お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

栄養不足解消⁉︎インスタント食品にトッピングするメリット・デメリット


スポンサーリンク

一人暮らしの方、料理をしない方、特に男性の方は、ぜひ読んでもらいたい内容です。

食べ物の考え方が変わり、健康になるきっかけになるかも知れません。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210608141817j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

栄養不足を少しでも解消する方法「トッピング」

あなたの栄養は足りていますか?

ちゃんと野菜を取れていますか?

コンビニで買ってきた食べ物や、インスタント食品を食べて終わりって方はいませんか?

 

今回は栄養不足を少しでも解消する一つの方法を紹介します。

僕が一人暮らしをし始めた10代後半からやっている方法です。

 

栄養不足を少しでも解消する方法とは、インスタント食品を食べるときにトッピングをすることです。

 

 

●インスタント食品のトッピングの例

カップラーメン、インスタントラーメン

卵を入れる、ネギを入れる、ゴマを入れる、もやしを入れる、ワカメを入れる、かまぼこを入れる、ハムを入れる

 

・インスタントカレー

刻みチーズを入れる、野菜炒めを入れる、キムチを入れる、ゴマを入れる

 

・インスタント味噌汁、スープ

ゴマを入れる

 

・インスタント焼きそば

ゴマを入れる

 

 

インスタント食品を食べるだけの食事ではなく、何か一つでも食材を足します。

もう一品食べましょうって言うわけではありません。

もちろん、食べた方が良いに越したことはありません。

 

 

たくさん、トッピングするものがあり、その中でオススメの食材があります。

僕のオススメのトッピングはスーパーで売っているゴマ(すりごま)です。

ゴマは体にいいと言われています。

味も大きく変わることなく、特に調理せずに食材の中に入れるだけなので、楽チンです。

僕は、色々な食べ物に擦ったゴマを入れてきました。

 

 

 

 

 

 

インスタント食品にトッピングするメリット・デメリット

インスタント食品にトッピングするメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●インスタント食品にトッピングするメリット・デメリット

メリット

・体、健康に良い

・余り物を活かせる

・味が変わって楽しめる

・苦手なものでも混ぜることで食べられる場合がある

・自分だけのオリジナルが作れる

 

デメリット

・栄養が足りるわけではない

 

 

メリット

・体、健康に良い

一品食材が増えることで、バランスの良い食事になります。

 

 

・余り物を活かせる

余り物をトッピングすれば、食材を無駄にしなくて済みます。

食材を無駄にしないということは、お金を守っているのと同じです。

 

余り物についてはmoney-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・味が変わって楽しめる

トッピングすれば、味が変わり、味を楽しむことができます。

 

 

・苦手なものでも混ぜることで食べられる場合がある

苦手なものでも混ぜることで食べられる場合があります。

嫌いな人が少ないカレーと一緒に食べるっていう方法があります。

 

 

・自分だけのオリジナルの食べ物が作れる

トッピングを加えることで、自分だけのオリジナル料理ができます。

新しい発見ができるかも知れません。

 

 

デメリット

・栄養が足りているわけではない

一品足したからといって、栄養が足りていると思ったら大間違いです。

栄養不足を解消する一つのきっかけとしましょう。

 

 

 

 

 

 

トッピングを増やして、栄養不足を解消し健康になる!

トッピングをオススメしておきながら、最後にとても重要なことを言います。

インスタントに頼っている時点で、栄養が足りていない可能性は大です。

さらにそれだけではありません!

トッピングを一品増やしたらと言って、栄養が足りていると思ったら大間違いです。

 

しかし、トッピングをすることは、やらないよりましです。

1つの食品を加えることができたら、2つ目、3つ目の食品と加えていきましょう。

トッピングだけでなく、もう1品、もう2品栄養のあるものを食べようってなると良いでしょう。

 

家にある余り物を入れるのがオススメです。

よっぽど変な組み合わせにしなれば、だいたい食べられます(^ ^)

トッピングで失敗しないポイントは、少しずつトッピングすることです。

自分で手の加えたものは、料理した気分になって美味しく食べられます。

自分だけのオリジナルの食べ物を作ってみても良いのではないしょうか。

 

トッピングをきっかけに栄養のあるものを食べ、健康になっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は栄養不足解消⁉︎インスタント食品にトッピングするメリット・デメリット

をお伝えしました。

 

あなたの栄養は足りていますか?

ちゃんと野菜を取れていますか?

コンビニで買ってきた食べ物や、インスタント食品を食べて終わりって方はいませんか?

 

今回は栄養不足を少しでも解消する一つの方法を紹介しました。

栄養不足を少しでも解消する方法とは、インスタント食品を食べるときにトッピングをすることです。

 

 

インスタント食品を食べるだけの食事ではなく、何か一つでも食材を足します。

 

たくさん、トッピングするものがあり、その中でオススメの食材があります。

僕のオススメのトッピングはスーパーで売っているゴマ(すりごま)です。

ゴマは体にいいと言われています。

味も大きく変わることなく、特に調理せずに食材の中に入れるだけなので、楽チンです。

 

 

インスタント食品にトッピングするメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

 

●インスタント食品にトッピングするメリット・デメリット

メリット

・体、健康に良い

・余り物を活かせる

・味が変わって楽しめる

・苦手なものでも混ぜることで食べられる場合がある

・自分だけのオリジナルが作れる

 

デメリット

・栄養が足りるわけではない

 

 

トッピングをオススメしておきながら、最後にとても重要なことを言います。

インスタントに頼っている時点で、栄養が足りていない可能性は大です。

トッピングを一品増やしたらと言って、栄養が足りていると思ったら大間違いです。

 

しかし、トッピングをすることは、やらないよりましです。

1つの食品を加えることができたら、2つ目、3つ目の食品と加えていきましょう。

トッピングだけでなく、もう1品、もう2品栄養のあるものを食べようってなると良いでしょう。

 

トッピングをきっかけに栄養のあるものを食べ、健康になっていきましょう。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com


 


スポンサーリンク