お金と健康

「最低100歳まで生きる」と決めた理学療法士が、「お金と健康」について発信していくブログ


スポンサーリンク

【超有料級】体の不調の原因「文明病」を治し、幸せになる方法


スポンサーリンク

体の不調、病気を治したい!

健康になりたい!

幸せになりたい!

そんな全ての方にオススメする一生使える内容です。

あなたの人生が大きく変わる、何よりも知って欲しい超有料級の内容です。

よろしくお願いします。

 

 

f:id:maa100:20220220145433j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

体の不調を治し、幸せになる方法

こんにちは!お金と健康の情報発信をしているまぁです。

今回は、健康についてお伝えします。

 

2022年、最高の情報を手に入れることができました。

僕が今までたくさんの勉強をしてきて最も価値のある内容です。

 

あなたの体の不調、病気を全て治すきっかけになるかもしれません。

何度も今回の内容を見直して、普段の生活に取り入れて欲しいです。

取り入れれば、あなたの人生が大きく変わるでしょう。

 

体の不調を治し、幸せになる方法とは文明病を治すことです。

 

 

 

 

 

 

文明病の「多すぎる、少なすぎる、新しすぎる」40の原因

朝起きても疲れが取れず、どこか体調が悪くやる気・元気が出ません。

そして寝不足です。

このような症状が続くなら「文明病」が原因かもしれなれません。

 

「文明病 」とは、物質文明が極度に発達した結果生ずる病症 (広辞苑より) 。


近代社会の変化によって引き起こされる、現代に特有の病気や症状があります。

例えば、肥満、疲労感、なんとなくの不調、不眠、散漫な集中力、やる気の低下などこれらはすべて、「文明病」の症状なのです。

 

 

●文明病の「多すぎる、少なすぎる、新しすぎる」40の原因

では、現代の文明に身を置きつつ、狩猟採集民のような慢性炎症の起きにくい体を手に入れるには、どうしたらいいのでしょうか?

 ここで役に立つのが、ハーバード大学の古代人類学者ダニエル・リーバーマン氏が提唱した3つのフレームワークです。

 これら、古代の環境と比較して、現代に「多すぎる・少なすぎる・新しすぎる」ものを減らしていくことが、文明病に立ち向かうための指針となってくれます。

 

 

●古代より多すぎるも、少なすぎるも存在しなかった新しいもの

多すぎる

摂取カロリー
精製穀物
アルコール
オメガ6脂肪酸
塩分
乳製品
飽和脂肪酸
満腹感
食事のバリエーション
人口密度
衛生設備
人生の価値観

 

 

少なすぎる

有酸素運動
筋肉を使う運動
睡眠
空腹感
ビタミン
ミネラル
食物繊維
タンパク質
オメガ3脂肪酸
自然との触れ合い
有益なバクテリアとの接触
自然光の摂取量
深い対人コミュニケーション
他人への貢献

 

 

新しすぎる

加工食品
トランス脂肪酸
果糖ブドウ糖液糖
公害
人工の光
デジタルデバイス
インターネット
慢性的なストレス
化学物質
重金属
処方薬
抗生物質
孤独
仕事のプレッシャー

 

 

1 「文明病」とは、近代化によって引き起こされる、現代に特有の病気や症状。肥満、疲労感、不眠、抑うつ、集中力低下など。

 

2 文明病の脱却には、「進化医学=進化論と最新医学を組み合わせ、病気の正体を考える学問」が有効。

 

3 人の脳と体は、狩猟採集時代の原始的な環境の中で最高のパフォーマンスを発揮するように進化してきた。

 

4 文明病が引き起こす重大な病状として「慢性的な炎症」がある。

 

5 「進化と文明のミスマッチは何か?」を考え、現代では「多すぎる・少なすぎる・新しすぎる」ものを減らしていくことが必要。

 

 

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法 (ACTIVE HEALTH 001) | 鈴木祐を参考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多すぎる•少なすぎる•新しすぎるを減らすためにできること

人類の過去の歴史と、現在を比較して、問題点を挙げてくれています。

普通の生活をしていたら、当たり前になっていて気づかない、とても重要な内容です。

過去の歴史なんか、どこかで情報を入れないと、絶対にわかりません。

 

 

今回の内容を知って、あなたも減らさなければならないものがたくさんあったのではないでしょうか?

