お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

衣服代を安くする方法「着ていない服を着る」3つのステップ


スポンサーリンク

 

生きていくために必要な服、お金のかかる服、衣服代を少しでも安くする方法を紹介します。

今回の方法を知ることで、服やお金に対する考え方が変わるかもしれません。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20210725092708j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

衣服代を安くする方法とは「着ていない服を着る」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

 

今回は、お金と服についてお伝えします。

 

衣服代を安くする方法をお伝えします。

お金について学んだから思いついた節約方法です。

衣服代を安くする方法とは「着ていない服を着る」ことです。

 

 

クローゼットの中に、今、着ていない服はありませんか?

数回しか着ていない服、買ったけど一回も着ていない服はありませんか?

 

着ていない服がたくさんあるって方も多いのではないでしょうか。

 

着ていない服を着れば、新しい服を買わずに済むので、服代の節約になります。

今着ている服を長持ちさせることにもつながります。

 

着ていない服を捨てる、売る、誰かにあげる前に一度着てみることをオススメします。

着れる服なんてないよって方でも、意外と着れる服があるはずです。

全部着れないのは、以前と体型が大きく変わっているくらいではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

着ていない服を着るメリット・デメリット

着ていない服を着るメリット・デメリットについてまとめて挙げます。

 

●着ていない服を着るメリット・デメリット

メリット

・新しい服を買わずに済み節約になる

・今着ている服を長持ちさせることができる

・買った時と同じ体型であれば、着れる

・以前は着れないって思ったものでも、今、着れるものがある

 

デメリット

・流行遅れの服の場合もある

 

 

メリット

・新しい服を買わずに済み節約になる

新しい服を買わずに済めば、お金の節約になります。

 

 

・今着ている服を長持ちさせることができる

古い服を着ることで、今着ている服を長持ちさせることができます。

 

 

・買った時と同じ体型であれば、着れる

服は食べ物と違って賞味期限はありません。

古い服でも、そこそこに管理していれば着ることができます。

体型が変わって今なら着れるってものもあります。

 

 

・以前は着れないって思ったものでも、今、着れるものがある

僕は、お金の勉強をしたことで、物に対する価値観が変わりました。

服は見た目を気にしなければ、サイズ感さえあれば着れます。

 

 

デメリット

・流行遅れの服の場合もある

もちろん、ファッションの流行はあります。

部屋着として着ても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

「着ていない服を着る」3つのステップ

着ていない服を着る方法を3つのステップで具体的に紹介します。

 

●「着ていない服を着る」3つのステップ

①今、自分が持っている服を知る

②手放す前に、まず着る

③日常や部屋着として着てみる

 

 

①今、自分が持っている服を知る

クローゼットやタンスに入れっぱなしの着てない服はありませんか?

自分が持っている服はどんなものがあるのか全て把握しましょう。

 

 

②手放す前に、まず着る

価値ある服でない限り、売っても大した金額になりません。

服を捨てる、売る、誰かにプレゼントする前に、必ず自分で着てみましょう。

以外と着れるものもあります。

それでもいらなければ、処分しましょう。

 

 

③日常や部屋着として着てみる

試しに着るだけでなく、実際に普段で着てみましょう。

部屋着として着てみても良いでしょう。

僕は、もう着ることはないってクローゼットにしまってあった服を、今、部屋着やスポーツ用として着ています。

 

 

僕は着ていない服を着るようになってから、服を買う頻度が一気に減りました。

今までどれだけ服にお金を使ってきたのかと反省しています(^^;;

着ていなかった服ごめんなさいって感じですm(._.)m

 

流行りが変わったから着ることがなくなったって服は、状態が良いままだったりします。

 

一着でも良いので、着れる服を探してみましょう。

一着でも着れる服が見つかれば、お金の節約になります。

 

着ていない服を着ることで、お金の節約をできたら、自分の欲しいものにお金を使うことができます。

今後自分が欲しい服が見つかった時にお金を使うことができます。

今ある好きな服を着つつ、着てない服も着て、ファッションを楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は衣服代を安くする方法「着ていない服を着る」3つのステップをお伝えしました。

 

お金について学んだから思いついた節約方法です。

衣服代を安くする方法とは「着ていない服を着る」ことです。

 

 

クローゼットの中に、今、着ていない服はありませんか?

数回しか着ていない服、買ったけど一回も着ていない服はありませんか?

 

着ていない服がたくさんあるって方も多いのではないでしょうか。

 

着ていない服を着れば、新しい服を買わずに済むので、服代の節約になります。

今着ている服を長持ちさせることにもつながります。

 

着ていない服を捨てる、売る、誰かにあげる前に一度着てみることをオススメします。

 

 

着ていない服を着るメリット・デメリットについてまとめて挙げました。

 

●着ていない服を着るメリット・デメリット

メリット

・新しい服を買わずに済み節約になる

・今着ている服を長持ちさせることができる

・買った時と同じ体型であれば、着れる

・以前は着れないって思ったものでも、今、着れるものがある

 

デメリット

・流行遅れの服の場合もある

 

 

着ていない服を着る方法を3つのステップで具体的に紹介します。

 

●「着ていない服を着る」3つのステップ

①今、自分が持っている服を知る

②手放す前に、まず着る

③日常や部屋着として着てみる

 

 

流行りが変わったから着ることがなくなったって服は、状態が良いままだったりします。

 

一着でも良いので、着れる服を探してみましょう。

一着でも着れる服が見つかれば、お金の節約になります。

 

着ていない服を着ることで、お金の節約をできたら、自分の欲しいものにお金を使うことができます。

今後自分が欲しい服が見つかった時にお金を使うことができます。

今ある好きな服を着つつ、着てない服も着て、ファッションを楽しみましょう。

 

 

少しずつ行動し、手元に残るお金を増やしていきましょう。

継続すれば、確実に手元に残るお金が増えます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」


スポンサーリンク