お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【癒し】ホタル鑑賞で楽しみ、健康になるメリット•デメリット


スポンサーリンク

季節を楽しみたい!

癒されたい!

健康になりたい!

そんな方にオススメの一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 



 

目次

 

 

 

 

 

 

健康とホタル

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康とホタルについてお伝えします。

 

 

あなたはホタルを見たことがありますか?

 

 

最近、ホタルを見ましたか?

 

 

最近、僕は、ずっと見に行きたかったホタルを見に行ってきました。

何年振り?にホタルを見たのでしょうか。

見つけた時は、テンションが上がりました。

自転車で行けるところに、ホタルスポットを見つけので、今回はホタルと健康について紹介します。

 

 

 

 

 

 

ホタル鑑賞の5つのポイント

ホタルを見に行くにあたり、参考になる記事があったので紹介します。

 

●ホタル鑑賞の5つのポイント

・日本に生息するホタルの種類

・天然のホタルが自生する場所

・ホタルの一生は短くはかない

ホタルが飛翔する時期や条件

ホタル観賞のマナー

 

 

・日本に生息するホタルの種類

世界で観測されているホタルは約2700種類いるそうです。

日本では約50種類、そのうち光るホタルは14種類ほど。

本州ではゲンジボタルヘイケボタル、ヒメボタルなどがよく見られています。

 

種類によって光り方が違い、コミュニケーションを取っています。

また同じ種でも光る間隔が東日本では4秒、西日本では2秒との違いがあります。

暖かい地域のホタルは少しせっかちのようですね。

 

 

・天然のホタルが自生する場所

ホタルは街灯の届かない静かできれいな水辺を好みます。

深すぎない川底に砂やレキ(大きめの土粒子)があり、餌となるカワニナ(巻貝)のいる穏やかな清流に多く棲みつきます。産卵できる水苔、さなぎになるための土草がある場所が必要です。

 

天然のホタルが生息できる環境は年々減少しています。

ホタルを知ることで、自然環境も守っていきたいですね。

 

 

・ホタルの一生は短くはかない

ホタルの生涯は約1年ですが、そのほとんどは幼虫期。

生まれてから約10か月間は水の中でカワニナやタニシなどを食べながら過ごしています。

陸に上がり土の中でさなぎになってから40~50日間は何も食べません。

ようやく羽化して成虫になったら10日前後で寿命を迎えてしまいます。

成虫の間は水しか飲めず、産卵した後は2~3日でその短い生涯を終えます。

 

私たちが目にするホタルの乱舞は、子孫を残すため必死にパートナーを探している姿なんですね。

ほんの短い期間に精一杯生きて光るホタルたち。そのはかなく美しい光景に心奪われます。

 

 

ホタルが飛翔する時期や条件

初夏の季節にだけ飛ぶホタル。

見られる期間は、地域や気候、平地か山地など環境の違いによって変わります。

全国的にホタルが出現するピークは、毎年5月下旬から7月上旬ですが、今年は例年よりも早い見込みだそうです。

 

  • 飛翔する時期(例年)
    西日本:5月中旬~6月
    東日本:5月下旬~7月上旬
  • 飛翔しやすい時間帯
    およそ19時~23時
    激しく乱舞するピークは19時ごろから約1時間
  • 天候条件
    湿気が多く風の少ない夜によく飛び回ります。

雨が降る前と後、曇り空や月明かりのない新月のころが狙い目です。

 

 

ホタル観賞のマナー

ホタルは繊細な生き物ですので驚かせないようにしましょう。

ホタル観賞するときは、暗い時間帯に水辺の近くを歩くため足元にご注意ください。

  • 服装

歩きやすい靴と、長袖、長ズボンが基本です。

帽子や手袋、タオルで首回りを覆うなど肌の露出が少なくするといいでしょう。

 

  • 虫よけは最小限
    ホタルは虫ですので、虫よけをする場合は顔など最小限にとどめましょう。

肌にもやさしいハッカ水など自然由来のスプレーだと安心です。

 

  • 懐中電灯
    ホタルが驚かないよう、明るさが弱めのライトで足元だけを照らすようにしましょう。

 

  • 撮影
    カメラのフラッシュも厳禁です。

ホタルは人口の光が苦手なため、光らなくなってしまいます。

スマホ画面も暗めの設定に。

 

  • ホタルを捕まえない
    ホタルは弱い生き物ですので、捕まえたり持ち帰らないようにしましょう。

手や服にとまったら、やさしく自然に帰してあげてください。

 

https://www.vmg.co.jp/restaurants/magazine/hotaru/より

 

 

 

 

 

 

ホタルを見るメリット•デメリット

僕が見たホタルはこちらです。

 

