お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【腸活】ヨーグルト「乳酸菌」の健康•ダイエット効果とメリット•デメリット


スポンサーリンク

身近な美味しい食べ物で健康やダイエットに効果的なものを紹介します。

食べ物をきっかけに健康になる、ダイエットしましょう。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康に良い食べ物「ヨーグルト」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁです。

今回は、健康に良い食べ物についてお伝えします。

 

健康に良い食べ物とは「ヨーグルト」です。

 

 

あなたはヨーグルトを食べますか?

 

 

毎日食べている人もいるでしょう。

 

 

では、ヨーグルトの健康効果を知っていますか?

 

 

ヨーグルトの効果を知って食べている人は、少ないのではないでしょうか。

そんなヨーグルトの健康•ダイエット効果を紹介します。

 

 

 

 

 

 

「ヨーグルト」乳酸菌の健康効果•選び方•メゾット

ヨーグルトと言えば、何を思い浮かべるでしょうか?

そうです。

ヨーグルトと言えば、乳酸菌です。

乳酸菌の健康効果について参考になるものがあったので、まとめて挙げます。

 

●「ヨーグルト」乳酸菌の健康効果•選び方•メゾット

・様々な面で健康を支える乳酸菌

・自分に合う乳酸菌の選び方

・乳酸菌が最大限パワーを発揮する「乳酸菌生活」のメゾット

 

 

・様々な面で健康を支える乳酸菌

①乳酸菌は、排便関係だけでなく、胃潰瘍、心臓病や脳卒中の要因、免疫機能、肌の状態、口内環境、メンタルヘルスなどにも効果を発揮する。

 

 

②腸内の善玉菌が優勢になると腸内が弱酸性に保たれ、悪玉菌の増殖やそれに伴う有害物質の生成が抑えられるとともに、外から侵入した有害な菌もほとんど死滅する。

 

 

③乳酸菌とは「糖類を分解して多量の乳酸を作る細菌の総称」で、動物由来のものと植物由来のものがある。

胃酸に強く、腸まで生き残りやすいのは植物由来の乳酸菌である。

 

 

④善玉菌のほとんどを占めるのは乳酸菌のため、一大勢力である乳酸菌を応援することは、善玉菌優勢の腸内フローラを作り出すことに大きく役立つ。

 

 

・自分に合う乳酸菌の選び方

①どのヨーグルトの、どの菌が自分に合うのかは、実際に食べてみないと分からない。

環境が変わるまでには時間がかかるため、最低でも2週間の継続が必要。

 

 

②ヨーグルトは食品のため、メーカーが謳っている効果が必ず出るとは限らないが、薬とは違い副作用はほとんどなく、少しずつ体質を改善して病気になりにくい強い体を作る。

 

乳酸菌で体質改善をはかるためには、自分に合うヨーグルトや菌を知っておくと良い。

 

 

③どの乳酸菌も腸内を酸性にする効果は共通している。

また、腸までたどり着く前に死んでしまった乳酸菌でも、血中のコレストレロール値を下げる働きなどは変わらず、乳酸菌の餌にもなるため健康の役に立っている。

 

 

④「プレバイオティクス」は、食道や胃などで分解されずに腸まで届き、善玉菌の餌になる。

よって、善玉菌が増え、さらに悪玉菌の増殖を抑える。

「プレバイオティクス」の代表であるオリゴ糖と食物繊維の乳酸菌を一緒に摂るのがおすすめ。

 

 

・乳酸菌が最大限パワーを発揮する「乳酸菌生活」のメゾット

①食べ物を入れた後の胃は胃酸が薄まっているので、ヨーグルト、または生きた乳酸菌を摂る目的の食品やサプリを口にするには食前よりも食後がおすすめ。

 

 

②ヨーグルトは様々な実験結果によると、一日200グラムを週間摂り続けると効果が出ると言われているが、1日に食べきりの100gのサイズをカップでも問題ない。

カロリーや脂質の取りすぎにならないよう、食べ過ぎには注意すること。

 

 

③ヨーグルトを選ぶときは、ドリンクタイプ、固形タイプに関わらず、菌数は100億個以上、生きて腸まで届くという記載があるもの、長く腸にとどまると記載されているものを基準に選ぶようにすると良い。

 

 

④違う種類の乳酸菌食品を同時に飲んだり食べたりしても問題ない。

 

善玉菌同士は喧嘩をしないので、安心して積極的に摂るようにしよう。

 

 

乳酸菌がすべてを解決する | 後藤 利夫を参考

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーグルトを食べるメリット•デメリット•オススメ

ヨーグルトを食べるメリット•デメリットをまとめて挙げます。

●ヨーグルトを食べるメリット•デメリット

メリット

・美味しい

・栄養価が高く、健康に良い

・ダイエットに効果的

・他のものと合わせて食べることも可能

・食べやすい

・どこでも売っている

・間食にも食べられる

・意外と保存が効く

・安い

 

デメリット

・商品選びに注意が必要

 

 

メリット

・美味しい

ヨーグルトは美味しいです。

美味しいものを食べて、健康になる、ダイエットする、最高ですね。

 

 

・栄養価が高く、健康に良い

先ほど紹介したように乳酸菌が含まれています。

病気の予防、改善にも効果的で、健康に良いです。

 

 

・ダイエットに効果的

腸内環境を整えることは、ダイエットにも効果的です。

 

 

・他のものと合わせて食べることも可能

ヨーグルトだけで食べにくければ、他のものと合わせて食べても良いでしょう。例えば、果物と一緒に食べることも可能です。

 

 

・食べやすい

ヨーグルトは、柔らかくて食べやすいです。

液体の飲むヨーグルトもあります。

 

 

・どこでも売っている

スーパーマーケットだけでなく、コンビニ、ドラッグストア、インターネットでも売っています。

 

 

・間食にも食べられる

ヨーグルトを食べるのは、食後をオススメされていますが、ジュースやお菓子の代わりの間食に食べるのも良いでしょう。

 

 

・意外と保存が効く

生ものなので、賞味期限が短いのかと思いきや、意外と長いのがヨーグルトです。

少しずつ食べるのも良いでしょう。

 

 

・安い

ヨーグルトは高級食材ではないので、比較的安い値段で売っています。

お菓子の代わりに、ヨーグルトを買って食べるのも良いでしょう。

 

 

デメリット

・商品選びに注意が必要

ヨーグルトは、砂糖の入っているもの、添加物の入っているもの、無脂肪のものなどがあります。

より健康になりたい、ダイエットしたいという方は、ノーマルのプレーン味のヨーグルトを選ぶのがオススメです。

何も入っていないヨーグルトの方が、商品の数としては少ないのではないでしょうか。

僕はいらないものを口に入れたくないので、ノーマルなヨーグルトを選んで食べています。

 

 

●健康のためにヨーグルトはオススメ?

ヨーグルトは美味しくて、手軽に手に入り、食べられてオススメです。

 

僕は糖質制限をしていた時は、ヨーグルトも食べていませんでした。

しかし、食べないと痩せてしまいます。

体に良いものはないかなって見直した時に、思いついたのがヨーグルトです。

高エネルギーとなる脂質が多いのも良いです(^ ^)

 

僕はノーマルなヨーグルト、ノーマルな飲むヨーグルトを選んで食べています。

ノーマルとは、無糖のものを選び、無脂肪•カロリー控えめ•添加物が入っているものは、選ばないようにしています。

ヨーグルトは甘すぎないので、水分補給にもなりますね!

 

僕のオリジナルの食べ方も紹介します。

ヨーグルトにビタミンC補給のためにビタミンCの粉末と混ぜます。

ヨーグルトの甘みと、ビタミンCの酸味で美味しいです(^ ^)

ビタミンCの粉末を水で飲んだり、調味料で使うのに飽きてきた方にはオススメの方法です。

水に溶かしたビタミンCの粉末が、コップに残ってしまうのを防ぐ効果もあります。

 

 

ビタミンCの効果に関しては 

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

あなたも手軽に食べられるヨーグルトを食べて、健康•ダイエット効果を得てみてはいかがでしょうか。

 

 

●インターネットショッピングでヨーグルトを見る

Amazon.co.jp: ヨーグルト

楽天市場:ヨーグルト

Yahoo!ショッピング:ヨーグルト

 

 

ヨーグルトの代わりに牛乳を飲むのはダメなのか?

