お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種を打つ?コロナで変わったワクチンの価値観


スポンサーリンク

先日、医療従事者がインフルエンザ予防接種を打ちました。

あなたはインフルエンザ予防接種を打ちますか?打たないですか?

ワクチンへの考え方も紹介しています。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20201025073424j:plain

 

 

目次

 

  

 

 

インフルエンザ予防接種を打つ?打たない?

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回へ健康に関するインフルエンザ予防接種をお伝えします。

 

 

あなたはインフルエンザ予防接種を打ちますか?打たないですか?

 

 

毎年インフルエンザ予防接種打ってないよって方でも、今年は打つ方も多いのではないでしょうか。

地域により、インフルエンザワクチンが無料で打てるところもあるようです(年齢制限あり)。

新型コロナウイルス流行に伴い、感染症への意識も高まっています。

 

今回はインフルエンザ予防接種についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

季節性インフルエンザワクチンの効果

季節性インフルエンザワクチンについて国の機関である厚生労働省のホームページで調べてみました。

 

●インフルエンザにかからないためにどうすればいいですか?

・インフルエンザを予防する有効な方法

1)流行前の予防接種

インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されており、日本でもワクチン接種をする方が増加する傾向にあります。

 

2) 外出後の手洗い等

 流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。

インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。

 

3) 適度な湿度の保持

 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。

特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

 

4) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

 体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

 

5) 人混みや繁華街への外出を控える

 インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、ある程度、飛沫感染等を防ぐことができる不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することは一つの防御策と考えられます。

 

インフルエンザQ&A|厚生労働省より

 

 

感染症対策は新型コロナウイルス感染症対策とよく似ていますね。

 

新型コロナウイルス対策は

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

なお、現在、新型コロナウイルス感染症の予防接種は、ありません。

また、インフルエンザワクチンを打ったから、インフルエンザにかからないってものではないようです。

もちろん、新型コロナウイルスにかからない、コロナで重症化しないってものでもないようです。

 

インフルエンザ、新型コロナウイルス共に、効果的なワクチン、薬が早く出てきて欲しいものです。

2021年11月現在、新型コロナのワクチンはできています。

 

 

 

 

 

予防接種して感染症対策、体調管理、健康管理する

先日、僕はインフルエンザの予防接種を打ちました。

5年くらい連続でワクチンを打っています。

なぜなら僕は医療従事者で、会社が負担してくれるからです。

 

僕は今までインフルエンザにかかったことはありません。

覚えている限りはおそらくですが。

今までの価値観だったら、会社が負担してくれなければ、インフルエンザの予防接種は打っていません。

 

今年は新型コロナウイルスが全世界に広まったことにより、インフルエンザワクチンへの価値観も変わりました。

 

 

●インフルエンザワクチンへ価値観

今まで:無料だし、とりあえず打っておくか

今年:コロナを予防できるわけでないけど、感染症対策として打っておこう

 

 

新型コロナ感染拡大により、感染症が身近になったことで、感染症対策をしっかりしなくてはいけないです。

新型コロナ感染拡大により、予防接種(ワクチン)の重要さがわかります。

 

今までが、たまたまインフルエンザにかからなかっただけで、今後かからないという保証はありません。

今みたいな徹底した感染症対策を知らない、感染対策をしていませんでした。

身近にインフルエンザウイルスがあったら、すぐに感染してもおかしくなかったでしょう。

 

少し楽観的かもしれませんが、今回はコロナの影響もあり、インルエンザの予防接種を打ったことで、僕はパワーをもらった気がします(^^)

今までは何も考えず、ただ打つだけって感じでした。

予防接種を打ったことで、感染症、ワクチンについて考えるきっかけにもなりました。

引き続き感染対策、体調管理、健康管理していきます。

 

 

新型コロナの影響は長期化しており、心身共に大きな影響を与えています。

少しでも不安な方は予防接種を打つのもいいのではないでしょうか。

予防接種をしていることが安心感につながることもあるでしょう。

 

自分の命や健康を一番の守れるのは自分です。

一人一人ができる感染対策して、インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症から身を守りましょう。

 

 

●自宅で健康のために人間ドッグを受ける

 

おうちでドックはこちら

 

 

●インターネットショッピングで薬を見る

Amazon.co.jp: 薬: ドラッグストア

楽天市場:薬

Yahoo!ショッピング:薬

 

 

 

 

 

 まとめ

今回はインフルエンザ予防接種を打つ?コロナで変わったワクチンの価値観をお伝えしました。

 

 

あなたはインフルエンザ予防接種を打ちますか?打たないですか?

 

 

毎年インフルエンザ予防接種打ってないよって方でも、今年は打つ方も多いのではないでしょうか。

新型コロナウイルス流行に伴い、感染症への意識も高まっています。

 

 

季節性インフルエンザワクチンについて国の機関である厚生労働省のホームページで調べてみました。

 

●インフルエンザにかからないためにどうすればいいですか?

・インフルエンザを予防する有効な方法

1)流行前の予防接種

2)外出後の手洗い等

3)適度な湿度の保持

4)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

5)人混みや繁華街への外出を控える

 

インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されており、日本でもワクチン接種をする方が増加する傾向にあります。

 

 

インフルエンザワクチンを打ったから、インフルエンザにかからないってものではないようです。

 

今年は新型コロナが全世界に広まったことにより、インフルエンザワクチンへの価値観も変わりました。

 

新型コロナ感染拡大により、感染症が身近になったことで、感染症対策をしっかりしなくてはいけないです。

新型コロナ感染拡大により、予防接種(ワクチン)の重要さがわかります。

 

新型コロナの影響は長期化しており、心身共に大きな影響を与えています。

少しでも不安な方は予防接種を打つのもいいのではないでしょうか。

予防接種をしていることが安心感につながることもあるでしょう。

 

自分の命や健康を一番の守れるのは自分です。

一人一人ができる感染対策して、インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症から身を守りましょう。

 

  

●自宅で健康のために人間ドッグを受ける

 

おうちでドックはこちら

 

 

●インターネットショッピングで薬を見る

Amazon.co.jp: 薬: ドラッグストア

楽天市場:薬

Yahoo!ショッピング:薬

 

 

少しずつ行動し、感染対策していきましょう。

継続すれば、健康を守ることができます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com


 

 

 

 

 

 

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと


スポンサーリンク