二匹のホタル

動画もあるのですが、アップできず(^^;;

またアップできれば貼ります。

 

 

見たのは数匹ですが、目の前でちゃんと光ってくれました。

最初見つけたホタルは、光が小さくて、もう帰ろうかと思いましたが、粘って探してよかったです(^ ^)

一箇所で見つけたので、他の場所でも見つけられるのではないかなって思っています。

タイミングが合えば、散歩がてら他のホタル探しにいきたいです(^ ^)

お金もかからず楽しめたので、毎年の夏の楽しみになりそうです。

 

最後に、ホタルを見るメリット•デメリットについて、まとめて挙げます。

 

●ホタルを見るメリット•デメリット

メリット

・自然を感じられる

・環境を大事にする

・癒される

・運動になる

・天気に詳しくなる

・楽しみが増える

・お金がかからない

・電気のありがたみがわかる

 

デメリット

・虫が多い

 

 

メリット

・自然を感じられる

大自然の真っ暗な水辺にホタルはいます。

ホタル観賞は、自然を存分に感じることができます。

 

 

・環境を大事にする

ホタルは大自然にしかいません。

ホタル見ることで環境を大事にするきっかけになります。

 

 

・癒される

暗い中でホタルが光ると癒されます。

目に優しいだけでなく、空気も良いです。

自然の音も癒されます。

 

・運動になる

ホタルは待っていても、家に来てくれるわけではありません。

大自然の中に行って見つけないといけません。

体を動かして、移動しなければなりません。

運動になります。

 

 

・天気に詳しくなる

天候条件

湿気が多く風の少ない夜によく飛び回ります。

雨が降る前と後、曇り空や月明かりのない新月のころが狙い目です。

https://www.vmg.co.jp/restaurants/magazine/hotaru/より

 

そろそろかなって季節を楽しめるようになります。

 

 

・楽しみが増える

雨が多くジメジメした嫌な季節ですが、夏前の楽しみになります。

 

 

・お金がかからない

有料でホタルを見れる場所もありますが、自然で見る場所があればお金がかからず無料です。

 

 

・電気のありがたみがわかる

暗闇に行くと、電気による明るさのありがたみがわかります。

夜は、さっさと寝て、朝早めに起きて、電気代の節約したいところです。

 

 

デメリット

・虫が多い

ホタルは大自然の中で過ごしている虫です。

虫が苦手って方には、オススメしません。

自転車でホタルを見に行くましたが、何百匹以上の虫と接触しました(^^;;

 

 

ホタルは大自然しかいません。

自然に触れて癒され、健康なりましょう。

間違いなくストレス発散になります。

初夏を楽しみましょう。

 

 

★インターネットでホタルが見れる旅行先を見る

楽天ポイントが貯まる楽天トラベルで旅行先を探す

楽天トラベル

 

 

●宿・ホテル予約ならじゃらんnet。当日予約や今だけのじゃらん限定プランも。

 

 ・【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【癒し】ホタル鑑賞で楽しみ、健康になるメリット•デメリットをお伝えしました。

 

 

あなたはホタルを見たことがありますか?

 

 

最近、ホタルを見ましたか?

 

 

最近、僕は、ずっと見に行きたかったホタルを見に行ってきました。

 

ホタルを見に行くにあたり、参考になる記事があったので紹介しました。

 

●ホタル鑑賞の5つのポイント

・日本に生息するホタルの種類

・天然のホタルが自生する場所

・ホタルの一生は短くはかない

ホタルが飛翔する時期や条件

ホタル観賞のマナー

 

 

僕が見たホタルはこちらです。

 

 

見たのは数匹ですが、目の前でちゃんと光ってくれました。

お金もかからず楽しめたので、毎年の夏の楽しみになりそうです。

 

 

最後に、ホタルを見るメリット•デメリットについて、まとめて挙げました。

 

●ホタルを見るメリット•デメリット

メリット

・自然を感じられる

・環境を大事にする

・癒される

・運動になる

・天気に詳しくなる

・楽しみが増える

・お金がかからない

・電気のありがたみがわかる

 

デメリット

・虫が多い

 

 

ホタルは大自然しかいません。

自然に触れて癒され、健康なりましょう。

間違いなくストレス発散になります。

初夏を楽しみましょう。

 

 

★インターネットでホタルが見れる旅行先を見る

楽天ポイントが貯まる楽天トラベルで旅行先を探す

楽天トラベル

 

 

●宿・ホテル予約ならじゃらんnet。当日予約や今だけのじゃらん限定プランも。

 

 ・【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!

 

 

少しずつ行動し、ホタルを見に行きましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)


スポンサーリンク