 

牛乳に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

ヨーグルト以外のオススメに乳製品に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【腸活】ヨーグルト「乳酸菌」の健康•ダイエット効果とメリット•デメリットをお伝えしました。

 

健康に良い食べ物とは「ヨーグルト」でした。

 

乳酸菌の健康効果について参考になるものがあったので、まとめて挙げました。

 

●「ヨーグルト」乳酸菌の健康効果•選び方•メゾット

・様々な面で健康を支える乳酸菌

・自分に合う乳酸菌の選び方

・乳酸菌が最大限パワーを発揮する「乳酸菌生活」のメゾット

 

 

・様々な面で健康を支える乳酸菌

①乳酸菌は、排便関係だけでなく、胃潰瘍、心臓病や脳卒中の要因、免疫機能、肌の状態、口内環境、メンタルヘルスなどにも効果を発揮する。

 

 

②腸内の善玉菌が優勢になると腸内が弱酸性に保たれ、悪玉菌の増殖やそれに伴う有害物質の生成が抑えられるとともに、外から侵入した有害な菌もほとんど死滅する。

 

 

③乳酸菌とは「糖類を分解して多量の乳酸を作る細菌の総称」で、動物由来のものと植物由来のものがある。

胃酸に強く、腸まで生き残りやすいのは植物由来の乳酸菌である。

 

 

④善玉菌のほとんどを占めるのは乳酸菌のため、一大勢力である乳酸菌を応援することは、善玉菌優勢の腸内フローラを作り出すことに大きく役立つ。

 

 

・自分に合う乳酸菌の選び方

①どのヨーグルトの、どの菌が自分に合うのかは、実際に食べてみないと分からない。

環境が変わるまでには時間がかかるため、最低でも2週間の継続が必要。

 

 

②ヨーグルトは食品のため、メーカーが謳っている効果が必ず出るとは限らないが、薬とは違い副作用はほとんどなく、少しずつ体質を改善して病気になりにくい強い体を作る。

 

乳酸菌で体質改善をはかるためには、自分に合うヨーグルトや菌を知っておくと良い。

 

 

③どの乳酸菌も腸内を酸性にする効果は共通している。

また、腸までたどり着く前に死んでしまった乳酸菌でも、血中のコレストレロール値を下げる働きなどは変わらず、乳酸菌の餌にもなるため健康の役に立っている。

 

 

④「プレバイオティクス」は、食道や胃などで分解されずに腸まで届き、善玉菌の餌になる。

よって、善玉菌が増え、さらに悪玉菌の増殖を抑える。

「プレバイオティクス」の代表であるオリゴ糖と食物繊維の乳酸菌を一緒に摂るのがおすすめ。

 

 

・乳酸菌が最大限パワーを発揮する「乳酸菌生活」のメゾット

①食べ物を入れた後の胃は胃酸が薄まっているので、ヨーグルト、または生きた乳酸菌を摂る目的の食品やサプリを口にするには食前よりも食後がおすすめ。

 

 

②ヨーグルトは様々な実験結果によると、一日200グラムを週間摂り続けると効果が出ると言われているが、1日に食べきりの100gのサイズをカップでも問題ない。

カロリーや脂質の取りすぎにならないよう、食べ過ぎには注意すること。

 

 

③ヨーグルトを選ぶときは、ドリンクタイプ、固形タイプに関わらず、菌数は100億個以上、生きて腸まで届くという記載があるもの、長く腸にとどまると記載されているものを基準に選ぶようにすると良い。

 

 

④違う種類の乳酸菌食品を同時に飲んだり食べたりしても問題ない。

 

善玉菌同士は喧嘩をしないので、安心して積極的に摂るようにしよう。

 

 

乳酸菌がすべてを解決する | 後藤 利夫を参考

 

 

 

 

ヨーグルトを食べるメリット•デメリットをまとめて挙げます。

●ヨーグルトを食べるメリット•デメリット

メリット

・美味しい

・栄養価が高く、健康に良い

・ダイエットに効果的

・他のものと合わせて食べることも可能

・食べやすい

・どこでも売っている

・間食にも食べられる

・意外と保存が効く

・安い

 

デメリット

・商品選びに注意が必要

 

 

●健康のためにヨーグルトはオススメ?

ヨーグルトは美味しくて、手軽に手に入り、食べられてオススメです。

 

 

あなたも手軽に食べられるヨーグルトを食べて、健康•ダイエット効果を得てみてはいかがでしょうか。

 

 

●インターネットショッピングでヨーグルトを見る

Amazon.co.jp: ヨーグルト

楽天市場:ヨーグルト

Yahoo!ショッピング:ヨーグルト

 

 

少しずつ行動し、ヨーグルトを食べていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「カバンの中身」


スポンサーリンク