 

 

「多すぎる・少なすぎる・新しすぎる」ものを減らしていけば、体調が良くなる、健康になることは間違いないでしょう。

 

体調が良くなれば、幸福度も上がります。

健康になる、幸福度が上がれば、間違いなく寿命も延びるでしょう。

 

できるところから、少しずつ減らしていきたいところです。

40項目で、言葉がわからないって方もいるでしょう。

このブログでも解説しているところがあります。

それでも難しければ、インターネットで検索してみましょう。

 

 

文明病を治すには、どうすれば良いか、ざっくりいうと紹介します。

自然に戻るってことです。

とは言っても、山で生活することは難しいでしょう。

最先端の技術は便利です。

最先端の技術も使いつつ、体に良くないものは減らす、良いものは増やしていきましょう。

 

「多すぎる・少なすぎる・新しすぎる」に関しては、食事に関するものが40項目中、18項目と半分近くを占めています。

それだけ現代の食生活が乱れているということになります。

 

 

僕は、現在、食生活を見直しています。

個人的にはこれ以外にも、もっとたくさんのものを減らしていかないといけなないと感じています。

減らさないと増える一方で、心身や、スペースがいっぱいになります。

毎年、毎日にように、たくさんのサービスやもの、情報が出ています。

 

自分に必要なものを減らすからこそ、心身やスペースに余裕ができます。

選択肢が減れば、悩む必要がなく、余計にエネルギーを使う必要がありません。

健康のために良いものは増やす、良くないものは減らす、人に惑わされるのではなく、あなたのペースでやっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【超有料級】体の不調の原因「文明病」を治し、幸せになる方法をお伝えしました。

 

2022年、最高の情報を手に入れることができました。

何度も今回の内容を見直して、普段の生活に取り入れて欲しいです。

取り入れれば、あなたの人生が大きく変わるでしょう。

 

体の不調を治し、幸せになる方法とは文明病を治すことです。

 

 

「文明病 」とは、物質文明が極度に発達した結果生ずる病症。

近代社会の変化によって引き起こされる、現代に特有の病気や症状があります。

例えば、肥満、疲労感、なんとなくの不調、不眠、散漫な集中力、やる気の低下などこれらはすべて、「文明病」の症状なのです。

 

 

●古代より多すぎるも、少なすぎるも存在しなかった新しいもの

多すぎる

摂取カロリー
精製穀物
アルコール
オメガ6脂肪酸
塩分
乳製品
飽和脂肪酸
満腹感
食事のバリエーション
人口密度
衛生設備
人生の価値観

 

 

少なすぎる

有酸素運動
筋肉を使う運動
睡眠
空腹感
ビタミン
ミネラル
食物繊維
タンパク質
オメガ3脂肪酸
自然との触れ合い
有益なバクテリアとの接触
自然光の摂取量
深い対人コミュニケーション
他人への貢献

 

新しすぎる

加工食品
トランス脂肪酸
果糖ブドウ糖液糖
公害
人工の光
デジタルデバイス
インターネット
慢性的なストレス
化学物質
重金属
処方薬
抗生物質
孤独
仕事のプレッシャー

 

 

「進化と文明のミスマッチは何か?」を考え、現代では「多すぎる・少なすぎる・新しすぎる」ものを減らしていくことが必要です。

 

 

「多すぎる・少なすぎる・新しすぎる」ものを減らしていけば、体調が良くなる、健康になることは間違いないでしょう。

 

体調が良くなれば、幸福度も上がります。

健康になる、幸福度が上がれば、間違いなく寿命も延びるでしょう。

 

 

少しずつ行動し、楽しく文明病の原因を減らしていきましょう。

継続すれば、確実に健康になれます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事です。

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

money-health.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今週のお題「冬のスポーツ」


スポンサーリンク