お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

裸足感覚の靴•ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」メリット•デメリット•オススメ


スポンサーリンク

健康に良くて、安くて、丈夫で、シンプル、そんなオススメの靴を紹介します。

あなたの靴、歩きに対する考え方が大きく変わるかもしれません。

足元から健康になる・ダイエットする、きっかけになる靴です。。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康に良い靴、ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康に良い靴についてお伝えします。

 

健康に良い靴とは、ワークマンの「兼さん作業靴Ⅱ」です。

 

僕がワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」を見つけて、履くようになったのは、歩き方を見直したことがきっかけです。

 

 

歩き方を見直すきっかけに関してはmoney-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ワークマンの「兼さん作業靴Ⅱ」とは一体、どんな靴なのでしょうか。

 

●兼さん作業靴Ⅱとは? 

兼さん作業靴Ⅱ 

価格:680円

 

商品説明

人気商品!

素足感覚で履ける軽快作業靴!

 

素材:綿・合成ゴム

 

K1007W 建さん作業靴Ⅱ | ワークマン公式オンラインストアより

 

 

 

 

 

 

ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」を履いたメリット•デメリット

ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」を履いたメリット•デメリットについて紹介します。

●ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」のメリット•デメリット

メリット

・安い

・足の裏が気持ちいい

・歩き方が良くなる

・慣れたら動きやすい

・軽い

・デザインがシンプル

・履きやすい

・耐久性も良い

・持ち運びも簡単

 

 

デメリット

・慣れないと脚を痛める

・色が限られる

・足が大きいとサイズが合わせにくい

 

 

メリット

・安い

とにかく安いです。

スニーカーで程々の値段がするものなら、兼さん作業靴Ⅱは10足くらい買えるのではないでしょうか。

コスパ最強の靴です。

 

 

・足の裏が気持ちいい

素足感覚で歩けるので、足の裏が気持ちいいです。

 

 

裸足の効果に関しては

 

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

・歩き方が良くなる

正しい歩き方をしないと、靴のクッション性がないので足を痛めます。

逆を言うと、正しい歩き方ができるきっかけになります。

 

 

・慣れたら動きやすい

運動不足の方にとっては、足の裏が痛くなるかもしれません。

長時間歩くと、足を痛めるかもしれません。

しかし、慣れたら、動きやすいです。

 

 

・軽い

軽くて動きやすいです。

 

 

・デザインがシンプル

デザインがシンプルなので、普通の服とも合わせることができます。

 

 

・履きやすい

靴紐がないのでさっと履けて、さっと脱げます。

しかし、動いて脱げません。

本当に使い勝手の良い靴です。

 

 

・耐久性も良い

ワークマンの激安スニーカーのアスレシューズライトも持っていますが、兼さんⅡの方が耐久性に優れ、丈夫な気がします。

もちろん、兼さんⅡを履くことで歩き方が良くなった影響もあるでしょう。

 

 

・持ち運びも簡単

シンプルな機能しかないので、軽くて持ち運びしやすいです。

屋外だけでなく、室内のスポーツジムや、体育館で使うにもオススメです。

 

 

デメリット

・慣れないと脚を痛める

靴のクッション性がないので、正しい歩き方をしないと、足を痛めます。

少しずつ慣らしていきましょう。

 

 

・色が限られる

黒、紺色、白色の3種類です。

 

 

・足が大きいとサイズが合わせにくい

足が大きいと、1cm刻みのサイズとなります。

1cm刻みだと足のサイズを合わせにくいです。

 

 

靴の選び方に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」はオススメ?

●ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」はオススメできる?

ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」は、めちゃくちゃオススメできます。

少なくとも、一人一足は持っていて良いでしょう。

 

僕は、兼さんⅡを散歩、通勤に使っています。

踵がない靴に慣れるまでは、中止していましたが、最近は兼さんⅡでジョギングや、ダッシュしたりしています(^ ^)

普通に走りやすくて良いです♬

 

「兼さん作業靴Ⅱ」だけでなく、他の裸足感覚の靴も履いてみたいですね。

スキナーやワラーチが有名どころのようです。

 

 

「兼さん作業靴Ⅱ」は、裸足感覚の靴を履いてみたい方にオススメの靴です。

万が一履かなくなったとしても、680円なので痛い出費ではありません。

 

素足感覚の靴を履くとこで、足の本来の機能を発揮できれば、間違いなく健康に近づくでしょう。

足の裏にはたくさんのツボもあります。

内臓機能が活性化すれば、ダイエット効果も期待できます。

 

 

ワークマンの靴ではありませんが、僕はこちらの靴(現場のゲンさん)も履いています。

 

近所にワークマンがない、ネットで手に入れたい、他の色も欲しいって方はこちらもオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は裸足感覚の靴•ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」メリット•デメリット•オススメをお伝えしました。

 

健康に良い靴とは、ワークマンの「兼さん作業靴Ⅱ」です。

 

ワークマンの「兼さん作業靴Ⅱ」とは一体、どんな靴なのでしょうか。

●兼さん作業靴Ⅱとは? 

兼さん作業靴Ⅱ 

価格:680円

 

商品説明

人気商品!

素足感覚で履ける軽快作業靴!

 

素材:綿・合成ゴム

 

K1007W 建さん作業靴Ⅱ | ワークマン公式オンラインストアより

 

 

ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」を履いたメリット•デメリットについて紹介しました。

●ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」のメリット•デメリット

メリット

・安い

・足の裏が気持ちいい

・歩き方が良くなる

・慣れたら動きやすい

・軽い

・デザインがシンプル

・履きやすい

・耐久性も良い

・持ち運びも簡単

 

 

デメリット

・慣れないと脚を痛める

・色が限られる

・足が大きいとサイズが合わせにくい

 

 

●ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」はオススメできる?

ワークマン「兼さん作業靴Ⅱ」は、めちゃくちゃオススメできます。

少なくとも、一人一足は持っていて良いでしょう。

 

「兼さん作業靴Ⅱ」は、裸足感覚の靴を履いてみたい方にオススメの靴です。

万が一履かなくなったとしても、680円なので痛い出費ではありません。

 

素足感覚の靴を履くとこで、足の本来の機能を発揮できれば、間違いなく健康に近づくでしょう。

足の裏にはたくさんのツボもあります。

内臓機能が活性化すれば、ダイエット効果も期待できます。

 

 

ワークマンの靴ではありませんが、僕はこちらの靴(現場のゲンさん)も履いています。

 

近所にワークマンがない、ネットで手に入れたい、他の色も欲しいって方はこちらもオススメです。

 

 

 

少しずつ行動し、「兼さん作業靴Ⅱ」を履いていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「カバンの中身」


スポンサーリンク