作ってみたいですね(^ ^)

もちろん、弁当の中に入れるものがあればの話ですが!

 

 

昼の弁当を作って気づいたことがあります。

昼の栄養が不足しているということがわかりました。

外食やお弁当で栄養が足りているものを選ぶのは、ある程度予算を出さないとないとありません。

 

朝昼、しっかり食べて、元気よく動いていきましょう。

 

自分の食べたいものを食べるならば、自分で弁当を作るのが一番です。

自分で栄養管理して、健康を守っていきましょう。

自分で栄養管理して、元気になり、プライベートや仕事を充実させていきましょう。

 

あなたも弁当作りに、ぜひチャレンジしてみてくださいね(^ ^)

まずは一回で良いでしょう。

食べる楽しみが増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は医療従事者の健康のために弁当を作るメリット・デメリットをお伝えしました。

 

僕は医療従事者で理学療法士です。

おそらく生まれて初めて昼食の弁当を作ってみました。

 

人生で初めて作った弁当の作り方を紹介しました。

 

●弁当の作り方

・冷蔵庫に余り物はないか確認する

・朝ごはんを食べつつ、弁当に中身を入れる

 ・栄養を考えて、弁当に中身を入れる

 

 

弁当を作るメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

 

●弁当を作るメリット・デメリット

メリット

・食べたいものを入れられる

・食べながら作れば、時間短縮になる

・食べながら作れば、栄養を取れる

・買ったものよりも自分で作ったものの方が美味しい

・外食に行ったり、弁当を買わなくていい

・入れるだけなら、それほど時間はかからない

・お金の節約になる

・昼の弁当を作るのは体にいい

 

デメリット

・時間がかかる

・弁当に入れるものを買う、作らなければならない

 

 

自分の食べたいものを食べるならば、自分で弁当を作るのが一番です。

自分で栄養管理して、健康を守っていきましょう。

自分で栄養管理して、元気になり、プライベートや仕事を充実させていきましょう。

 

あなたも弁当作りに、ぜひチャレンジしてみてくださいね(^ ^)

まずは一回作ってみましょう。

食べる楽しみが増えるかもしれません。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 


 


スポンサーリンク