お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【事実】今より昔、狩猟採集民が現代人より健康である理由と対策


スポンサーリンク

体の不調がある。

健康になりたい。

パフォーマンスを上げたい。

そんな方に、一生使える内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20220405084311p:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

今と昔の生活スタイル、どっちが健康?

こんにちは!お金と健康の情報発信をしている まぁ です。

今回は健康についてお伝えします。

 

現代人と、昔ながらの生活をしている狩猟採集民の健康について紹介します。

 

今と昔の生活スタイル、どっちが健康だと思いますか?

 

今の方が医療も発達しているし健康だって方もいるでしょう。

昔の方が自然豊かで健康だって方もいるでしょう。

 

様々な意見があるでしょう。

実は、現代人より、昔ながらの生活をしている狩猟採集民の方が健康であるようです。

 

 

 

 

 

 

狩猟採集民が現代人より健康である理由

狩猟採集民が現代人より健康である理由について、参考になるものがあったので紹介します。

 

●狩猟採集民が現代人より健康である理由

1960〜70年代に行われた先行研究のデータから、「先進国より狩猟採集民族の方が健康ではないか?」という仮説が提唱されていたからです。

 

そこで220人のキタヴァ族に血液検査を行ったところ、果たして仮説どおりの結果が得られました。

キタヴァ族が脳卒中動脈硬化にかかるケースはなく、糖尿病の発症率はおよそ1%ほど(日本の発症率は15%)。

80代の高齢者が認知症にかかることもなく、がんの割合もほぼゼロに近い状態でした。

 

この他のフィールドワークでも、伝統的な部族には慢性炎症に由来する病気がほぼ存在しないと報告されています。

 

狩猟採集民族たちは、まことにうらやむべき健康体を維持しているようです。

 

 

現代の日本人と狩猟採集民の違いをまとめると、次のようになります。

 

・狩猟採集民=外傷や感染による短中期的な炎症がメイン。

激しい発熱や嘔吐など周囲からみてすぐわかるような症状が出る。

 

・現代の日本人=体内で延々とくすぶる長期的な炎症がメイン。

誰にでもわかるような症状は表に出ず、少しずつ不調が進行する。

 

 

 最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法 (ACTIVE HEALTH 001) | 鈴木祐を参考

 

 

 

 

 

 

 

 

現代人が狩猟採集民より健康になる方法

では現代人はどうすれば、健康体になれるのでしょうか?

 

現代の医療なら狩猟採集民の問題点である短中期的な炎症にある程度対応することができます。

狩猟採集民の生活を取り入れ、現代の不調をなくすことができたら、人類史上最高の体の状態になれるということです。

昔の生活と、今の生活の良いところをとって生活しようという考え方です。

 

 

僕も、現在進行形で、狩猟採集民の生活を少しずつ取り入れていっています。

今までの生活スタイルを戻すのは大変ですが、少しずつ健康になってきているのをはっきり実感できます(^ ^)

さらに健康になる、健康を維持できるように行動していきます。

 

 

あなたも狩猟採集民の生活と、現代の最新の技術を取り入れ、健康体を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

現代人の問題については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

狩猟採集民の運動量に関しては

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

狩猟採集民の仕事については

money-health.hatenablog.com

も合わせて読むとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【事実】今より昔、狩猟採集民が現代人より健康である理由と対策をお伝えしました。

 

狩猟採集民が現代人より健康である理由について、参考になるものがあったので紹介しました。

 

●狩猟採集民が現代人より健康である理由

1960〜70年代に行われた先行研究のデータから、「先進国より狩猟採集民族の方が健康ではないか?」という仮説が提唱されていたからです。

 

そこで220人のキタヴァ族に血液検査を行ったところ、果たして仮説どおりの結果が得られました。

キタヴァ族が脳卒中動脈硬化にかかるケースはなく、糖尿病の発症率はおよそ1%ほど(日本の発症率は15%)。

80代の高齢者が認知症にかかることもなく、がんの割合もほぼゼロに近い状態でした。

 

この他のフィールドワークでも、伝統的な部族には慢性炎症に由来する病気がほぼ存在しないと報告されています。

 

狩猟採集民族たちは、まことにうらやむべき健康体を維持しているようです。

 

 

現代の日本人と狩猟採集民の違いをまとめると、次のようになります。

 

・狩猟採集民=外傷や感染による短中期的な炎症がメイン。

激しい発熱や嘔吐など周囲からみてすぐわかるような症状が出る。

 

・現代の日本人=体内で延々とくすぶる長期的な炎症がメイン。

誰にでもわかるような症状は表に出ず、少しずつ不調が進行する。

 

 

では現代人はどうすれば、健康体になれるのでしょうか?

 

現代の医療なら狩猟採集民の問題点である短中期的な炎症にある程度対応することができます。

狩猟採集民の生活を取り入れ、現代の不調をなくすことができたら、人類史上最高の体の状態になれるということです。

昔の生活と、今の生活の良いところをとって生活しようという考え方です。

 

 

あなたも狩猟採集民の生活と、現代の最新の技術を取り入れ、健康体を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

少しずつ行動し、楽しく狩猟採集民の生活を取り入れましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク