お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

健康に良い「動きやすい服」を選ぶメリット•デメリット•コツ


スポンサーリンク

毎日着る服、何を基準で選んでいますか?

デザイン?機能性?安さ?

毎日着る服が健康になるきっかけになるかも知れません。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210530143042j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

服選びのデザイン、機能性より大事なもの「動きやすさ」

僕は医療従事者で、リハビリ・運動指導の専門家の理学療法士です。

先日職場のユニホーム選びがありました。

新しいユニホームです。

試着したものは少し小さいと感じたため、一つ大きいサイズを注文しました。

 

注文した一つ大きいサイズを着ました。

デザインも良い、ポケットも多くて使いやすそうです。

肩周りに少し圧迫感はありましたが、一日仕事をしてみることにしました。

服を着ただけ、動いていない時は気づかないことに気づきました。

仕事で体を動かすと、服の伸び、ストレッチ感が足りず、動きにくいです。

 

一つ大きいサイズでも、両肩に圧迫感がありました。

 

動きにくかったので、もう二度と同じサイズを着ることはないでしょう。

サイズ感が合わない服を着ると、これほど仕事がしにくくて、体にとってストレスということがわかりました。

 

服選びはデザインや機能性も大事ですが、それ以上に動きやすさが重要です。

 

 

 

 

 

 

動きやすい服を選ぶメリット・デメリット

では動きやすさを基準で選ぶと、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

動きやすい服を選ぶメリット・デメリットをまとめて挙げます。

●動きやすい服を選ぶメリット・デメリット

メリット

・動きやすい

・開放感があり、ストレスがない

・いつでも動ける状態になれる

・消費カロリーも増え、ダイエットにつながる

 

 

デメリット

・デザインがよいものを選べるとは限らない

・お気に入りのものを選べるとは限らない

 

 

メリット

・動きやすい

言うまでもなく、動きやすい服を着ることで動きやすいです。

 

 

・開放感があり、ストレスがない

動きにくいと圧迫感があり、ストレスとなります。

動きやすい服だと、開放感があり、ストレスがありません。

 

 

・いつでも動ける状態になれる

僕はスキマ時間があれば、ストレッチするなど体を動かすことが多いです。

動きやすい服を着ることで、いつでも動ける状態になります。

 

スキマ時間の使い方に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・消費カロリーも増え、ダイエットにつながる

体を動かす範囲が増えるため、ダイエット効果もあります。

 

 

デメリット

・デザインがよいものを選べるとは限らない

動きやすくてデザインが良いものを選べると最高です。

動きやすいものを優先すると、デザインが良いものを選べるとは限りません。

 

 

・お気に入りのものを選べるとは限らない

動きやすくてお気に入りのものを選べると最高です。

動きやすいものを優先すると、お気に入りのものを選べるとは限りません。

 

 

 

 

 

 

動きやすい服を選ぶ2つのコツ

僕は、健康を基準に置くことで、服選びが変わりました。

以前は多少サイズが合わなくても、デザインがよければ着ていました。

今は動きやすいさ、サイズが合わないと着ることはありません。

服選びにおいて、動きやすいは欠かすことのできない条件です。

 

動きやすい服を選ぶ2つのコツをお伝えします。

 

●動きやすい服を選ぶ2つのコツ

・着て違和感があれば、着るのをやめる

・着るだけでなく、実際に体を動かす

 

・着て違和感があれば、着るのをやめる

どれだけデザインが良くて、お気に入りのものでも、違和感があれば買いません。

動きやすくて、長く着られる服がオススメです。

服は飾るものではなく、着るものです。

 

・着るだけでなく、実際に体を動かす

実際に腕を動かす、しゃがむ、ストレッチをしてみるなど

 

 

全ての服を動きやすさで決めなくて良いでしょう。

シーンに合わせて選ぶのがオススメです。

動きやすい服を着ておくことで、いつでも体を動かすことができます。

 

僕はスキマ時間でよくストレッチをするので、動ける服、動きやすい服じゃないと違和感があり、嫌です。

ほとんど着ることはありませんが、スーツなんかは、動きにくくて仕方ないです(^^;;

自分に合った動きやすい服なんかは、何回も悪くなるまでずっと着ます(^ ^)

 

自分に合った動きやすい服を着て、健康になっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は健康に良い「動きやすい服」を選ぶメリット•デメリット•コツをお伝えしました。

 

服選びはデザインや機能性も大事ですが、それ以上に動きやすさが重要です。

 

動きやすい服を選ぶメリット・デメリットをまとめて挙げました。

●動きやすい服を選ぶメリット・デメリット

メリット

・動きやすい

・開放感があり、ストレスがない

・いつでも動ける状態になれる

・消費カロリーも増える

 

 

デメリット

・デザインがよいものを選べるとは限らない

・お気に入りのものを選べるとは限らない

 

 

動きやすい服を選ぶ2つのコツをお伝えしました。

 

●動きやすい服を選ぶ2つのコツ

・着て違和感があれば、着るのをやめる

・着るだけでなく、実際に体を動かす

 

 

全ての服を動きやすさで決めなくて良いでしょう。

シーンに合わせて選ぶのがオススメです。

動きやすい服を着ておくことで、いつでも体を動かすことができます。

 

自分に合った動きやすい服を着て、健康になっていきましょう。

 

 

少しずつ行動し、健康になっていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 


スポンサーリンク