お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【天国】エアコンを節約して快適に生活する8つの方法


スポンサーリンク

気候の変動が激しい日本、エアコンを始めとした家電は、今ではなくてはならないものです。

そんなエアコンを賢く使う方法を紹介します。

一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

健康に関わる家電「エアコン」

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は、エアコンについてお伝えします。

 

 

あなたは、エアコンを使いますか?

 

 

特に夏は、エアコンがないなんて考えられないですよね。

涼しい場所に移動する以外、日本でエアコンがない生活なんて考えられません。

生死に関わります。

 

エアコンをはじめとする空調家電は、仕事やプライベートを快適に健康に過ごすためにも欠かせないものです。

しかし、エアコンを使いすぎて、電気代が高くなってしまうって悩みがある方もいるでしょう。

そんな方のために、エアコン代の節約方法を紹介します。

涼しい環境で快適に過ごし、お金の不安を減らすためにも、ぜひ最後まで読んで、一つでも良いから取り入れてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

エアコン代を節約して快適に生活する8つの方法

エアコン代の節約で参考になるものがあったので、紹介します。

●エアコン代を節約して快適に生活する方法

運転方法を工夫してエアコンの電気代を節約する方法

・自動運転を活用する

・設定温度と風向きを調整する

・フィルターを清掃する

室外機の負担を減らす

 

運転方法以外でエアコンの電気代を節約する方法

省エネ効果の高いエアコンに買い替える

扇風機やサーキュレーターを併用する

・窓やカーテンの断熱対策を行う

・服装で体温調整をする

 

 

電気代を気にして風量設定は微風や弱風を選んでいないでしょうか?

そうすると実は、なかなか室温が設定温度に達することができず、エアコンが運転し続けるため無駄な電力を使うことになります。

最近のエアコンは自動運転にしておいた方が風量を適切に調節して効率的に設定温度にしてくれます。

 

 

・設定温度と風向きを調整する

設定温度は、夏は少し高めに、冬は少し下げると節約できます。

冷房の設定温度を1℃上げると約13%、暖房の設定温度を1℃下げると約10%の節電になると言われています。

環境省では省エネのための目安として、夏の冷房時は28℃に、冬の暖房時は20℃を目安にするよう呼びかけています。

 

また、温かい空気は上に上がって天井付近に、冷たい空気は床上付近に溜まる傾向があります。

部屋の中に温度ムラができるとエアコンの冷暖房効率が下がります。

風向きはそのことを踏まえて冬は下向きにするのが効率的です。

夏は風向きを水平にするとムラなく冷房できます。

 

 

・フィルターを清掃する

フィルターにゴミやホコリが溜まると冷暖房効果が弱くなります。その分、無駄な電気を使うことになり、電気代で5~10%も損をしてしまうと言われています。

フィルターは2週間に1回のペースで清掃するのが理想です。

 

 

・室外機の負担を減らす

フィルターと同じように、室外機も掃除や手入れをするべきです。

ゴミやホコリによって効率的な運転ができなくなって電気代が余計にかかるうえ、そのまま放置していると故障の原因になります。

 

また、とくに夏、直射日光によって室外機が熱くなると上手く放熱ができなくなり、室外機の働きが悪くなります。

吸込み口や吹出し口の近くに物が置いてある場合や、冬の積雪も給排気を妨げます。

日よけや雪よけを設置し、周囲を片付けるなどして室外機の負担を減らすよう心がけましょう。

 

 

運転方法以外でエアコンの電気代を節約する方法

運転方法以外の節約方法も見てみましょう。

 

・省エネ効果の高いエアコンに買い替える

最も根本的なやり方ですが、省エネ性能に優れた最新のエアコンに買い替えるとかなりの節電効果が得られます。

10年前のエアコンと現在のエアコンでは消費電力で約8%の差があると言われます。

 

最新の省エネエアコンでは運転データの蓄積と分析によって家庭ごとに最適な運転モードを自動選択するAI機能などが搭載されています。

またエアコン内部を自動清掃する製品もあります。

現在のエアコンが10年以上前から使っているものなら、買い替えを考えてみることをおすすめします。

 

 

・扇風機やサーキュレーターを併用する

部屋の温度ムラを防ぐにはエアコン本体の風向きだけではなく、扇風機やサーキュレーターを使って空気を循環させるのも効果があります。

冷房時は冷たい空気を扇風機・サーキュレーターで自分に送るようにすると涼しく感じます。

 

 

・窓やカーテンの断熱対策を行う

窓やカーテンに断熱・遮熱対策を行うと外気の影響を受けにくくなり、冷気や暖気を逃さない効果も期待できます。

夏はカーテンやすだれ、遮熱シートなどを使って日差しを防ぐ工夫をしましょう。

冬は厚手のカーテンやブラインドが効果的です。

 

 

・服装で体温調整をする

エアコンだけに頼らず、服装で体温調節をすることも大事です。

夏は通気性に優れた素材の服や冷感インナーなどを着用しましょう。

冬は1枚多く服を着たり、ひざ掛けやストールを使ったりするのが効果的です。

当たり前のことではありますが、意識して服装を選ぶことも節電につながります。


エアコンの電気代は、節約のためのポイントを押さえて実践すれば確実に安くすることができます。

まずは1つでも2つでも、できそうなことから始めてみてください。

 

 

今日から実践できる! エアコンの電気代を節約するコツ | スマートでんきコラムより

 

 

 

 

 

 

エアコンの節約•涼しくする方法の実際の効果は?

エアコンの節約•涼しくする方法の実際の効果を紹介します。

先ほど紹介した中の3つの方法を試してみました。

●エアコン代を節約して快適に生活する方法

・設定温度と風向きを調整する

・フィルターを清掃する

扇風機やサーキュレーターを併用する

 

 

●エアコンの節約•涼しくする方法の実際の効果は?

・設定温度と風向きを調整する

今までは、風向を自動にすることが多かったのですが、冷房時は上向きで固定して使うようになりました。

扇風機と併用することで涼しさが増します。

 

 

・フィルターを清掃する

しばらく使っていないフィルターの掃除をしましたが、もちろんホコリだらけでした。

良い空気を吸うことは健康に良いです。

エアコンの効きが良くなるのも間違いないので、電気代の節約につながります。

 

 

・扇風機やサーキュレーターを併用する

扇風機を併用することで、設定温度を1℃あげることができました。

エアコンと扇風機•サーキュレーターを併用した方が、電気代が下がると言われています。

確実に節約につながります。

 

 

あなたもエアコンを節約して快適に生活する8つの方法を参考にして、まずは一つでも良いから取り組んでみてくださいね。

一緒に気候の変化の大きい時期を乗り切っていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングでエアコンを見る

Amazon:エアコン

楽天市場:エアコン

ヤフーショッピング:エアコン

 

 

●インターネットショッピングで空調・季節家電を探す

Amazon.co.jp: 空調・季節家電

楽天市場:季節・空調家電

Yahoo!ショッピング:季節・空調家電

 

 

エアコンを使って、快適に寝る方法に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

エアコン以外の暑さ対策に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

暑さと仕事の関係に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【天国】エアコンを節約して快適に生活する8つの方法をお伝えしました。

 

エアコン代の節約で参考になるものがあったので、紹介しました。

●エアコン代を節約して快適に生活する方法

運転方法を工夫してエアコンの電気代を節約する方法

・自動運転を活用する

・設定温度と風向きを調整する

・フィルターを清掃する

室外機の負担を減らす

 

運転方法以外でエアコンの電気代を節約する方法

省エネ効果の高いエアコンに買い替える

扇風機やサーキュレーターを併用する

・窓やカーテンの断熱対策を行う

・服装で体温調整をする

 

 

あなたもエアコンを節約して快適に生活する8つの方法を参考にして、まずは一つでも良いから取り組んでみてくださいね。

一緒に気候の変化の大きい時期を乗り切っていきましょう。

 

 

●インターネットショッピングでエアコンを見る

Amazon:エアコン

楽天市場:エアコン

ヤフーショッピング:エアコン

 

 

●インターネットショッピングで空調・季節家電を探す

Amazon.co.jp: 空調・季節家電

楽天市場:季節・空調家電

Yahoo!ショッピング:季節・空調家電

 

 

少しずつ行動し、エアコンをうまく使っていきましょう。

継続すれば、確実に節約でき快適に過ごせます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク